共産党の綱領

日本共産党は、昔から弱者の味方、みたいなイメージあるやん?
あるいは中小企業の味方、とか。
せやから、選挙のときの主張なんかでも、自民党よりええことゆうてるやん、て思うこともタマにあるわ。とくにウチらみたいな中小企業やら零細企業は、自民党の政策はどうも大企業目線とちゃうか?と思うことが多いわね。

ところでそんな共産党員の人って、(個人的な知り合いなどはいませんが)きっと、実は真面目な人が多いんとちゃうか?と思います。純粋で真面目で、、、ほんでそやから騙されやすい、とか。
なんでこんなことゆうかというと、末端の共産党員の人は、ホンマに共産党の綱領を全部読んだことあるんかな?と思うからです。

戦前の日本については次のようにゆうてはります。
<ーー国を統治する全権限を天皇が握る専制政治(絶対主義的天皇制)がしかれ、国民から権利と自由を奪うとともに、ーー独占資本主義も労働者の無権利と過酷な搾取を特徴としていた。この体制のもと、日本は、アジアで唯一の帝国主義国として、アジア諸国にたいする侵略と戦争の道を進んでいた。ーー>

天皇については
<ーー一人の個人が世襲で「国民統合」の象徴となるという現制度は、民主主義および人間の平等の原則と両立するものではなく、ーー天皇の制度は憲法上の制度であり、その存廃は、将来、情勢が熟したときに、国民の総意によって解決されるべきものである。>
え?天皇って、「憲法上の制度」なん?

いやいや、日本の皇室は既に、二千数百年以上の歴史があるんですけど?
今の憲法って、できてまだ70年ですよね?
皇室はいずれ廃止してやる、という意図がはっきり見えてへん?
そういうところがやっぱりこわいわ。普通の日本人の感覚やないと思うで。

一部の真面目な日本人の共産党員の皆さん、一度、綱領をちゃんと読んで、ホンマにこの党が日本人のための党なんかどうか、真剣に考えてみてください。この私でも、ネットと本でいろいろ勉強したらわかってきてんから。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply