カールソン、よう聞いてくれた、けどやっぱりプーチンは、戦略的には負けてるんや。どうする日本。

人気ブログランキング

 世界中のメディアが注目した、タッカー・カールソンの、プーチンへのインタビューが公開されました。もちろん、Xで、ですね(Tucker Carlson @TuckerCarlson)。

 今まで「西側」のどのメディアも、ウクライナ侵攻後にはプーチンにインタビューして来なかったというのも、考えたら変な話ですね。結局「西側」メディアは一致団結して「プーチン悪者」像を作り上げることが目的の、薄っぺらい奴らやったということですね。

 少なくとも戦争当事国の両側に話を聞くのがメディアの役目とちゃうんか?という話やのに、ですね。そもそも自らジャーナリズムを放棄してると思いますね。しかも、公開前からタッカー・カールソンに対して、「裏切者」とかの評を加えたりとか。アホですね、「西側」メディア。

 ところがまた面白いことに、この公開とほぼ同時?に、フェイクも流されてたそうです。上の動画はプーチンの発言部分は音声を小さくして、英語の吹き替えが付いています。なのでこれが出たらもう、ウソはすぐバレますね。

 それでもなお、バレることを前提にしてでも、ロシア側(と思われる)諜報機関が、フェイクを流したようで、それに引っかかった人もいたようです。

 タッカー・カールソンが自費でクレムリンに行き、事前にイーロン・マスクもこれについては「検閲はしない」と言うてたので、その肉声が聞けるとあって、億人単位のインプレッションになっていますね。間違いなく世界のメディアは今、変わりつつありますね。

 そしてそんな真実のインタビューの中でさえ、日本人的に言うと「本音と建前」はちゃんとあるというのは当然ですね。言葉尻だけを切り取ってギャーギャー騒ぐ時代は、もう過去のものになりました。今は誰でもすぐに、元音声でチェックできる時代になった、ということですね。

 そうなると、ホンマにこれからの「報道」は、「中身で勝負」になるということですね。そこで今回のインタビューについて、「ロシアのことはこの人に聞け」の北野幸伯さんが、メルマガで書いてはったことを読んでみることにしましょう(【裏RPE】★プーチンがタッカー・カールソンからインタビューを受けた意味)。メルマガの申し込みはこちらです。※タダ、ですよ。

 北野さんは、産経の記事を参考にしてはります(プーチン氏、侵略を改めて正当化「ロシアだました」と欧米を批判 米元司会者のインタビューに)。北野さんはロシア語ペラペラなので、インタビューでの発言内容の産経の「まとめ」自体は、間違いはないと思われます。その発言に対する真偽、解釈の違いについて、北野さんは書いてくれてはります。

モスクワのロシア大統領府で米保守系ジャーナリスト、タッカー・カールソン氏と会見するプーチン大統領=6日(ロシア大統領府提供、タス=共同)

 全文引用は憚られるので、プーチンの言い方に無理がある部分の指摘を、コピペさせて貰いましょう。産経の「まとめ」を引いて、それを論ずる形です。

〈プーチン氏は、新たに樹立されたウクライナの親欧米派政権が、政変に反発してウクライナ東部で蜂起したロシア系住民を攻撃し、ウクライナ東部紛争を引き起こしたと一方的に主張。ウクライナは東部紛争の解決策を定めた合意も履行しなかったとし、「ロシアは22年に戦争を始めたのではない。ロシアの目標は彼らが14年に始めた戦争を終わらせることだ」と従来の主張を展開した。〉

これは、どうでしょうか?
まず、最初の部分。
〈新たに樹立されたウクライナの親欧米派政権が、政変に反発してウクライナ東部で蜂起したロシア系住民を攻撃し、ウクライナ東部紛争を引き起こしたと一方的に主張。〉
 この部分、知識がない人は、「やっぱりウクライナが悪いんだ!」と信じてしまうのでしょうか?あたかもウクライナ政府が、内戦勃発の理由であるかのような。
 しかし、実をいうと、内戦がはじまったのは、ルガンスク州、ドネツク州の親ロシア派が2014年4月に、「ルガンスク人民共和国」「ドネツク人民共和国」の独立を宣言したからです。
 国内のどこかの自治体が独立宣言した。普通の国なら、内戦が起こります。ロシアだって、チェチェンが独立宣言したら、内戦が起こりました。
 そして、次が一番重要なポイントです。
 ルガンスク、ドネツクの親ロシア派は、勝手に独立を宣言したのではない。プーチンが独立宣言をさせたのです。だから、ウクライナ内戦が起こった原因は、プーチンです。プーチンは、自分に都合の悪いことを隠して、巧妙にプロパガンダをしています。
 無知なタッカー・カールソンや視聴者は、詳細を知らないので、「やっぱ悪いのはウクライナだ」と思ってしまうのです。
それが、プーチンがインタビューを受けた理由でしょう。

〈ウクライナは東部紛争の解決策を定めた合意も履行しなかったとし、〉ーー
 この部分は、そのとおりです。
〈「ロシアは22年に戦争を始めたのではない。ロシアの目標は彼らが14年に始めた戦争を終わらせることだ」〉ーー

 この部分は、相当無理があるでしょう。アメリカが、ウクライナの政変を支援した、あるいは主導した。だからロシアは、ウクライナからクリミアを奪った。さらにプーチンは、ルガンスク、ドネツクの親ロシア派に独立宣言をさせ、内戦を勃発させた。2022年2月、ウクライナ侵略を開始した。2022年9月、ルガンスク、ドネツク、ザポリージャ、へルソンを併合した。
 欧米がしたことは、「ウクライナの政変を支援した(あるは主導した)ことです。だからロシアはウクライナから、クリミア、ルガンスク、ドネツク、ザポリージャ、へルソンを奪った!?
 どう考えても、「かなり変なロジック」であることがわかるでしょう。
 しかし、アメリカにも日本にも、知識量が足りない人、思考停止している人がたくさんいて、「プーチンの言っていることが真実だ!」と無条件で信じてしまうのです。

 やたら長い引用ですみません。でもこれで、ウクライナ・ロシア戦争が全部わかりましたね(笑)。そして北野さんの独自の言葉をあと二つ、コピペさせて貰いましょう。

 結局、カールソンとトランプは、事実上「プーチンの利益のために動いている」といえるのです。
 プーチン、カールソン、トランプの関係は、プーチン(ボス)トランプ(部下)カールソン(ボスと部下をつなぐ連絡係)です。
 これは、「事実上そうである」という意味です。

 うわあ、ですね。そしてもう一つ。

 アメリカからの支援が止まれば、ウクライナが敗北する可能性は劇的に高まります。(@とはいえ、ロシアがすでに【戦略的に敗北している】という事実に変更はありませんが。)

 北野さんはいつも、「善・悪」で考えるな、「勝ち、負け」で考えよ、と言うてはります。そしてプーチンは、戦術的には今は勝ってるけれど、戦略的にはもう負けてる、と言うてはるわけですね。

 さらに私が付け加えるなら、プーチンの行動原理はロシアの「国益」であって、「友好」なんかどこにもあらへんということですね。たぶん、本気で「友好」があると考えてるのは、世界中で、日本人だけやと思いますね。日本以外の全世界は、「ダマされたら、ダマされた方が悪い」の世界なんやと、しっかり認識しましょう。

 そして今日のYouTube【ナニワの激オコおばちゃん】です(憲法改正やるやる詐欺。バレてるで、岸田くん。)。

 口から言葉だけが出て来るこの人には、もう辟易しますね。日本、さっさと変わらんと危ない!と言うておきましょう。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/TuckerCarlson/status/1755734526678925682
https://rpejournal.biz/p/r/LcJ9oxS8
https://www.sankei.com/article/20240210-XVNXT5HEKVOF7GK3TJCW32IEIA/?992892
https://twitter.com/TRI_since2013/status/1720644539327934757
https://youtu.be/mKY7rhZeamg

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ プーチンはもう負けてるんやと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply