今も昔も、うぶで善意に満ちた日本は、世界のワルに欺されてしまう。あかん、これは戦争なんやで。

人気ブログランキング

 私が「覚醒」し始めた頃に大きな「問題」となってたのは、いわゆる「南京事件」でした。河村たかし名古屋市長が、南京市幹部に対して「いわゆる南京事件はなかったのではないか」と語ったのは、2012年2月のことでした。もう12年も前なんですね。

 今では「南京事件(虐殺)」はただのウソ、プロパガンダやと2万パーセント証明されていますが、それでもまだ時々、Xなどでまとわり付いて来る、アホ工作員がいます。しつこいですね。あいつらは仕事やから、ホンマかどうかはどうでもええんや。

 そして今、まさにあいつらは「仕事」やということをしっかり認識せなあかんわけですね。あいつらはアホやから、放っておけ、ではあかんのです。これは「戦争」なんです。「超限戦」なんです。ということで、時宜を得た本がまた出ました。茂木弘道『日中戦争 真逆の真相 誰が仕掛け、なぜ拡大し、どこが協力したのか?』(ハート出版)ですね。

 いつも日本一早い書評を出す(笑)宮崎正弘さんが、既に4月1日にメルマガ「宮崎正弘の国際情勢解題」第8197号で、長文の書評を出してはりました。

 近代史の四つの闇がすっきりする本である。真実は戦後の歴史学者の分析や歴史教科書の記述とは異なり、結局、日本は毛沢東の謀略にしてやられた経過が一目瞭然となる。日本人の『善意』は「悪党」たちには通じないのだ。
 「日本は国際法を尊重して、歴史の事実を重視する国です。しかし中国では国際法や歴史は、政治の武器に過ぎません。日本侵略者説を徹底論破した本書は、中国の真っ赤な嘘を暴く」として、本書を推薦するのはジェイソン・モーガン(麗澤大学准教授)だ。


 日本が中国共産党が巧妙に仕掛けた謀略に巻き込まれたのが日支事変(左翼歴史学者は、これを「日中戦争」という)。
 つまりうぶで善意に満ちた日本は世界のワルに欺されてしまったのである。

 もう、めっちゃ気合の入った書評です。長いですが、そして引用の引用になりますが、一部をコピペさせて貰います。

評者がなによりも重要な指摘と瞠目したのは、アメリカ人ジャーナリストだったフレデリック・ウィリアムズの『中国の戦争宣伝の内幕』(田中秀夫訳、芙蓉書房出版)である。本書で紹介されている。
彼はこう書いた。
「世界はこれらの非道行為を知らない。もし他の国でこういうこと(虐殺など)が起きればそのニュースは世界中に広まってその空恐ろしさに縮みあがるだろう。しかし、日本人は宣伝が下手である。商業や戦争において西洋諸国のような方法を取ることに熟達していたとしても、日本人は自らの敵が世界で最強のプロパガンダ勢力であるにもかかわらず、宣伝を無視するだろう」
(いまでも世界中に建立されている慰安婦像建立というかれらの陰謀に対して無為無策だ)
「満州で無辜の日本人たちを虐殺した正にその中国兵たちが、捕虜になったときは日本軍によって給養され、『罪を憎んで人を憎まず』のサムライ精神によって、『もうああいうことはしてはいけない。さあ行け』と説かれていたのである。日本軍の将官は虐殺の罪を無知な兵隊に帰するのではなく、南京の軍閥やモスクワ、無知な耳に叩きこまれた反日宣伝のせいだとしたのである」
こうしてワルたちは日本の善意を徹底的に利用した。

 いやいや、もうタメ息が出ますね。結局今もおんなじやんか!そして、これも私が購読しているメルマガ、「国際派日本人養成講座」で、伊勢雅臣さんが4/14に発信してはりました(JOG(1365) 日中戦争は日本が起こしたのか? ~ 茂木弘道『日中戦争 真逆の真相』を読む)。伊勢さんは、日本の教科書の批判から話を始めてはります。

 これは東京書籍(以下、東書)の中学歴史書で「日中戦争と戦時体制」の項の冒頭の発問です。「日本が日中戦争を起こし」たことが問答無用の前提とされてします。その後の本文は、次のように書かれています。
__________
 1937年7月、北京郊外の盧溝橋付近で起こった日中両国軍の武力衝突(慮溝橋事件)をきっかけに,日中戦争が始まりました。戦火は中国中部の上海に拡大し,全面戦争に発展しました。[東書、p230]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ここでは「誰が」盧溝橋事件を引き起こしたのか、「誰が」戦火を上海に拡大したのかが、書かれていません。「日本はどのようにして日中戦争を起こし」という冒頭の発問の後で、この文章を読んだ中学生たちは、当然、すべて日本軍の仕業だと解してしまうでしょう。天才的なテクニックです。

 そしてその答え、つまり真実が『日中戦争 真逆の真相』にきちんと書かれている、と紹介してはります。そして「南京虐殺」にも触れてはります。

 50ページほどのわずか1章で、こうした簡明な史実を豊富に引用して、「南京大虐殺」などなかった、という真相を語らせています。一般読者が「南京大虐殺」の真相を知りたいと思ったら、この1章だけで十分でしょう。

 しつこくプロパガンダを繰り返すアホな国が、弱くて取るに足りない国ならいざ知らず、今や「中国」は、日本自らの手でモンスター国家に育ててしもたというわけです。伊勢さんの最後のところもコピペさせて貰いましょう。

 今後、このモンスター国家にいかに対処するか、冷静に考えるためにも「日中戦争は日本が起こした」というマインド・コントロールから脱しなければなりません。そのためにも、史実抜きで「日本が日中戦争を起こし」と中学生たちに刷り込む東書のような教科書ではなく、茂木氏の著書で『日中戦争 真逆の真相』を学んでいただくことをお勧めします。

 そうですね。今や「中国」は「モンスター」なんやと認識しましょう。ネットではめっちゃ出回っているこの画像を貼り付けておきましょう。

 今日のYouTubeは「高市早苗さん応援。大阪で2千人。パンデミック反対も。日本人は気付いて来たで。」。

 首相になっても靖国参拝をする、と堂々と言うてはる高市早苗さんを、早う総理大臣にしましょう。

【文中リンク先URL】
https://ichi-nagoyajin.hatenablog.com/entry/20151014/p3
https://www.mag2.com/m/0001689840
http://jog-memo.seesaa.net/article/502992748.html
https://youtu.be/9xsqnzbe1mw

人気ブログランキング
人気ブログランキング

↑ ウソは放っておいたらあかんのやと思う人はポチっとお願いします。

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply