突っ込んだらお詫びして訂正するChatGPT。結局Twitter以外、みんな情報操作してるんやんか。

人気ブログランキング

 ダイレクト出版の有料講座は、テレビや新聞では絶対に出て来ない、めっちゃ面白いものが次々とリリースされます。時間とお金の兼ね合いで(笑)契約はできていませんが、いつも送られてくるPR部分の限定公開動画だけを視ても、面白かった話がありました。

 タイトルは「ChatGPT VS 林千勝 〜ウワサのAIを論破してみた!」です。さっそく話題の「ChatGPT」を試してみた、と。

 ちなみにFRBとは、アメリカの「連邦準備制度理事会」のことで、超大ざっぱに言えばアメリカの中央銀行ですね。せやけど実はそれは、株主がおる民間会社やということは、なるべく知られたくないようです。さらに細かい話はこちらに書いてありましたのでご参考(FEDとFRBって何が違うの ? 世界が注目する金融政策)と。

(写真=blvdone/Shutterstock.com)

 林千勝さんはこれをテーマに試してみはったわけですね。「ChatGPT」は何度か質問を重ねて対話していく形なんやそうです。以下はダイレクト出版のPR動画の無料部分の一部、要約の書き出しです。「■」が質問、「・・・」が「ChatGPT」の答えです。

■FRBの株主への配当率は?
・・・FRBは中央銀行であり、目的はアメリカの金融政策を実行すること
■FRBへの払込み出資金への配当率は?
・・・配当はない(連邦準備制度理事会(Board)と連邦準備銀行(Bank)とを混同、混乱しているようす)
■連邦準備法に払込出資金への配当率は6%と記載されているが
・・・これは利子だ(と言い張る)
■商業銀行が、払込出資しているということですね
・・・これは利子、FRBの株主に直接配当を支払うものではありません(まだ配当と言わない)
■連邦準備法第7条には、利子ではなく配当と記されています。
・・・申し訳ありません。確認不足で誤った回答をしてしまいました。(配当が支払われることはありません、とまだ言う)
■連邦準備法第7条では株主という語が使われています。
・・・ご指摘ありがとうございます。・・・私の前回の回答に誤りがあり、混乱を招いたことをお詫び申し上げます。(まだ株主と言わない)

 あはは、突っ込んだら間違いは認めて、お詫びして訂正はするんですね。林千勝さんも笑ってはります。せやけど、最後までFRBは民間の株式会社やとは認めへん、ということですね。つまり、聞く人が最初の質問だけで終わってたら、それがそのまま信じられて通ってしまう、と。やっぱりこの「ChatGPT」って、めっちゃヤバいですね。

 ツイッターを買収して社内のサヨクを追放し、「正常化」してくれたイーロン・マスクさんは、もともとは今回、この「ChatGPT」を出したOpenAI社を2015年に共同設立してはったんですね。ところがマスクさんはAI技術の危険性を認識し始め、一時はAI規制を主張し始めたそうです。2018年に同社の取締役会を辞任し、2019年にはOpenAIを去った、ということやそうです。

 ところがこの「ChatGPT」が一般にリリースされることになったので、今度は自分で「TruthGPT」を作ることになったというわけですね(イーロンマスク、ChatGPT対抗のAI言語モデル「TruthGPT」構想明かす)。スゴい人やなあ。

イーロン・マスク氏は、AI技術が適切に管理されなければ、選挙結果だけでなく、人類全体の存在に対して壊滅的な影響を与える可能性があると警告している。非常に知能の高いAIは驚くほど精巧な文章を作成することができ、世論を操作する可能性があるという理由からだ。同氏はまた、AIが「文明の破壊」の潜在的な力を持っていると指摘し、それが核兵器と同様の脅威であると主張している。

 こちらの記事もわかりやすいですね(イーロン・マスク氏、ChatGPTの競合プロダクト「TruthGPT」開発へ。AIは人類を抹殺しない? テーマは宇宙の本質を理解すること)。

OpenAI創業当時、マスク氏はAI開発で先行していたグーグルなどの巨大企業が集中管理するAIではなく、オープンなものにしたいという考えから、オープンソースかつ非営利での開発を志向、実際社名にもそれが反映された形となった。しかしこの点についてマスク氏は2023年2月のツイートで、現在のOpenAIが「クローズドソース」となり、「マイクロソフトによって実質的にコントロールされている」と批判していた。

 実は「ChatGPT」は、中途半端なままで一般公開されたように思います。上で見た林千勝さんのお試しで、早速そのインチキさがバレてますからね。しかもGoogleやYouTubeやマイクロソフトは、今では平気で検閲、BANをしてるのは、世界中が知っています。

 そして最近、ツイッターで話題になっているのが「コミュニティノート」ですね。改めて、ツイッターの説明を見てみました。

■コミュニティノートは、誤解を招く可能性があるツイートに、Twitterユーザーが協力して役に立つノートを追加できるようにすることで、より正確な情報を入手できるようにすることを目指しています。
■協力者は、ノートの作成と評価を志願してコミュニティノートに登録した、通常のTwitterユーザーが務めています。参加者が増えるほど、このプログラムはより優れたものになります。
■コミュニティノートは多数決に基づきません。幅広いユーザーにとって役に立つノートを特定するため、過去の評価において、評価が相違することのあった協力者の間で「役に立つ」という評価が一致することがノートには求められます。これにより評価の偏りを防止できます。

 ふふふ。「公明正大」とはこのことやな。サヨクがいつもやるように、とにかく数だけでも増やしてギャーギャーやってもあかんわけですね。これについては何度か触れてくれてはる「パチ倒」さんは、今日も書いてはりました(コミュニティノート砲が嫌なら余計なツイートしなきゃいいだけ)。

 どういうわけか、これまで「コミュニティノート砲」で撃沈してるのは、ほとんどがパヨク側ですね(笑)。いやあ、ええ時代になったわ(笑)。文字通り「オープン」であろうとするイーロン・マスクさんのTwitterを、これからも支持して行きたいです。「正義は最後には勝つ」と信じたいものです。

【文中リンク先URL】
https://www.bank-daiwa.co.jp/column/articles/2017/2017_75.html
https://coinpost.jp/?p=453570
https://ampmedia.jp/2023/05/13/truth-gpt/
https://communitynotes.twitter.com/guide/ja
https://pachitou.com/2023/07/23/%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e7%a0%b2%e3%81%8c%e5%ab%8c%e3%81%aa%e3%82%89%e4%bd%99%e8%a8%88%e3%81%aa%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%97/#google_vignette

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ ChatGPTはまだまだ怪しいと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply