朝鮮人の局NHKが秀吉を貶める。日本人奴隷を救い、明もスペインもビビらせた超戦略家なんやで。

人気ブログランキング

 NHKが公正、公平な報道をしてると思う日本人は、だいぶ減って来てると思いますが、それでも数としては「信頼」してる人はまだまだ多いのは残念です。そして今もまだ酷い報道をしてることは変わりませんし、それは報道だけやなくて、ドラマでもそうですね。

 私はどうしてもNHKで観たい番組がいくつかあって、不本意ながら「受信料」を払うてます。その番組というのは、いかにも日本人の心を持った人が作ったものやと思えます。ところでドラマと言えばNHKの看板、大河ドラマ「どうする家康」は、いよいよ来週(10/15)は、豊臣秀吉が亡くなるようです。

 タイトルが何と「太閤、くたばる」。酷くないですか?豊臣秀吉は実在した人物、事実上の天下統一を成し遂げた、歴史的な偉大な人物やんか。大阪人としてはとても許せませんね。こんなんやからNHKは朝鮮人に支配されてると言われるんや。

 演出上、秀吉を悪者にして面白さを狙うんか?そんなもん、全然オモロないわ!今の演出は、ただ不自然なだけですね。記録が残ってへん歴史の空白に、作家としての想像力を巡らせて、架空の会話を挟むなどして、より豊かに、感動的に描くことは何も否定しませんよ。今の演出は気持ち悪いだけですね。

 そして実はこの気持ち悪さは、これが初めてではないんですね。ネットでは有名かも知れませんが、2012年の大河ドラマ「平清盛」で、天皇家のことを「王家」と呼ばせて物議を醸しました。ここは保守系有名サイト「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんから、古いですがお借りしましょう。

結論を述べると、NHKが「皇室」(天皇家)や「天皇」のことを「王家」や「王」と表記するのは間違っているし、おそらく朝鮮人が多く蔓延っているNHKは悪意を持ってあえて「王家」や「王」呼ばわりしているのだと思う。
韓国では今でも天皇陛下のことを「日王」などと呼んでいる。
朝鮮人にとっては、「王」は支那の皇帝からその地域を治めて良いと授かる地位であり、支那「皇帝」より遥かに下の地位となる。

 ちなみにこの「平清盛」のチーフプロデューサーは、今回の「どうする家康」と同じ磯智明氏です。ふうん、磯くん、日本人の心を持ってドラマを作ってほしいですね。え?局内では朝鮮人に気を遣わなあかんのか?ふうん、そう言えばNHK局内の「外国人」の人数は、国会でも質問されましたが、答弁を拒否していますね。

 ホンマに受信料を返してほしいわ。どこの国の放送局やねん。日本人からはガッポリ金を取って、「中国」、韓国では無料放送をしてるんですよね。アタマおかしい!やめろ!ですね。

 あかん、もう一つ大事なことがあったんや。戦後教育では豊臣秀吉は貶められて来たんですね。サヨクの自虐史観では、朝鮮出兵は侵略と言いたいようですが、戦争をした相手は朝鮮ではなく、明なんです。

 秀吉は世界情勢をしっかり把握していて、宣教師が奴隷売買をしてることも見抜いて伴天連追放令を出し、スペインさえもビビらせていたんですね。マニラを獲りに行くぞ!と脅した、と。当時の世界の銃の半数は日本にあったとか。もう世界最大の軍事大国やったわけですね。そんな武力を持つ秀吉は超戦略家やったわけですね。

 秀吉が今の日本を見たら、あまりの情けなさに激怒するんやろなあ、と思います。やっぱり歴史は人が作るんやな、と思いますね。あ、当たり前か。せめて自分の国は自分で守れるだけの軍備を、まずはしっかり整えておかんと、私ら今の日本人は、秀吉にもご先祖様にも申し訳ないですね。

【文中リンク先URL】
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4356.html

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ NHKは自虐史観ドラマをやめろと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply