無かったと言い張る事をどうやって再発防止するんや?韓国のレーダー照射。握手するなよ浜田大臣。

人気ブログランキング

 今日は6月4日、「六四天安門事件」の日ですね。「六四」を付けるのは、「天安門事件」は他にもいくつかあるからですね。私のこのブログのトップ画面に「#六四天安門事件」とわざわざ書いているのは、支那の工作員よけ、です(笑)。アホな習近平くんとその支配下の支那共産党は、いまだにこれを無かったことにしようとしています、と。

 独裁政権が、都合の悪いことを無かったことにするのは、ある意味で筋が通っていますね(笑)。せやけど、日本の地上波テレビで池上彰くんが「天安門では死者は一人もいなかった」ように取られるような話をするのはあかんやろ、というわけで、昨日から今日まで、結構ネットでは池上くんが叩かれています。

 地上波のテレビ番組内で話した動画は見つかりませんでしたが、彼のYouTube動画(池上彰の現代史講義 第11回 「中国・天安門広場が血に染まった」)の中ではたしかに、「天安門広場では学生は一人も犠牲にならなかった」と言うてますね。書き起こしはこちらにありました(Bonjour AKIRA @Bonjour4145)。

 そもそもそこで万人単位で人が殺されたのに、何を言いたいんや、池上くん?ですね。何でこんな人がいまだに地上波でエラそうに出てるんや?と、ぞっとしますね。さてそんな重要な日に当てて、ニューヨークで記念館が出来たことをあのNHKも昨日、ちゃんと報道してましたね(天安門事件から34年を前に ニューヨークに記念館が開館)。

 もう34年も経つんですね。当時の学生のリーダーの一人で今はアメリカに亡命している王丹氏らが募金を募り、ニューヨーク・マンハッタンのビルの中に設立した、と。実は香港にあった記念館が、支那共産党の圧力で閉鎖され、展示物も押収されたので、新たに作ったんやとか。

 国家による人殺しを無かったことにする支那もアレですが、国家による人さらいを犯人である本人が認めたにも拘わらず、いまだに拉致被害者を戻そうともせずに居直っている北朝鮮のトップも、とんでもない奴ですね。

 こないだ失敗したとか言う「衛星」?の打ち上げに娘も連れて来てたようですが、この娘がもし拉致されたら、お前だって気が狂うやろと言うてやりたいですね(軍事衛星1号機?の写真公開 金正恩氏が現地指導、娘同行)。

16日、非常設衛星発射準備委員会の活動状況を視察する金正恩朝鮮労働党総書記。金総書記の娘(右隣)が同行した(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 そしたら青山繁晴さんが動画でかなり深い話をしてはりました(【ぼくらの国会・第530回】ニュースの尻尾「北朝鮮 3つの変」)。今、北朝鮮は制裁がそれなりに効いていて、けっこうキツい、というので、何とかこの制裁を緩めてもらいたいと動いているとか。

 日本側は前から「条件をつけずにいつでもトップ会談をする」と言うてますが、どうも条件付きの会談を申し入れて来そうで、その条件とは会談の議題に拉致問題を入れないこと、と。アホらし。有り得ませんね。そこでここからが青山さんの激オコ(笑)です。

 岸田政権は今、韓国に対してはユルユルになって来ています。そしてついに、例の「自衛隊機レーダー照射問題」も無かったことにしようとされている、というわけです(韓国国防相、レーダー照射「再発防止」も現場の〝信頼〟遠く)。おいおい、相手が「無かった」と言うてることを、何で「再発防止」するんや?という、とんでもない話ですね。

会談前に握手を交わす浜田靖一防衛相(右)と韓国の李鐘燮国防相=4日、シンガポール(市岡豊大撮影)

 そしてもしこれを認めてしまえば、金正恩にとってはしめしめ、岸田やったら拉致問題も無かったことにできそうや、と思わせることになる、というわけです。アホらし。せやけど外交って、そういうもんですね。これから先も、日本は舐められまくることでしょう。

 そして、レーダー照射は軍人にとってみれば、ほとんど撃たれたも同然の話ですね。それをうやむやにしておいて、この先どんな共同軍事行動ができると言うんや?という話なんですが、どんな利権やらエサがあるんか知りませんが、この写真の浜田防衛大臣も、有事には軍の指揮官となるはずの岸田総理大臣も、なあーーんにもわかってへんようですね。あかんわ、日本!危ない!

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ 韓国のレーダー照射問題をうやむやにするなと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply