日本国民の敵、犯罪集団、朝日新聞。え?言い過ぎ?早よ潰さなあかんな。

頷く小


 私みたいにええ年して「覚醒」した人が口を揃えて言うことは、「朝日新聞て、無茶苦茶やな」ということです(笑)。もちろん表現は人それぞれですが、心の底からの怒りがこもっていることはようわかります。もちろん私も、あの新聞社の過去や現在の「悪事」を知るたびに、考えられる限りの悪罵を投げつけたい気持ちです。自分の中に、こんなにも他者を憎む気持ちが生じるものかと、怖いくらいです。

 本屋に行けば朝日新聞を糾弾する本はいっぱいありますね。そんな中で、最近精力的に活動されてるのが、ケント・ギルバートさんと山岡鉄秀さんですね。お二人は、朝日新聞のいわゆる慰安婦報道に関して、朝日新聞が「誤報」を認めたにもかかわらず、その記事の英語版は海外向けのサイトには掲載せず、日本向けの意味不明なサイトに置き、しかも検索を回避するメタタグを付けていたということを徹底的に追及してはりますね。

 朝日新聞は、日本国内では「慰安婦報道」はしぶしぶ誤報やと認めたけれど、できるだけ海外には知られたくないという意図を持ってることは見え見えです。それを指摘されても直さへんということは、もう犯罪者ですね、こいつら。あ、言葉が汚くなってしまう(泣)。そして今日、山岡鉄秀さんが「日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信」というメルマガで「The Japan Times と朝日新聞」という記事をアップしてはります。

 もともと朝日新聞と一緒になってせっせと日本を貶める記事を発信していた「あの」ジャパンタイムズが、11月30日に、徴用工と慰安婦に関する表記を改めると発表したそうです。

 <過去、ジャパンタイムズは誤解を招く可能性がある表現を用いてきました。第二次世界大戦前と戦中に日本企業に雇用された労働者について、「強制労働」という言葉が使われていました。…略…今後はそれらの労働者を「戦時労働者」と表現することにします。同様に、…略…本日より、「慰安婦」を「自ら望まなかった者も含み、戦時下の娼館で日本兵相手に性行為を提供していた女性達」
と表現することにします。(原文は英語、山岡さん訳)>

 山岡さんはこれを、微妙なニュアンスも残ってはいるが、ジャパンタイムズの勇気を高く評価したい、と書いてはります。このことは既にケントさんがSNSに上げたそうですが、「物凄い反響」やったそうです。そして山岡さんはケントさんと連名で朝日新聞に対して、あんたらも表記を変更する気はないんか?と文書で聞いたそうです。まあその答えはリンク先で見てくれはったらええと思いますけど、案の定、変更する気は無さそうです。

 というわけでこの「forced to provide sex to Japanese soldiers」はまだ残ったままです。事実ではないことを指摘されても訂正しないこの新聞社。やっぱりこいつらは犯罪集団と言うてもええと思いますね。え?言い過ぎですか?無茶苦茶なんはあんたら朝日新聞やんか。
 もしまだ気いついてへん日本国民がおったら、みんなで知らせていきましょうね。ホンマに私が生きてる間に潰してしまいたいわ、こんな新聞社。


人気ブログランキング

ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 15

There are no comments yet.

吹雪  

社旗が泣いている

>あの新聞社の過去や現在の「悪事」を知るたびに、考えられる限りの悪罵を投げつけたい気持ちです。自分の中に、こんなにも他者を憎む気持ちが生じるものかと、怖いくらいです。

私もおばちゃんさんと同じ気持ちですので大丈夫ですw

NHKもそうなんですが、何故朝日新聞はこうまで反日なんでしょう?青山繁晴さんはその理由をこう語っています。

「つまり戦争前は日本政府と組んで大衆を煽っていたマスコミは戦後、国民から非難される立場になると責任逃れのために日本政府を一方的に悪者にした。自らも加害者だったのにあっさりと手を組んでいた仲間を裏切ったのだ。」

「新聞社にとっては戦争を煽ることで販売部数を大幅に伸ばすことができるという旨みもあった。仲間割れを起こして以来、マスコミは日本政府に反抗的でずっと反日。そして安倍総理が憲法改正を目指すとなると「日本は戦争をする国になるのか!?」と大げさに騒ぎ立てる。方向性が180度変わっただけで、やっていることは過去と同じ。基本的に部数を伸ばすために大衆を煽るという手法だ。」

私は、ベースとして、朝日、NHKは軍部と一緒になって戦争を煽った責任を国民から追及されるかもしれないという恐れがあって、そこに反日勢力が付け込んで、より反日色が強くなっているんだと思います。

戦後70年が経過しても、基本的に反日だということは、反日することで国民から評価(戦争責任の追及から逃れられる)されたり、発行部数が伸びてビジネスとして旨みがあるのでしょう。そうでもなければ3世代もこの状況が続く訳がありません。

これが判れば対処は簡単ですね。国民一人一人が覚醒し、朝日、NHKの偏向報道に対して冷静に批判すれば良いだけです。そのためには、おばちゃんさんのように難しいことを分かり易く解説されるブロガーさんの存在が鍵ですね。

>山岡さんはこれを、微妙なニュアンスも残ってはいるが、ジャパンタイムズの勇気を高く評価したい、と書いてはります。

私は、このサイトでジャパンタイムズの英断を知りました。↓
https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12424512231.html

吉田玲滋なる反日記者がひとり(?)でせっせと反日活動していた模様です。1970年生まれ、1993年神戸市外国語大学英米科卒業、同年ジャパンタイムズに英文記者として入社だそうです。

奥さんが香港出身の中華系らしく、どこかの時点で中共に工作されてしまったのかもしれませんね。↓
https://www.fellow-academy.com/fellow/pages/anniversary/40word/11.jsp

「奥さんは政治外交に全く関心がない人なので、そういう意味での直接的な影響は全然ない。私の中国語・広東語も今だに初級者レベルだ。」

↑わざわざ自分で言い訳されているので、怪しさが募りますねw

>もしまだ気いついてへん日本国民がおったら、みんなで知らせていきましょうね。ホンマに私が生きてる間に潰してしまいたいわ、こんな新聞社。

大阪発祥の朝日新聞。登記上はいまだに大阪が本社です。「朝日」の名は、「旭日昇天、万象惟明」の義から太陽の如く偏照のない公明正大さを表徴しているそうですね。社旗が泣いてますね。

2018/12/11 (Tue) 04:38

ナポレオン・ソロ  

朝日新聞の終焉近し!

  ソロです。
>>朝日新聞は何故反日か?
 簡単です、職業左翼にして、国際コミンテルンの宣伝紙だからです。

 戦前、体制べったりだった朝日が、180°方向転換したのは、村山一族・緒方竹虎コンビの経営を、労組が買い取って終った事に起因しますが、この資金を出したのが実はソ連だった、と言う話です。

 謂わば筋金入りの極左なワケですが、何故、そんな新聞が民主主義にして自由圏に居る日本に在るのかと言えば、何故共産党が、戦後73年も経つのに、日本で公党として、その存在を認められているのか? と言う疑問をチョット掘り下げて看れば分ります。

 すると、行きつく処には、ロックフェラーが居る訳です。 彼は、別にユダヤ人ではありませんが、日本には満州共同開拓を、小村全権に一蹴された、祖父のビッグ・ジョン事、ジョン・D・ロックフェラー以来の、日本に対する怨念が有りますからね。 それに、彼には密かに、シナをもっと大きく育てて、米国に代わる国家にしようと言う企みも有った様です。

 彼が、超法規的存在で有った事は、第一安倍政権の時の、慰安婦問題での米下院非難決議~帰国後、マスコミが一斉に(朝日・毎日が主でしたがね)安倍降ろしを始めて、何の御咎めも無く、政権側に松岡農水大臣の自殺者まで出したのに、マスコミ側からは、なんの悼みの言葉も釈明も無い。 是は明らかに、日本人の仕業ではありませんね。

 安倍さんは、体調不良を理由に総理を辞職しましたが、あの時点では、内閣を続けて居ても、マスコミの攻撃は規制できていませんでしたし、味方の筈自民党も沈黙して居ましたからね。 結局、見殺しにされたワケです。 加えて、それを黙って指を銜えて傍観して居たのは、他ならぬ日本国民ですからね。 中には、「体調不良で辞任だと? 根性無しめが」と憤る、自称保守の、戦争にも行った事が無い世代のGGYが、吠えて居たのℋが滑稽でしたがね。

 「国民の声は天の声」と言う事を、安倍さんは信じている様で、確かに、民主主義の議院内閣制なら、選挙結果は国民の声であり、譬え、その原因がマスコミの過剰で違法なネガティブキャンペーンの結果だとしても「時勢」と言う意味では、受け容れざるを得なかったのでしょう。

 然し、12年6月にロックフェラーは、シナ絡みで組織内で失クーデターを起こそうとして居たのが発覚し、失脚して、其の力を失いましたので、安倍さんが復活を果たしたワケです。

 国際コミンテルンのスターリン亡き後、或いは、ブレジネフ亡き後に、朝日は、反日でも別の意図を持ったロックフェラーに擦り寄って、再び、反日活動に勤しんで居たのですが、この失脚に続いて、ロックフェラーが14年3月亡くなって、国際金融資本との縁が切れました。

 然も、ソ連に替わってコミンテルン小指揮を執って居たシナや、病的反日の韓国の経済的衰退に拠って、在日・反日勢力の退潮が明らかになり始めました。

 亦、其れとは全く別次元の紙媒体の情報入手法が、PCの急速な普及と発展に拠って、「紙新聞」自体が恐竜化しつつあります。

 是では朝日新聞は、既に「負け組」確定ぢていますね。 経営の指標となる定期購読者数の発表が、何時もなら、9月の上半期決算報告で上がる筈なのに、上がりませんね。ww

 内容は、殆どの新聞が、壊滅状態にあると言う事は、朝日・毎日・東京新聞主催で開催した4・14の「安倍政権打倒!10万人集会」で、実際に集まったのは、動員をかけた左翼団体の3千人だけで一般人の参加者は≒0だった事で、容易に予想が着きます。 つまり、線分に拠る世論形成力は、既に無くなって居ると考えるべきでしょう。

 然し、新聞業界と言うのは、結構、裾野が広いので、最盛期公称700万部とか言って居た朝日新聞も、1千万部と言って居た読売新聞も、購読者数は、昨年でも実質1/2今年は、1/3若しくは、1/4と急落している事が考えられます。

 是でネガティブな影響を受けているのは、下は、広告の印刷会社から、新聞の配達・販売店、新聞の配送運輸膾炙、新聞の印刷下請け会社ですが、上に成ると、新聞の原料に成る、原料の木材チップや半製品の紙パルプを輸入する商社・海運会社、その紙を新聞の原紙として製造する、製紙会社迄、何せ一日に最盛期には、5千万部有ったのですから、膨大な量で、日本の新聞好きは、世界でもダントツでしたね。 ですから、この急速な凋落~消滅は、日本経済にとっても大きな痛手でしょうね。

 そして海運や商社の原料の買い付け~輸送は、必ず、長期契約を結んでいますので、契約期間内の変更となれば、高額の違約金を支払わねばならない筈です。 亦、契約事ですから、一旦契約を精算したら、再契約は難しい、つまり、新聞の消滅は、確定的だと言う事です。

 既に、多くの失業者が出て居るでしょう。 でも、これも「天の声」だと思うしかない事ですよね。 この期に及んで、各紙も、態々傷口を広げる様な事は、しないでしょう。 所謂、「報道しない自由」の行使ってやつですかねwww 見苦しい事この上もない。

 ですから、私は新聞を読まないダケで無く、情報が新聞ベースのTVも、数例を除いては、殆ど見て居ません。 其れでも全然困りませんね。 ですから、新聞はモゥ不要なんですよ。 

2018/12/11 (Tue) 10:03

えありす  

No title

山岡さん、ケントさん、和田さん(オンザボードの)の一連の動画、ずっと視聴していました。
メタタグの時も。

我々、ブログをやっている人は「プレビュー」から「公開」という手順は日々の事なので理解できています。

「天下」の朝日新聞のデジタル版作成過程にそれがないそうです。(朝日新聞談)。

朝日新聞デジタル版のプログラマーはアホなんですわね。
プレビューという過程を作れなかったのですから。


朝日新聞は潰さなあかん、と思います。

こちらに時々、「朝日新聞購読申し込み往復ハガキ」がポストに入っています。
実家を含めてこのハガキに「潰れてしまえ、朝日新聞。国民の敵」と赤字で大きく書き込んでポストにインします。

配達人さんの目にとまるぐらいでしょうけど、それでも何かしないと気が収まりません。

ジャパンタイムスが慰安婦の「表記」を変えるそうです。
朝日新聞、どうするのでしょう。


2018/12/11 (Tue) 10:57

シャイナーママ  

No title

本当に 朝日新聞無くなってしまえと
真剣に思っています。
我が家は私が中学生の頃 学校の先生が朝日新聞のコラムが高校受験に出るから 購読したほうがいいと授業で言われ 家族に相談して朝日新聞に変えました。今になって思えば恐ろしい洗脳にまんまと嵌ったんだとわかります。
何か変だなと気が付いたのは20年くらい前です。
そして 購読をやめました。
テレビも全く面白くなくなったし不愉快になるのでここ5年くらいほとんど見ていませんでした。
ここへお邪魔するようになって やっぱりねと納得できました。
この輪が広がっていくことを 切に望んでいます。
事後報告になりますが 私のブログ 「トイプードルのシャイナー♪」に リンクさせていただきました。愛犬のブログですが少しでも日本を愛する人に 読んで欲しいとおもったので・・・
日本頑張れ!安倍さん頑張れ!

2018/12/11 (Tue) 12:03

八丈島  

No title

ほんまに朝日のやつら普通の殺人犯人よりずっと罪が重いでっせ。そやけどきのう青山さんの虎どり聞いたけど、入管法改正、青山さんのおかげもあって僕らの望んいるようになりそうでちょっとうれしいですな。

2018/12/11 (Tue) 20:40

ちちんぷい  

さよなら反日メディア

朝日にお灸をすえてやりましょう。消費者には購読しない自由がある。信じない知恵もある。
朝日のお葬式は、日本国民が出す。

2018/12/11 (Tue) 23:14

とら  

ギネス級のクソまみれ新聞社

日本人、朝鮮人とも当時の社会の全体像をよく知る戦前の人々が
少数になる時代を見計らって、朝日新聞が捏造報道キャンペーンを
しかけたのが味噌である。

1940年代に社会中枢にいた40代、50代は
1990年には90歳や100歳になっている。朝日と闘う気概も残ってない。


そもそも歴史教科書に記載すべき事実について。

「地上の楽園」という殺し文句で読者を騙し、
徹底した北朝鮮礼賛報道で帰還を煽り続けたのは
どこの新聞社ですか?

歴史教科書に記載すべきではないですか。

2018/12/12 (Wed) 01:01

とら  

万人抗

万人坑
https://ja.wikipedia.org/wiki/万人坑

まあ、これを読んでください。こんなことをやり抜いた新聞社が今でものうのうと報道をやっているのです。

1943年に日本企業経営の撫順炭坑でコレラが流行しました。炭坑が厳重に防疫したため、死者は10人程度ですみました。田辺敏雄氏などが、当時の日本人関係者に会い、当時の資料を確認して、確かめました。

ところが、本多と朝日新聞は、中国当局が
用意した証人の捏造話を信じ込み、このコレラ事件について、なんと「日本人が数千の中国人を殺害した防疫惨殺事件」として日本全国に報道したのです。
もちろん、当時の日本の関係者に会って検証することなく報道したのです。
ちなみに本多記者は過去にポルポト政権を賞賛したほどの偏向人物でした。

本多記者の有名な「中国の旅」の中に万人坑の話が出てきます。ガイコツが積み重なっている万人坑が中国に存在するのは事実ですが、本多は、万人坑を見て、中国当局の宣伝のまま、日本企業が中国人を使い殺して人捨て場にした場所と大まじめに信じ込み、撫順市では30もの万人坑があり日本経営の撫順炭鉱が30万人も使い殺したと本多が書いて朝日新聞が全国に大々的に報道したのです。

そしてその朝日新聞の情報を現代の中国が歴史教材に使用したのです。

だが、万人坑は日本企業とはまったく関係なく、それは行き倒れの行路死亡者を埋葬した共同墓地だったのです。朝日新聞は当時の事情を知る日本人の抗議を完全に黙殺して、反日キャンペーンを続けました。

朝日は、まちがいなく日本を貶めるのを生きがいとし、日本人が自国の歴史に誇りを
もつことに怒りを感じる一方で、過去の日本を犯罪者におとしめて良心の痛みを日本人が感じるのを眺めて痛快感にひたるという異様な確信犯であり放火魔だった、とうことを現代の日本人の一人でも多くに知ってほしいです。

2018/12/12 (Wed) 01:18

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 社旗が泣いている

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
>吉田玲滋なる反日記者
・・・・・ははーん、こいつなんですね。まあでもジャパンタイムズはそのままやったら笑われるだけですからね。朝日と違うて恥の概念はあるということかな?(笑)。
>社旗が泣いている
・・・・いいですねえ。

2018/12/12 (Wed) 12:44

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 朝日新聞の終焉近し!

ナポレオン・ソロ さん、コメントありがとうございます。
いろいろ勉強になります。
まあ日本国民のほとんどは朝日新聞つぶれろ!と思てると思うんですけど、新聞販売店って、零細企業なんですよね。せやからその人たちはちょっとかわいそうかな、という気はしますね。甘いかな?(笑)。

2018/12/12 (Wed) 12:48

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: No title

えありす さん、コメントありがとうございます。
> 配達人さんの目にとまるぐらいでしょうけど、それでも何かしないと気が収まりません。
・・・・・いやあ、この気持ち、めっちゃわかりますわー(笑)。

2018/12/12 (Wed) 12:49

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: No title

シャイナーママ さん、コメントありがとうございます。
ブログ、少し拝見しましたー。かわいいですね。

2018/12/12 (Wed) 12:52

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: No title

八丈島 さん、コメントありがとうございます。
そうそう、青山さんを批判する人がいますけど、何事も100%思い通りに行くわけないねんから、少しでもまともな方にもっていく、というのは日本人的でいいですね。

2018/12/12 (Wed) 12:54

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: さよなら反日メディア

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
> 朝日のお葬式は、日本国民が出す。
・・・・・いいですねえ(笑)。

2018/12/12 (Wed) 13:17
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 万人抗

とら さん、コメントありがとうございます。
私は本多勝一の「中国の旅」を学生時代にリアルタイムで読みました。
事実を知ってからはホンマにがっかりでしたが、さらに今は怒りが沸々とわいてきますね。

2018/12/12 (Wed) 13:23

Leave a reply