いまだに「東條英機はA級戦犯」と言うてる愚か者へ。ちゃんと勉強しいや。

指差し小
 毎日書いてるように、5年以上前の私はホンマに残念なアホでした。あ、今でもそうかも知れませんけど(笑)少しはましになったかな、と。恥を忍んで無知やったころのことを毎日のように書き続けています。さて今日は、たまたまツイッターで出ていた話題に触発されて、ふと思い出したこと。東條英機はヒットラーと並ぶ極悪人、とホンマに思てたことです。

 東條英機さんは大東亜戦争時、米英に宣戦布告した時の総理大臣ですね。東京裁判では「A級戦犯」として「処刑」されました。ドイツはヒットラー、イタリアはムッソリーニ、この3人が当時の世界の三極悪人、みたいな感じで教えられたように思います。枢軸国側、第二次世界大戦で負けた側ですね。

 今に至るも多くの日本人に刷り込まれている大きな誤解がここには2つあると思います。「A級戦犯」ですね。そもそも東京裁判自体がインチキ裁判なんで、論じる前提はちゃんとせなあきませんけど、とりあえずイメージで話すと、「A」と言うのは最上級、つまり一番悪い罪、みたいな意味にとられていますね。でもこれは単純に「あいう」の「あ」でも「いろは」の「い」でもよかった、単なる罪の種別を表す記号やったんですね(a.平和に対する罪、b.(通例の)戦争犯罪、c.人道に対する罪)。

 その誤解をそのまま今に至るも引きずってる、と。もう一つ良く知られていないことは、日本には「戦犯」はもういない、ということです。そもそも戦後すぐの昭和27(1952)年、サンフランシスコ講和条約により独立を回復してすぐに、全国で戦犯赦免運動が広がり、日本人の人口が7000万人やった時代に何と署名が4000万人も集まったんやそうです。

 そして翌昭和28(1953)年に衆院で「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」が、共産党、社会党も含む全会一致で採択された、つまり日本には「戦犯」はいなくなったんです。「刑死」した人たちは「公務死」とされ、恩給もちゃんと支給されることになったんですね。いまだに「東條英機は戦犯」なんて言うてる人は、はっきりゆうて名誉棄損で訴えられてもおかしくないと思いますね。ただ、残念なエピソードがあります。

 つい3~4年前のことですが、私が仕事で名刺交換したお相手が「東條さん」やったんです。そしたら何と私の同僚が
「ほう、東條さんですか、お名前で苦労されたんとちゃいますか?」と言うたんです。
お相手は
「いや、まあ今はもうあんまり言われませんけどねえ。あ、あの東條さんとは親戚でも何でもないですよ」。
 私はその頃はもう「覚醒」してましたから、腰を抜かしそうでした。そのお相手は正しい歴史を知ってはるんかどうかはわかりませんが、ホンマに失礼なことを言うた同僚でした。

 GHQは死刑執行後、埋葬を禁止し、遺骨を太平洋に「投棄」しようとしたそうですが、関係者が遺骨の一部をこっそり残していて、熱海市伊豆山の興亜観音にしばらく隠されていたそうです。後に現在の愛知県西尾市の三ヶ根山(さんがねさん)の山頂に殉国七士廟が造営され、そこに遺骨が祀られているということです。七士とは言うまでもなく、東京裁判で「刑死」された人たちのことです。

 その後もこの七士廟が過激派によって爆破されたり、「『A級戦犯合祀』問題」が出てきたりと、いっぱいややこしいことが続くんですが、それはまたの機会に。


人気ブログランキング

ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 4

There are no comments yet.

吹雪  

欧米人の罪と罰

>東條英機さんは大東亜戦争時、米英に宣戦布告した時の総理大臣ですね。

この短い文章の中に、ナニワの激オコおばちゃんさんが覚醒され、史実を確認し、非常に注意深く言葉を選ばれて書かれていることが判りますね。

まずは「大東亜戦争」という呼称。戦後は日中戦争と太平洋戦争という風に別けられてしまいましたが、日中戦争+太平洋戦争=大東亜戦争なんですね。大東亜戦争という呼称は、東条内閣が閣議決定しています。

では、戦後なぜ「大東亜戦争」と呼ばなくなってしまったのか?それはGHQにより使用禁止になったためです。なぜGHQが使用禁止にしたかと言うと、「欧米諸国によるアジアの植民地を解放し、大東亜細亜共栄圏を設立してアジアの自立を目指すという理念と構想を元に始めた戦争」だからですね。

世界中に植民地を作って搾取してきた欧米諸国(連合国)からすれば、非常に厄介なことですね。だから、連合国は判っていたのだと思います。戦争の大儀は日本の方にあるということが。

そして「米英に宣戦布告した」という部分。第二次世界大戦=太平洋戦争と言う風に矮小化して記憶、洗脳されている人には、太平洋戦争って日本と米国が戦争したのに、どうして英国にも宣戦布告したの?と思われることでしょう。

それは、昭和天皇の開戦の詔勅に書いて有りますね。「米英両国は、残存する蒋介石政権を支援し、東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて、東洋を征服する非道な野望をたくましくしている。」日本は日中戦争(日中は、宣戦布告していないから戦争では無いとの考えもあります)している最中、米英が中国国民党軍の蒋介石を支援していることや、ABCD包囲網で日本を経済封鎖していることがベースにあり、開戦に至ったということです。

「A級戦犯」の話は、ナニワの激オコおばちゃんさんのおっしゃる通りですね。非常に判り易く簡潔にまとめられており、何度も自分の頭の中で考えられたんだろうなと感心する文章ですね。

付け加えるなら、このA級戦犯の「平和に対する罪」というものは、戦後に新しく作られた罪です。もっとはっきりと言えば、日本人を裁くために作られた事後法で、これを罪とする場合、法の不遡及の原則に反しますね。ここまでして日本人に罪を着せ、罰しなくてはならない理由とは、欧米人の罪と罰を隠すためですね。

日本人も悪いことをしたのかもしれませんが、欧米人に比べれば可愛いものです。

2018/10/23 (Tue) 08:14

日本国民  

真の覚醒

>日本人を裁くために作られた事後法で、
>これを罪とする場合、法の不遡及の
>原則に反しますね。
>ここまでして日本人に罪を
>着せ、罰しなくてはならない理由とは、
>欧米人の罪と罰を隠すためですね。
その通りなのです。

がしかし、もっと深い処に本当の理由が隠されています。
巷ではこのくだりを口上すると、「陰謀論説」と云う朝鮮人
が常用する「ガセニダぁ、差別ニダ」に共通するのでは、
と推量しかねない文言で一蹴し、ごまかして来ていますね。

共産主義=サタニスト達(ユダヤ金融組織)にとって、
都合の悪い事情を、世界に報せたくない情報、
(中国のチベット・ウイグル人虐殺行為や、
臓器狩りの事と同程度の隠蔽したい情報)
をロシア革命時に日本国に知られたことや、
世界共産化統一に日本のような善なる国民性は、
邪魔な存在でしかないからです。日本国民の愚民化、
自虐史観による洗脳、朝鮮民族による中枢の汚染支配
による混乱と分断計画をユダヤGHQが仕掛けて来て
いたのです。

米中で目論んだオレンジ計画による日本国弱体化、
破壊は、寸での処トランプ大統領誕生によって、
風向きが変わろうとしています。
ですから、必死の攻撃を仕掛けて来て。毎日驚きの情報で
溢れかえっています。

世界中(除く日本)はトランプが闘いを挑んでいる問題の
真髄(正体)に気付いてきています。
日本では「陰謀論」扱いで保守論者に紛れ込んだ工作員に
否定的見解を流布されて、誤魔化されていますね。

彼らにとって、米国をすべて手中にできる一歩手前でした。
ヒラリー・クリトンが選出されていたら、日本も日本国と
しての終焉を迎えていたかもしれません。

「天動説」を信じ込まされた人々に、
「地動説」を必死に唱えるガリレオ・ガリレイ氏の遭遇した
困難さが理解できそうです。

2018/10/23 (Tue) 14:22
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 欧米人の罪と罰

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
いつも的確な補足をいただき、とても助かります。

> もっとはっきりと言えば、日本人を裁くために作られた事後法で、これを罪とする場合、法の不遡及の原則に反しますね。
・・・・・この「事後法」の件一つとっても、「インチキ裁判」と言えますよね。

2018/10/23 (Tue) 16:01
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 真の覚醒

日本国民 さん、コメントありがとうございます。

> ヒラリー・クリトンが選出されていたら、日本も日本国と
> しての終焉を迎えていたかもしれません。
・・・・・いやあ、これは私もそう思いますね。ホンマに恐ろしいことでしたね。いや、まだ反撃が続いてますけどね。

2018/10/23 (Tue) 16:03

Leave a reply