減税勢力が伸びてたのはもう4年前の話。安倍氏亡き後はガタガタや。拉致被害者も見捨てる?岸田。

人気ブログランキング

 理屈では勝ってても、現実の戦いでは負けてしまうんですね。あ、財務省の増税・緊縮路線の話と、岸田のアホの北朝鮮訪問の話です。これを視てつくずく思いました(【衝撃予測】補選3連敗…でも5月訪朝・6月解散!?「この事件は結構効く」初めて見た自民の最低事件。裏金事件の始祖・小●一郎氏。積極財政派は政治的に劣勢?高橋×阿比留【洋一の部屋】)。

 安倍さんがご存命の時は、自民党内でもいわゆる「減税派」がどんどん勢いづいてたんですね(自民党グループが減税勢力結成)。うわっ。これってもう、4年も前のことでしたね。安倍さんが亡くなってからは、いっぺんに萎んでしもた訳ですね。そして今はもう、増税・緊縮を支持する財務省のポチの、財政健全化推進本部という、党の正式な組織が出来てしもてる、と。

 上の高橋さんと阿比留さんの動画で、「減税派」はたとえば西田昌司さんとか城内実さんとかが頑張ってるけどもう、「財政健全化推進本部」のメンバーと比べたら格が違う、勝負あった、という感じやということでした。アホらし。

 このまま増税・緊縮路線が続くと、ホンマに日本は、デフレを脱却できず、奈落の底、貧乏国家に落ちぶれるだけですね。自民党内の減税派は、安倍派の中の若手にわりと多かったので、その意味でも今は壊滅状態ですね。どこかで何か爆弾でも仕掛けへん限り、じわじわと増税・緊縮路線に行ってしまいそうです。

 そしてもう一つ、岸田の訪朝の話です。わかってる人は、「2人、3人返して終わり」には絶対にしたらあかん、とずうー――っと言い続けていますが、世間的には2人、3人返す「絵」が出来たら、それで何か、劇的に動いたように見えるやんか、というわけです。

 それ、ウソやで、と何ぼ言うても、岸田は持ち前の鈍感力でテキトーに乗り切って、拉致問題がちょっと動いた、という実績を上げた風に見せようとしてる、というわけです。もう危険なレベルに来ていますね。島田洋一さんがこのところ、もし岸田がホンマに行くんなら、「救う会」の西岡力さんを交渉に同行させろ、と主張してはります。

私が岸田首相なら、こう言う。
「西岡さん、補佐官に就任してくれ。日朝首脳会談の場にも同席してもらう。あなたは政府側に入る意向はないと聞くが、しっかり情報共有する。虎穴に入らずんば虎子を得ずでしょう」

 いやあ、自分が総理大臣に居続けられることだけしか考えてへん岸田が、そんなややこしいことをするわけがないですね。岸田はもう、さっさと降ろさなあかんのですが、さりとて今、自民党はガタガタですからね。高橋ー阿比留動画でも話してはりましたが、産経のこのスクープですね。

 実は別に驚くような話ではなく、もともと自民党ってこの程度の、田舎のオッサンの飲み会を、いつもやってるレベルやったということですね。かといって、あの悪夢の民主党時代にはならへんのやから、実は岸田はそこまでわかってて、自爆的に自派閥の解散をやったということですね。文字通り、「自分のため」だけですね。

 もうグダグダなのはわかってるわけで、私ら日本国民としては、この次に何が仕掛けられるんか、考えんとあきませんね。諦めたらそこで終わりや。トランプさんだって、ついに完全勝利に向けて、いよいよ盛り上がって来てるように思います。

 今日のYouTubeは「ナニワの激オコ大画報。パンデミック条約に反対!

 これもまた、岸田は厚労官僚の言いなり、バイデン政権の言いなり、になるんやろな。諦めずに声を上げ続けましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=wAdScp_hu8Q
https://www.youtube.com/watch?v=-iFIaGbtrNI
https://twitter.com/ProfShimada/status/1764799371692925277
https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/1766204817637073080
https://youtu.be/eQhwZ7rxDcA

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ このままでは緊縮・増税も止められへんし、拉致被害者も取り戻されへんと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply