日本国憲法の3つの柱

私は中高生時代はけっこう本も読んでて、科目では社会が好きやってん。せやから日本国憲法の3つの柱はいまだに言えるで。「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」や。日本が戦争に負けたおかげで、こんな立派な有難い憲法を持つことができたんやと、ちょっと前まではホンマにそう思てたなあ。あー情けない。

この日本国憲法、やっぱりたった1週間で作っただけあって、9条に限らずおかしなところがいっぱいあるけど、つい最近までそんなことを言うのは右翼かテロリスト、みたいな感じやったなあ。
私が何かおかしい!と思い始めていろいろ勉強してきた中でこの憲法の問題は、今では「突っ込みどころ満載」なのがよくわかります。

まあネットではなんぼでも出てきますから、私から今日は1つだけ上げます。

日本国憲法から:
「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」

「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。」

「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」

「強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。」

・・・どうですか?まあ別に悪いことは言うてへんけど、ここらへん、日本人にとってはめっちゃ違和感があると思わへん?ある時気が付いてん。それはな、欧米人には奴隷制があったけど、日本には昔からそんなんありませんでしたから、ということや。

戦前の日本は暗黒の時代やった、ということにしたかったアメリカ人が、まるで解放者のように振舞ってこの憲法を起草したということやね。日本に来た若いアメリカ人たちが鼻を膨らませ、理想に燃えて過去の名文をコピペしてたんやろうなと思うと、プッてなるわ(笑)

話は飛ぶけど子供の頃、西洋料理のマナーを習ったときにナイフやフォークを落としたら自分で拾ったらあかん、というのがあったけど、それも奴隷制、身分制があったからなんとちゃう?日本は昔から「職業に貴賎なし」の国、国全体が大きな家族みたいなもんやったからね。
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply