欧米は外国人を入れまくって失敗したんや。そのマネをして誰がトクするんや?え?弟?あかんやろ。

人気ブログランキング

 東京ではこんなことをやってたんですね(ミサイル飛来に備え「緊急一時避難施設」で初訓練 東京 練馬)。

 今日(11/7)の有料動画、藤井厳喜の「ワールド・フォーキャスト」で、藤井さんが驚いてはりました。でもミサイル飛来は有り得る話なので、アメリカから核を買う話も含めて、日本は戦争をしないために、しっかり備えをしようという話でした。ま、もはや「平和、平和」しかよう言わんアホサヨクは、無視やな。

 さらに、飯山陽さん発の情報として、サウジアラビアがハマスを切る、見捨てる、という情報は、戦争拡大抑止の意味ではええ話、ということでした。他に、日本政府がガザに人道支援をするという話は、現地の情報がない中でやってしまうと、ハマスを太らせるだけ、というのもありました。諜報機関を持ってへん日本、もう余計なことはせん方がよさそうですね。あー情けない。

 そして今、バイデン政権は最後のあがきとして、第三次世界大戦をひそかに目論んでるやろう、ということでした。バイデンを支える3人、ブリンケン、ヌーランド、サリバンは皆、ヒラリーの直属の部下やったわけですね。戦争屋とほぼ直結してるというわけです。

ブリンケン、ヌーランド、サリバン

 いよいよどこの支持率調査でも、バイデンが明らかにトランプさんに負けている現状では、あとは戦時大統領になるしか残された道はない、というのは恐ろしい話ですね。第二次世界大戦のフランクリン・ルーズベルトがそうでした、と。

 さらに、北朝鮮はイランを通じてハマスに多くの武器や資材を提供しているようだという情報もあるとか。ロシアにも武器弾薬を提供してるわけやから、お金はしっかり入ってるんかも知れません。ホンマに悩ましい話ですね。最初に書いた避難訓練は、ちゃんとワケがあってのことなんでしょうか。コワ過ぎますね。

 話はバイデンに戻って、ついに、トランプさんが始めたメキシコ国境の壁の建設を、自分が大統領になったその日に止めたくせに、結局また再開したとか。これはもう、戦争をせずして侵略されてるようなもんや、という人もいるそうです。

 バイデン政権で入れてしまった不法移民はもう一千万人を超えるとか。しかも間違いなくその中にはテロリストも混じってるそうです。もうせっせと国を壊してるようなもんですね。裏で操る奴らはほくそ笑んでいることでしょう。

 さてそんなアメリカのことを笑うてる場合やないのが実は日本ですね。今日の産経正論、福井義高さんの「外国人労働者増と日本のあり方」です。最近話題になったクルド人のことから話を起こして、

 国家に我々が期待する第一の仕事である社会秩序の維持も、その構成員の一般的性格によって異なってくる。幸いなことに、日本ほど犯罪が少なく安心して暮らせる国は珍しい。
 国連が集計し公表しているデータから具体的数値を見てみよう。比較対象は、米国、治安がよく生活水準が高い国の代名詞であるスイス、多くの労働者を日本に送り出しているブラジル、そしてクルド人の母国トルコである。

として、数字を並べてくれてはります。

 人口当たり件数が日本の何倍かで比較すると、
■殺人:米国が20倍、スイスが2倍、ブラジルが83倍、トルコが10倍
■強盗:米国が61倍、スイスが14倍、ブラジルが493倍、トルコが24倍
■受刑者の数:米国は16倍、スイスが2倍、ブラジルとトルコが9倍

 うわあ。こんなん、いらんで。そして日本では、日常的犯罪も他国に比べれば少ないですね。なので何と、外国人による公共交通機関の「無賃乗車」がけっこう目立って問題になるんやそうです。米国の首都ワシントンでは、バス利用者の3分の1が無賃乗車しているとか。ひえーー。

 さらにもう一つの例です。国連本部があり外交官が集まるニューヨークは、東京と同じく、外交特権を乱用した違法駐車と反則金支払い拒否が、レベルの低い国ほど多いそうです。

未払い駐車違反件数は国により大きな差がある。1997年から2002年まで、外交官1人当たりの年平均違反回数はクウェート249回、エジプト141回、チャド126回など、違反が多い国には中東・アフリカ諸国が目立つ。一方、先進国は概して少なく、日本は数少ない違反ゼロの国のひとつである。

 「日本は数少ない違反ゼロの国」。もうタメ息が出ますね。外国人を入れるとは、そういうことやんか、という話ですね。福井さんは最後にこう書いてはります。

 こうした状態に業を煮やした当時のブルームバーグ市長は2002年、国務省承認の下、強硬策に打って出る。反則金未払いが3件を超えた外交官ナンバープレートを取り上げることにしたのである。その結果、違反件数は98%減少した。
 すべての前提である秩序だった社会維持のため、ニューヨークの経験から学ぶべき点は多い。

 つまりはビシッとやれ、ということですね。ところがところが、つい最近の日本政府は、とんでもないことをやらかしました、と。これは私は8月6日に書いてましたね(在留資格ない子どもに特別許可 政府、強制送還から救済)。

「在留特別許可」に関して記者会見する斎藤法相(4日午前、法務省)=共同

 「在留資格がない」って、それ、違法入国やんか、ですね。とんでもない話です。私が今読んでる本『シン・鎖国論』で、山岡鉄秀さんは書いてはります(P54)。

 待ってください。そんなことをしたら、ビザ免除で合法的に入国して、子どもを日本で産もうとする外国人が続出することは目に見えています。「日本で子どもを生めば日本に永住できる」と考えるのは当たり前でしょう。強制退去処分を受けるというのはそれなりの理由があるはずです。子どものことを心配するなら、一日も早く帰国させるべきです。

 え?こんなことが大臣一人の判断でできるんか?もうめっちゃヤバいですね。日本人は性善説やから、もう付け込まれるだけやんか。あ、違う!これも利権狙いなんや。思い出したわ。キッシーの弟は、移民で儲ける会社をやってましたね。

 あはは、これも前に書いてましたね(外国人を入れまくって、弟の会社に利益誘導するんか?違法性はなくても、チンケな人やな、岸田君。)。ネットに出ていた記事はこれですね(岸田首相、外国人に手厚い政策は弟のため!?…実弟の会社の業務は「外国人採用支援」…利益誘導はあるのか)。「フィールジャパン with K」の社長、岸田武雄さんね。覚えといたるわ。

 別に違法でなければええんやろうけど、ホンマにこのキッシーのやることなすこと、すべてケチくさい、チンケな話ばっかりですね。国家観のカ・ケ・ラもあらへんわ。早う引きずりおろさなあかんな。と書くと、ほら、やっぱり山本太郎でないと、とホンマにコメントしてきた人がいて、のけぞりましたけど(笑)。

 キッシーって、大阪弁で言うと「まんがわるい」人ですね。毎日のようにキッシーを批判してる高橋洋一さんが今日も言うてはりましたね(902回 減税に拘ったから遅くてショボい増税メガネの経済対策。そりゃ支持率下がるよ)。センスもあらへんけど、たぶん、人の心をおもんぱかるようなことを、今までして来えへんかった人やと思いますね。やっぱりこの人、あかんわ。

【文中リンク先URL】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231106/k10014248451000.html
https://www.sankei.com/article/20231107-XIXKZMRZAFPSXPZ4JHEYTSUS6Y/?798786
https://naniwakawaraban.jp/2023/08/06/%e6%b3%95%e5%bb%b7%e8%ad%a6%e5%af%9f%e6%a8%a9%ef%bc%9f%e3%81%9d%e3%82%93%e3%81%aa%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%81%aa%e8%a9%b1%e3%81%a8%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%86%e3%80%82%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae/
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA040EX0U3A800C2000000/
https://www.youtube.com/watch?v=3VGtcu_Pz2U&t=337s

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ 外国人にはビシッとやれ、と思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply