「中華民族」の偉大な復興?そんな民族あったんか?漢民族やったらわかるけど。

走る小


 今日(2月1日)の産経新聞の「正論」に、最近正論メンバーになりはった楊海英さんの記事(「「中国」の形成に正統性はあるか」)が出ていました。私はこのブログではいつも、中華人民共和国のことをカッコ付きで「中国」と書いています。まあそれは意思表示みたいなもんですが、これについては何度か書いたので省略しますね。<「支・那(シナ)」を中国と呼んではいけない!?>他。

 今日の楊さんの記事は、ある意味もっとキツいかも知れませんね。中華人民共和国に正当性はあるんか?みたいな話ですから。
 <「中華人民共和国」と称する中国は今秋10月1日に建国70周年を迎えるため、大規模な閲兵式を目指して祝賀ムードを盛り上げている。習近平国家主席も「中華民族の偉大な復興」を目標に国内諸民族に対する支配を強化し、香港の「成功モデル」を持ち出して「台湾統一」を呼びかけている。>

 と書き出してはります。え?「中華民族」って?という話ですね。
 <日本人アジア主義者の支援を受けた孫文らが満洲人とその同盟者のモンゴル人を追放して、漢民族の民族国家=中華民国を樹立したときから中国は誕生した。それでも第二次大戦の最中まで日本は中華民国を「支那」と呼んでいた。>
 <毛沢東は孫文の後継者たる国民党を台湾に放逐し、中華民国を打倒して中華人民共和国を創設した。中華が国名に冠されている事実は、「漢民族の漢民族による漢民族のための国家」である事実が端的に示されている。>

 ん?ようわからんなあ。そしたら、
 <習氏が唱える「中華民族」という概念はもっと新しく、1988年秋に文化人類学者の費孝通氏が香港で演説したときに持ち出した用語だ。>ところが、
 <しかし、翌年6月4日に天安門広場で銃声が鳴り響き、民主化を求める市民と学生を容赦なく弾圧したので、費氏の政治的言説も空論に終わった。>
 つまり、この費さんという人は、
 <漢民族もモンゴルも、チベットもウイグルも「一致団結して西洋列強や日本帝国主義の侵略に抵抗した」プロセスの中で、「中華民族は形成された」という>風に解釈したいんやそうです。

 まあでもこれは明らかに事実に反しますよね。モンゴル人は、日本が建てた満州国や、モンゴル自治邦などで、当時は自由に活躍してたわけですから。
 チベットにしても、清朝末期には「東トルキスタン共和国」の成立を宣言していた、と。
 <チベット人もウイグル人も漢民族から離れて独自の国家建立を崇高な目標に掲げていたので、「中華民族の結成に貢献」した史実はどこにもない。>

 そして台湾。<「中華民国」と称していても漢民族だけに正統性が帰されたわけではない。>
 さらに香港。<香港人は今や香港民族と名乗り出て、都市国家の建立を目指している。>

 習近平君、あなたの言う「中華民族」は、せいぜい「漢民族」のことですよ。自分勝手に解釈して広げんとってくださいね。それでもまだ、みんなで仲良う暮らすんやったらええけど、「民族浄化」して「臓器移植」はやりまくりやて、そらあかんやろ。


人気ブログランキング

ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 6

There are no comments yet.

日本国民  

壮大な背乗り

漢民族は、もう居ない。
漢民族と云う民族名称に背乗りしている
強盗集団にしか見えませんね。

2019/02/01 (Fri) 23:06

ナポレオン・ソロ  

漢民族というプロパガンダ

 否、漢民族と言う呼称ですら、シナの多様な民族を纏めて
行く上で必要なプロパガンダであると思って居たのに、今度
は新呼称で、中華民族ですか、やれやれ、習て、余りに歴史
を無視し過ぎだと言う他は有りませんね。

 最近の研究に拠れば、シナの山東半島の根っこの部分に有る
「臨シ」と言う土地の、2500年前「=戦国時代」の人骨、2000
年前「=漢代」そして現代の人骨からDNAを採集して、調べた処、
戦国時代のモノからは、何と、コーカソイド種の青人「=アーリア
人やエジプト人」と同じDNAが傑出されましたが、漢代のモノ
からは中央アジアの遊牧民と同じDNAが、つまり、現代人の骨とは、
全く別種の民族である事がw駆って終いました。w 
ダカラ、「中華民族の伝統の4千年」とか言う事は全て嘘っ八だと
言う事ですね。 

 其れは、現実でも、14~15億人居るシナ人なのに、70年間
でたった7人しかいない、国家主席の裡半分以上の4人の姓が、
蛮族を表す毛(華)「=親子」、胡「=2人居る」なのですから、
非漢族である事は明白です。 其れに、文化的に言っても連綿と
続いて居た文芸や絵画、書に拠る文明発信力は、趙宋「=13世紀
に元に滅ぼされた王朝」までで途絶え、更に、明代に工芸や史書
に関するモラルも失われた様です。

 固より、非定住の遊牧民には、文化創造力も、発信力も持ち合わ
せて居ないので出来るのは、滅ぼした国から継承した文物を守る事
だけですが、遊牧民に拠る征服が戦国時代より前と言う話に成って
終うと、一体、漢字を創り、色々な文物を想像したのは誰かと言う
事に成りますが、其れは、1万6千5百年ごろにすでに陸稲を栽培して
いた可能性がある長江文明であり、真のシナ文明の祖と言えるもの
です。

 然し、共産シナは、前世紀80年代に発見された、この文明の存在を
或る一時期以降、公式に認めなくなりました。それは遺跡から出て来た
万余の竹簡「=竹を割って削ったもので、記録用のモノ」に書かれて
居た文字が、漢字と同じ表意文字なのに、明らかに漢字では無かったので、
その解読に私の様な歴史ファンは、胸を躍らせながら、解読結果を待って
居たのですが、終に、発表される事は、今日に至るまでありません。

 明らかに、共産シナに取って長江文明の存在以上に、都合が悪いが書
いてあったのでしょうね。 然し、習がこの報告を知らぬ筈が無いので、
漢民族と言うプロパガンダが既に賞味期限切れで有ると判断して、中華
民族と言う、新たなプロパガンダに置き換えようと言う心算なのかも
しれませんね。

 まぁ、酷い話ですが、日本以外の国の歴史なんて、嘘っ八だらけか、
非常識なものばかりですから、別に驚くに値しませんがね。

2019/02/02 (Sat) 14:00

ちちんぷい  

呼称の変更は、侵略の合図?

そうですね、シナの王権勢力は、かすかな事実を拡大して歴史を創作するわけですが、前提のひとつが「民族」なんでしょうね。自分たちの正当性に知恵を絞るところです。神から与えられた使命だったとか。祖先の神がかったエピソードが出てくるのでしょう。
古代のシナ王朝は異民族だらけです。言葉は通じていたのかな。
三国志の呉の孫権は青い目をしていたとかも、誇張表現かも知れませんが、西方の血が入っていた可能性もあります。

シナ人が自称名を創作するのは、利権勢力をまとめて正当化するくくりに過ぎず、道具でしかありません。「ユダヤ人」というくくりが、必ずしも古代中東から連綿と続く血筋ではないことと似ています。

呼称の変更が、政治経済の「プロパガンダ」であるというのは正確な表現でしょう。
遊牧民は、ざっくり言って、移動することでユーラシア大陸全体に影響を与えてきました。
太古の長江文明や四川の文明も、北方や西方から侵略してきた遊牧民に駆逐されたのですね。文明を横取りされたのです。龍を神聖視するのは、シナ古代の「異民族」の文化とかで、担い手の主役の民族は、水辺を生活圏としていて、侵略民族に南方や東方に追いやられたのですね。それを追いかけて、東南アジアでも「華人」が移住して支配層として君臨します。
そこから敷衍すれば、シナ人の日本への流入は、非常に危険な事態と言えます。

2019/02/02 (Sat) 15:25
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 壮大な背乗り

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
あはは、もう国自体が背乗りですか(笑)。

2019/02/03 (Sun) 16:14
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 漢民族というプロパガンダ

ナポレオン・ソロ さん、コメントありがとうございます。
またまた深い話をありがとうございます。
なるほど、「漢民族」自体が根拠不明になりそうやからつぎは架空の「中華民族」を持ち出したというわけですね。
まあどうでもええけど、他人にエラそうにするのはやめてほしいですね(笑)。

2019/02/03 (Sun) 16:19
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 呼称の変更は、侵略の合図?

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
> シナ人の日本への流入は、非常に危険な事態と言えます。
・・・・・今、私らが注意せなあかんのはまさにここですね。

2019/02/03 (Sun) 16:21

Leave a reply