普通に真面目な日本人が安倍首相を嫌う?

頷く小
 日本のマスゴミは何とか安倍首相のことを悪く言おうとするから、特にテレビではあんまり出て来やへんようですが、昨日のG7サミットでは安倍ちゃんはほとんど真ん中にいて、会議が紛糾した場面では仲裁役となって議論を主導したと産経ニュースには出ていますね。このややこしい時代に、日本の首相はホンマに安倍ちゃんでよかったと思いますね。あの暗黒の民主党政権のときやったら、日本の首相なんてもう存在感なし、でしょうね。

 そしてついに6/12がやってきますね。今朝、平壌から計3機の飛行機が出発した、と。1機は北朝鮮の輸送機で、午前12時35分にシンガポールのにチャンギ国際空港に到着。地上移動用のベンツや、移動式トイレを搭載してきたと。有名な話みたいですが、トイレは排出物の状態から健康状態に関する情報が外部に漏れないようにするためやそうです。何か臭い話やなあ(笑)。

 で、2機目は中国国際航空の旅客機ボーイング747、3機目が、前に大連に大慌てで習近平に会いに行ったときに乗ったと言われる前からある金正恩の専用機、旧ソ連のリューシン62型やったそうです。本人は2機目のボーイングに乗ってたそうです。そりゃー飛行機が落ちても怖いし、テロも警戒せなあかんし、本国はもう留守やねんから、いつクーデターが起こるか、もうドキドキバクバクやろね。

 で、話は戻って、G7でも北朝鮮の拉致問題をしっかり提起して議題にし、日本人のために日夜頑張ってる安倍首相のことを嫌ってる普通の日本人がいまだにけっこういてはります。私にはそれが不思議でなりません。もちろん、マスゴミの「報道しない自由」で、肝心の情報は絶対伏せて、ただひたすら「疑惑は深まった」としか言わへんかったらそうなるんやろうけど、それにしても、ですね。

 私は4~5年前に覚醒するまでは、そもそも政治に興味がなかったし、自民党なんて自分らへの利益誘導ばっかりしてる時代遅れの政党や、ぐらいにしか思うてなかったです。まあ今でも半分ぐらいは当たってるんやろうけど、政治は地元への利益誘導、それはむしろ逆に当たり前の話やともいえる、と最近は知りました。そうやってみんながきちんと話し合って、それぞれの地域が国という全体の中でバランス良く発展していったらええんやと、、、、。まあ理想論ですけどね。

 普通の日本人でありながら安倍ちゃんが嫌いな人というのは「地元」という概念がない人なんやろか?昔は私も「日本国民」やなくて「地球市民」の方が何かカッコ良さげでかしこそうに思えた時期もあったなあ。そういう、コスモポリタン的な、理想的な世界平和主義的なユートピアを夢見る人が、安倍ちゃんを嫌うんやろか?高学歴で知的レベルの高い仕事をしていて、対人関係も普通に丁寧で、真面目できっちりしてる人でも、安倍ちゃんが大嫌いという人が、じっさいに私のまわりにもいてはるんです。今日は中途半端な話になりましたが、このテーマはこれからも考えていきたいと思います。


ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply