東京15区がアリの一穴となって、日本保守党から日本が変われるか?大きなうねりとなってほしい。

人気ブログランキング

 いやあ、ビックリしましたね(日本保守党、4月の衆院東京15区補選に飯山陽氏を擁立へ)。

 ネットではもう大騒ぎですね。この記者会見の後、冷たい雨の降る中、豊洲で街宣もして来はったとか。人もたくさん来ていた、と。飯山さんの最初の登場と挨拶を聞きましたが、普通に「日本人であることを誇りに思う」とか言うてくれるだけで感激してしまいますね(take5 @akasayiigaremus)。

 さらに「政治家がお金のことばかり考えて日本を弱く貧しくして来た」とか。もちろんこれは「日本を豊かに強く」という党の理念を言うためでもあるんでしょうが、その通りですね。そして自分が過去、国費留学させて貰ったことを披露して、「国に恩返しがしたい」とも言うてはりました。

 何でも人のせい、国のせいにしてるアホ左翼とは大違いですね。ええやんか、飯山陽さん。この「take5」さんが切り取ってくれはった、たった5分の中でもきっちり主張を言えるのはさすがですね。この後の有本香さんも上手いですね。ここは「take5」さんの引用部分をコピペさせて貰います。有本さんが紹介した、飯山さんの発言です。

「誰かが先陣を切らなければいけませんよね。これはノルマンディー上陸作戦で、最初に上陸した人は皆◯されちゃったんだけれども、それでも誰かが先陣を切らなければ物事は始まりませんよね。だから私がそれをやろうと言う風に思いました。誰かやらなきゃいけないんだもの」

 「take5」さんは「これぞ、大和魂」と感動してはります。同感ですね。これで大きな流れ、うねりが出来たらええのになあと思います。百田さんは小池都知事の国政返り咲き?補選出馬?を牽制して、「どうぞ東京15区へ。飯山さんとアラビア語対決をしましょう」とけしかけてはりました(笑)。

日本保守党の百田尚樹代表(左)と飯山陽氏 © 東スポWEB

 何だかもう、ネットでは勝ったも同然の雰囲気です。せやけどたとえ勝ったとしても、やっと「一人」ですね。大変ですね。できれば自民党の媚中、媚韓議員、緊縮増税・財務省ポチ議員のところに、全部、候補を立ててほしいもんです。

 あるいは自民党の減税派、積極財政派とは選挙協力する、とか。さらには選挙区によっては参政党とも協力出来たらええのになあ、などと勝手なことを考えてしまいます。もはや、自民党内の緊縮・増税派、媚中・媚韓派は、国民の敵やからな。もう政党は関係あらへん。

 とは言え一方では、不気味な話はどんどん進んでいるようです。岸田首相の北朝鮮訪問はどうもありそうです。インチキの「合同調査委員会」に合意して、拉致被害者を見殺しにしてしまいそうです。そして国賓訪米して「核なき世界」を演説するんかもしれません。

 ここまで国民に嫌われてるのに、政権が続いてることが不思議です。ある意味で岸田くんは、安倍派潰しは完全に成功したわけですね。実は安倍さん的な考えを持つ国士は、自民党の中では少数派やったんですね。今の自民党の仕組みの上では、岸田くんはまだまだ居座り続けられるんかも知れません。

 恐ろしく、悲しい話ですね。やっぱり自民党を「中から変える」ことはでけへんのか?ねえ、青山さん。「護る会」は今、95人とか。派閥ではないにしても、大勢力やんか。ま、その中には媚中・媚韓・増税派もまざってるかも知れませんね。知らんけど。

 そして山口敬之さんによると、自民党は必ず日本保守党を潰しに来る、と。何か仕掛けられるかも知れません。参政党も何かゴタゴタしている印象です。それでも世界のグローバリズムと戦う姿勢は、参政党が一番はっきりしています。

 いったい日本はどこへ行ってしまうんや?と不安は尽きませんが、今回の東京15区がアリの一穴となって、大きなうねりとなってほしいです。私ら日本国民は、しっかりと目の前を見て、今自分に出来ることをしっかりやって行きましょう。あ、今日のYouTube動画はお休みさせていただきました。

【文中リンク先URL】
https://www.zakzak.co.jp/article/20240305-BAMVXPS3PZNSJAPDD4BFMDMFSA/
https://twitter.com/akasayiigaremus/status/1764915756171706692
https://twitter.com/akasayiigaremus/status/1764964148071604424

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ 日本保守党には東京15区からうねりを作ってほしいと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply