支持率回復のためには天皇陛下も拉致被害者も平気で利用してしまいそうな岸田君、危ないでこいつ。

人気ブログランキング

 意地汚い人間というのは、どこの世界にもおるんでしょうが、この人も人間性を疑います。元・外務事務次官の斎木昭隆氏です。山口敬之さん(第26回 山口敬之チャンネル生放送)と、青山繁晴さん(【ぼくらの国会・第556回】ニュースの尻尾「岸田総理 拉致で逆転劇を狙う」)が共に、最近取り上げてはります。

 この斎木さんは、5人の拉致被害者が帰って来た時には現地から一緒に同行してはった人で、外務省ではずっと拉致問題に関わってはった人です。この人が外務事務次官やった時の安倍政権で、二人(厳密には三人?)の拉致被害者を返す、という話が北朝鮮から来たことがあったそうです。

 そのことを朝日新聞デジタルが去年の9月、10月の2回にわたって報じていました。
「若狭湾です」 拉致被害者が実感した帰国 斎木・元外務次官に聞く
元外務次官の拉致被害者「生存情報」証言、林外相は「答弁控える」

インタビューに答える斎木昭隆・元外務事務次官=2022年9月14日、東京都内、田嶋慶彦撮影

 その二人とは、田中実さんとその知人の金田龍光さんということが報じられています。北朝鮮は二人を返す条件として、何兆円かのお金と、これで拉致問題は全て終わりにする、ということを提示して来たので、安倍さんは断ったそうです。

 当たり前ですね。日本の警察は「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者871人」としていますからね。また、「救う会」では、「特定失踪者問題調査会はまだ名前の分からない方々を含め拉致被害者は100名以上と推定」としていますね。

 たった二人を返して終わり、なんて絶対に認めへんぞ、というのが当時の安倍さんの意志やったんですね。ところが安倍さんが亡くなってすぐに、この斎木なんとかは、実は二人は返して貰えるはずやったんや、と言い始めたんですね。恐ろしい人ですね。

 案の定、その後、どっと報道が流れました。たとえばこれは日テレ(【帰国20年】北朝鮮による拉致被害者・曽我ひとみさんの心の支えだった“妹”横田めぐみさん 【真相】)。

拉致被害者・田中実さん(左)と特定失踪者・金田龍光さん(右)

 そして最初の山口さんと青山さんの話に戻ります。アホの岸田がこれを利用しようとしてる、という警告になるわけです。今月(7月)に入って、ちょろちょろ動いてる様子は報道もされています(日朝が複数回接触との韓国紙報道、「そのような事実はない」=官房長官)。

[東京 3日 ロイター] – 松野博一官房長官は3日午後の会見で、韓国紙の東亜日報が3日、日本と北朝鮮の実務者が6月に中国やシンガポールなどで複数回にわたって水面下で接触したと報じたことに関連し、「そのような事実はない」と否定した。

写真は2021年10月、都内で撮影(2023年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 これについては青山さんも動画では、「交渉」なので言えないこともあるのはわかる、と言うてはります。そらそうや。せやけど今の岸田のグダグダぶりを見ると、めっちゃ心配になって来ます。バイデンから、さっさと韓国とも仲良うして、北朝鮮とも適当に手を打って、こっちに引き入れろ、とか何とか言われて、ハイハイと従ってしまいそうでコワいですね。

 たまたま今日(7/25)の「宮崎正弘の国際情勢解題」通巻第7836号(読者の声2)( Stratocaster )さんの投稿をコピペさせて貰いましょう。

 退任後の安倍氏は独自の外交をすすめ、中東政策などでバイデン民主党にとって目障りな存在に・・・なにより中国が安倍氏を憎むこと甚だしく、裏でつながる米国と安倍暗殺を企てた。ついでに自民党内やマスコミの反安倍勢力も「この指止まれ」と引き込んだ。

 もちろん、投稿の最後で「妄想」と断ってはりますが、

 さて現下の日本首相はこういう話を全てアメリカに聞かされて「オマエも言うことをきかないと殺すぞ」と脅された。
震えあがってエマヌエル大使にひざまずき、バイデンには三跪九叩頭、LGBT法成立、韓国に譲歩・和解、ウクライナ復興に何十兆円支援、拉致被害者を見殺しの日朝和解に5兆円喜捨、あげくは天皇の韓国訪問と日本を売り続ける我が首相である(なお売国の財源は増税なんでよろしく~)

 そうそう、先週あたりから唐突に、「天皇韓国訪問」が取り沙汰されているとか(雅子さま「2年後に韓国ご訪問」計画が政府内で急浮上 岸田首相も“初”の実績に意欲)。『女性自身』の記事なんでアテにはならんでしょうが、火の無いところに煙は立たへんのです。

昨年9月、訪英された両陛下はエリザベス女王の国葬に参列し記帳された(写真:共同通信)

 そしたら、アメリカのことはこの人に聞け、な渡辺惣樹さんとやまたつさんが対談をしてはりました(【そうきチャンネル】【特別対談】『やまたつ氏と語る③』アメリカ保守派の巻き返し)。これはもう3回目ですが、まだ続くようです。お二人とも、アメリカではどんどん逆回転が始まっているというのに今、日本は全力で、何年も前の逆転前のアメリカに追従していて大丈夫か?と言うてはります。

 これの前回ではやまたつさんは、実はつい最近「覚醒」したことを告白してはりました。「(トランプ政権の)最初の3年間は、トランプはレイシストの白人至上主義者、頓珍漢の悪魔みたいな奴、と思ってた」と。ひえーー。こんな賢い人でも最近までそうやった、と。

 バイデンはこの先、弾劾される話も出て来ていますが、日本では報道されませんね。テレビ、新聞しか見てなさそうな岸田くん、北朝鮮にダマされたらあかんで。もう心配しかありませんね。

【文中リンク先URL】
https://live.nicovideo.jp/watch/lv341961183
https://www.youtube.com/watch?v=xfbKrEnPT0g&t=1352s
https://www.asahi.com/articles/ASQ9J7RLDQ9HUTFK02B.html
https://www.asahi.com/articles/ASQBF575HQBFUTFK004.html
https://www.npa.go.jp/bureau/security/abduct/list.html
http://www.sukuukai.jp/index.php?itemid=1160
https://news.ntv.co.jp/category/society/01a30835be0c4cd382af6e4b72dc0a0a
https://jp.reuters.com/article/jp-matsuno-idJPKBN2YJ0EU
https://www.mag2.com/m/0001689840
https://jisin.jp/koushitsu/2222764/
https://www.youtube.com/watch?v=N_vAIHQVQ4w

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ たかが支持率のために拉致被害者を見捨てることは許さへんと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply