アイヌは先住民族とちゃう。後から入って来たのも日本人にしたんや。ニセ者は入れたらあかん。

自転車小


 とてもレベルの高い、このブログの読者さんのおかげで前に書いたアイヌのこと(「実は誰でも「アイヌ人」になれるらしいで。そんなアホな。いやいや、ちゃんと注目!」)については、だいぶ勉強できました。この時のコメント欄を見れば(笑)ほとんど網羅されてるようにも思いますが、今日の宮崎正弘さんのメルマガの「読者の声」欄でも、わかりやすい話が出てたので「ちゃんと注目!」と書いたからには、ちゃんと続報を上げることにします。

 當田晋也さんという人の投稿ですが、話の入り口は「縄文」の話でした。
 <縄文中期の遺跡が北海道で見つかっていますが、同時代のアイヌ人の遺跡は見つかっていません。縄文後期は世界的な気候変動で北海道に人間が住むことが困難になりました。それ以降の最古の北海道移住民の記録は9世紀で、和人が入植したものです。>
 <アイヌ人の遺跡で見つかる最古のものは14世紀のものです。つまり、アイヌ人は、14世紀になって北方領土や既に和人が住んでいた北海道に移民してきました。北海道には既に日本人が住んでいたので、北海道に渡ってきたアイヌ人は不法移民であり、先住者の和人は彼ら不法移民を平和裏に受け入れて共生・共存したということです。>

 そして明治政府はちゃんと土地まで与えて、保護もしたんやそうです。なあんや、100年以上前にはちゃんと片付いてた問題やんか。何を今さら、な話なんですね。上にあげた先日の、このブログのコメントでもナポレオン・ソロさんが、
 <原住日本人の文化の保護、と言う歴史に対するリスペクトで十分だと思いますね。>
 <この問題の根っこには、抑々日本人とは、如何なる歴史的経緯を辿って出来上がったモノを言うのか、と言う確立した視点が無ければ、キリが無い話です>
 と書いてくれてはります。

 今回閣議決定されたという法案の問題点は、皆さんが言うように、アイヌを北海道の「先住民族」と書いてしもてることですね。これはもう事実に反するわけですね。まあたしかに法案を見ると、個人に何がしかの補助金を与える、とかではないのですが、結局何やかんやで、へんてこりんな運用をされて怪しげな組織にカネが渡っていく可能性もあるわけですから、やっぱり反対せなあかんのとちゃいますか?

 また一方で、同じく先日のコメント欄に吹雪さんが、プーチン大統領がアイヌについて言及したことに触れ、菅官房長官がすかさずそれを牽制してはった事を紹介してくれてはりました。サヨクの姑息な動きを逆に利用して、国益につながる動きをしている安倍ちゃん、やっぱり策士やなあ。あ、これは単なる推測ですからね(笑)。ちゃんと警戒はせなあかんとは思いますよ。
 念のために内閣官房のページをリンクしときます(「第198回 通常国会」)。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 16

There are no comments yet.

日本国民  

アイヌの人たちの北海道居住に至るまでの経緯に関して
論議もなく「先住民」として法案を提出したことを是正する
事が可能か否かは即座にはわかりかねますが、官邸としては
何等か早急事前に手を付けておかねばならない諸事情あって
の法案ではないのでしょうか。(プーチンさんの言質、中国
人土地買収問題、在日問題も含めてですが。)

アイヌ政策推進本部本部長は菅官房長官です。本部には
他に二名を配し、国務意長官である必要があるとの事
ですね。
アイヌに関する指定法人はひとつと定めており、規定に
反した場合は指定法人格をはく奪し、その法人に
係る財産は新しい指定法人に帰属するという処に着目
しました。

そして何よりもなにがしかに付け、内閣総理大臣に、
内閣総理大臣に・・・・と記されている処も着目しました。
国のトップの監督下にあるという処を反復強調しているのも
一興。
確かにいろんな諸事情を肌で感じて、危惧されている方が
いらっしゃる事と、「民族共生」、「原住民」との記述に
おける内容に懸念と事実誤認があると仰る意味はよく分か
りますし、その通りだとも思います。

安倍首相が、得意とする、仕掛けとも云う隠し玉が見え隠れ
している様にも感じられるのは、私だけでしょうか。

慰安婦の合意問題、入管法改正問題も保守層などに大いに
物議を醸す騒動を勃発させましたが、如何でしょう安倍首相
の敏腕策士振りを再確認したというオチになってませんか??

2019/02/22 (Fri) 20:52

日本国民  

訂正です。

×国務意長官 ☚何これ?
〇国務大臣

2019/02/22 (Fri) 20:55

愛信  

【技能実習生ら12人逮捕、入管法違反容疑 熊本で】

【熊本で外国人労働者急増 地震後、人手不足も】
熊本県警は19日、入管難民法違反(資格外活動や不法残留)の疑いで、同県菊池市の
製造工場で働くベトナム国籍の技能実習生ら12人を逮捕した。
逮捕されたのは、菊池市泗水町永のチン・ヴァン・ズン容疑者(25)らで、11人が技能実習、
1人が留学の資格で来日していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010004-nishinpc-soci

是非とも全文読んで見て下さいませ
まぁ、酷い事に成っております

【参考情報】
【集団通報 第1会議室の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kgs/kgs1.cgi

詳細は
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現のコメントを参照願います

 日本では支那朝鮮に支配されている反日売国テレビ局・マスコミが真相を報道しない
自由を行使している為に多くの国民に本当の話が伝わっていません。
 毎日何の役にも立たないニュース、痴話を繰り返して日本の視聴者を愚弄しているテレビ
局・マスコミの正体を見抜きましょう。
 アホな日本人は未だ騙せると考えて嘘も100回言えば本当に成ると信じて息を吐く様
に嘘を吐くテレビ局・マスコミの論評を鵜呑みにしないで自分の目と自分の耳で確認して
自分のの頭で判断しましょう。 そして、報道の内容に付いて何か疑問点があったら、番組
を提供している会社(スポンサー)の広報担当係りに直接問い合わせをして、必ず後日に
回答を頂く様にしましょう。
 スポンサー会社の責任に於いて納得の行くご返事がもらえる事でしょう。
テレビ局・マスコミに問い合わせても、アホな日本人からの問い合わせは握りつぶされて
何の効果も有りません。


詳細は
【出逢いの街の掲示板】
【技能実習生ら12人逮捕、入管法違反容疑 熊本で】をカチッとね!
http://www.aixin.jp/gktj/ski/ski.cgi

愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12442086312.html

2019/02/22 (Fri) 22:20

ちちんぷい  

マインリティにもいろいろ

<アイヌ人の遺跡で見つかる最古のものは14世紀のものです。つまり、アイヌ人は、14世紀になって北方領土や既に和人が住んでいた北海道に移民してきました。

 この考古的な物証には脱力するしかありません。いったい、何を根拠に先住民と思い込んだのか。実証的でもなく、合理的でもない。

 ひとつには、マイノリティは必ず被抑圧者に違いないという、世界のまちがった常識の刷り込みがあると思います。世界には、可哀そうな救うべきマイノリティもいるし、そうでないマイノリティもいる。
 
 詐欺師は、先入観や思い込みに付け込む。刷り込みの被害者=日本。
 日本ほどマイノリティにやさしい国はありませんね。それに付け込む赤い詐欺師ども。

 この法案が、公式を逆用して、偽物のあぶり出しツールになりますように。

2019/02/22 (Fri) 22:41

ナポレオン・ソロ  

3万年の日本列島の原住民は、多様でしょう。

 私は日本列島は、大陸島の東の端から分離して出来た火山で形成
された列島と言う、地理的な成り立ちから言って、日の出る方向に
向かって進めば、辿り着く場所ですから、亦、北赤道海流が分流し
て、大陸島沿岸に沿って北上する黒潮の最終到達点ですから、南の
東南アジアを形成する島嶼部が氷期の間、陸地だった「=スンダ・
ランド」で有ったが、約5万年から1万年かけて発達した文明は、
一説ではムー大陸となって、インダスやメソポタミア、長江文明、
或いは、遠く、南米の8千年前の古代文明の基礎になった文明と
して比定されています。

 現在東南アジアに棲んで居る人達とのDVAが一致しないので、
日本人の東南アジア混血説は否定されて居ますが、其れはDNA
絶対主義に捕らわれて居るとしか言い様が無い、3万年前に東南
アジアに棲んで居た人が今でも棲んで居ると言う確証が無い以上
は、否定出来る話では無い、現に約2~3万年前のシナの柳江人
と琉球の湊川人とは粗同じ人種である事が確かめられています。
DNA解析法は、有力な検証法の一つではあるが、絶対では無い。

 是と同じ事が、アイヌにも言えたんだと思います。 科学的とは
云いつつも思い込みだけでアイヌを先住民だとして居ますが、では
純粋なアイヌ人と日本人のDNAはしたのか、そしてアイヌは何時頃
何処から日本列島に辿り着いたのか、と言う学問的な疑問に答えら
れるダケの調査をして居るのか、と言う疑問が有りましたね。

 私は、現在知られている列島に棲んで居た民族で、先住民族と言
えるのは、蝦夷族が最古だと思います。 そして、その蝦夷族は、
古く神武の昔に、近畿地方を支配して居た長脛彦を破り、東北地方
に追いやって、更に、9~10世紀に行われた蝦夷討伐で帰順させて
からは、蝦夷族も日本人と言う扱いになって居ます。

 然し、9世紀以前に大陸から海流と風に乗ってやって来た民族は、
少数民族となって列島に遺ったが、少数故に血を繋げなかった可能
性は有ります。 例えば沿海州にある巨大な淡水湖のハンカ湖を根
城とするツングース系の人々ですが、その血の名残が肌の白さや風
貌に現れて居る人を、東北人の中に時々見かけます。

 然し、偽書だと言われて居ますが、津輕外三郡誌を読むと、実在
のアテルイや安倍貞任と、或いは、清原氏と言った、蝦夷族の首領
の話まで乗って居るのですから、其処が偽書なのかはそりませんが、
私は、古文献として読んで居ますが、其処には、アイヌの事が全く
書いて居ないのです。 つまり、謎の民族となって居ました。

 然し、大正~昭和期に活躍した、民族学者の柳田国男さんの、アイ
ヌ研究で、アイヌ語の解析が行われましたが、是も、アイヌの出自を
確定するに至って居ません。

 ですが、此の度、14世紀に渡来したと言う記述が有ったのですが、
14世紀の東北と言えば、安東氏が十三湊を基点にした大陸との金を
使った交易で、勢力を伸ばして居ましたが、津軽半島に有る十三湊が
北海道沖地震で発生した大津波で、全滅してその火が消えて居ます、
すると、隆盛だった安東氏が突如滅んだ後を狙って大陸から移住して
来た民族が居たかもしれませんね。

2019/02/23 (Sat) 06:29

吹雪  

チーム安倍は今日も死角無し

>今回閣議決定されたという法案の問題点は、皆さんが言うように、アイヌを北海道の「先住民族」と書いてしもてることですね。これはもう事実に反するわけですね。まあたしかに法案を見ると、個人に何がしかの補助金を与える、とかではないのですが、結局何やかんやで、へんてこりんな運用をされて怪しげな組織にカネが渡っていく可能性もあるわけですから、やっぱり反対せなあかんのとちゃいますか?

アイヌが北海道の先住民族かどうかという点は、専門家による歴史学、考古学、民俗学的見地からの見解を待つとして、私はアイヌ新新法?について解説してみたいと思います。

まず、おばちゃんさんが紹介されたアイヌ新法は、「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律案」というものです。私は勘違いしていましたが、本当に新しく一から法律を作ったようですね。

私はてっきり今までアイヌ新法と呼ばれていた「アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律」を一部改正するのだと思っていました。しかし、こちらの法律は廃止するようです。

従いまして、今回のアイヌ新法は、法律改正ではなく、今までの法律を廃止し新しい法律に作り変えるというものです。ではなぜ、法律改正ではなく新法制定なのでしょうか?旧法に問題があったのですかね?

私は、アイヌ政策には全く精通していませんので、単純にアイヌ旧法(アイヌ文化の~普及及び啓発に関する法律)とアイヌ新法(アイヌの人々の~施策の推進に関する法律案)を読み比べてみました。読み比べてみると、二つの法案の骨子に大きな違いがあることが判りました。

アイヌ旧法
第五条 国土交通大臣及び文部科学大臣は、アイヌ文化の振興等を図るための施策に関する基本方針(以下「基本方針」という。)を定めなければならない。

アイヌ新法
第七条 政府は、アイヌ施策の総合的かつ効果的な推進を図るための基本的な方針(以下「基本方針」という。)を定めなければならない。


アイヌに関する法律で一番重要な、基本方針を誰が定めるのか?という点が、旧法、新法で決定的に違います。旧法では国交省と文科省が定めるとあり、新法では政府が定めるとあります。

私は、アイヌ政策の現状を全く知りませんが、旧法は国交省と文科省がバラバラに基本方針を定め、バラバラに予算化し、無駄金をばら撒いてそうな臭いがプンプンしますねw ははは、だから旧法廃止して新法定めたんじゃないですかね?

ちなみに新法では、内閣にアイヌ政策推進本部が設置されます。
第三十二条 アイヌ施策を総合的かつ効果的に推進するため、内閣に、アイヌ政策推進本部(以下「本部」という。)を置く。


この推進本部の構成メンバーは閣僚級会議と同じ体制ですね。

アイヌ政策推進本部長  内閣官房長官
アイヌ政策推進副本部長 国務大臣
本部員         法務大臣
            外務大臣
            文部科学大臣
            厚生労働大臣
            農林水産大臣
            経済産業大臣
            国土交通大臣
            環境大臣

内閣総理大臣、財務大臣、防衛大臣、総務大臣以外全て入っています。

そして、このアイヌ新法は「罰則規定」や「内閣総理大臣がアイヌ認定の取り消しができる」や「政府は、情勢の推移により必要が生じたときは、基本方針を変更しなければならない。」など、後々問題が発生しても法律改正しないと対応できない!という失態にならないよう仕掛けが一杯のように感じますね。

流石、菅内閣官房長官と言ったところでしょうか。チーム安倍は今日も死角無しだと思います。

2019/02/23 (Sat) 10:07

ちちんぷい  

臭う!臭い過ぎる!

>旧法は国交省と文科省がバラバラに基本方針を定め、バラバラに予算化し、無駄金をばら撒いてそうな臭いがプンプンしますねw ははは、

 臭いますね。激臭です。
 私の中では確実に事実で、省益になっていて予算分捕り合戦のネタのひとつにされてきたに違いないです。もちろん、関係省庁の天下り先やら関係企業・団体との癒着さえ洗わねばなりません。
 市町村の関係部署はどーかなあ。

 かつて、民主はマスゴミとグルになって有権者を騙して政権をとったとき、政府主導の政治などとうたって、行政の腐敗を質すかのようなイメージを作りました。が、実際には、なーんもできませんでした。それどころか、目つきの悪い蓮舫のセリフに象徴されるように、財務省主導の予算配分を、さらに歪めただけでした。
 今回のアイヌ新法のような見直しが(本当に好意的解釈が可能ならば)、歪んだ特定省庁の恣意的な行政を質すことにつながるといいですね。本丸は財務省だ。

2019/02/23 (Sat) 11:48
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 臭う!臭い過ぎる!

日本国民 さん、ちちんぷい さん、ナポレオン・ソロ さん、吹雪さん、コメントありがとうございます。

いろいろ調べてくださりありがとうございます。
確定ではないですが、どうもこれからは国交省や文科省が好き勝手に出来なくなりそうですね。
それと引き換えの「先住民」認定ですかね?
でも後で変更もできる、と。
国内におる身内の中の敵を峻別しつつ、敵の言い分に乗ってるように見せかけて実を取る、ということでしょうか。
今後も注目しましょう。そして、
> 本丸は財務省だ。
・・・・・ここですね(笑)。

2019/02/23 (Sat) 12:10

吹雪  

アイヌ民族を先住民族に決めたのは平成20年6月です。

>確定ではないですが、どうもこれからは国交省や文科省が好き勝手に出来なくなりそうですね。
それと引き換えの「先住民」認定ですかね?

補足します。アイヌ民族を先住民族と決めたのは、安倍政権ではなく、福田政権ですね。平成20年6月6日にアイヌ民族を先住民族とすることを求める決議案が全会一致をもって可決されています。

ソース↓
http://www.sangiin.go.jp/japanese/ugoki/h20/080606-3.html

安倍政権の今回のアイヌ新法制定で、アイヌ民族を先住民族と位置づけることは、平成20年の国会で議決された結果を踏襲しているだけですね。

じゃー「福田政権がー!!」かと思いますが、違うようです。同決議は、昨年9月、国連において「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が採択されたことを受け、政府が早急に講ずるべき施策として行われていますね。

まあ、国連でどうして先住民族の権利に関する宣言がなされたのかは判りませんね。機会があれば、調べてみたいと思います。

2019/02/23 (Sat) 13:16

日本国民  

私見です。

アイヌの方を、「移住民、移民」と呼称せず
敢えて「先住民」と呼称することによって、
移住民としての権利を主張する輩を
封じる手段を講じたのかも。
移民、移住民と呼称すると、例の方々が
我も我もと権利を主張してきそうですね。
それを防ぐためにも「先住民」と絞られるべき
立場として称したのではと。
真偽のほどは如何に・・・・?

2019/02/23 (Sat) 13:22

彩希  

他ブログのコメ欄に書き込んでる人が居ました。取り合えず貼りますね。差別利権には必ず邪悪なパヨクと在日が絡んでいますね。野放しにして培養して来てやったのは日本です。「根こそぎにする、根絶する」、しないとハエみたいに何にでもタカリに来ますよ。

ア イ ヌ 利 権 に 韓 国 人 の 影

◆呼びかけ人◆
金  時鐘 (詩 人)
佐高  信 (週刊金曜日編集委員)
辛  淑玉 (人材育成コンサルタント)
田中 優子 (週刊金曜日編集委員)
中山 千夏 (作 家)
朴  慶南 (エッセイスト)
針生 一郎 (丸木美術館館長)
藤崎 良三 (全労協 議長)
丸山未来子 (おんな組事務局)

2019/02/23 (Sat) 13:33

日本国民  

新法の幹

>彩希様
従来、国交省(公明党傘下)と
文部省(共産系傘下)に
運用権があり、予算も個別配布。
ご指摘のような不埒な輩たちが
集っていたのでしょう。
その点を憂慮し今回の新法で、
政府の直接管理となり、諸事情の
変化によって、適宜変更するとした
のではないでしょうか。
今回はこの点が幹になっているように
感じます。

2019/02/23 (Sat) 15:20

みかん  

実に恐ろしい

東北大名誉教授田中英道さんも、チャンネル桜の討論で
「北海道、沖縄にも、日本列島には先住民族としての縄文時代があった。
これが日本人となる。アイヌはオホーツクの方から12、3世紀に北海道に入ってきた
一部族であり、先住民族では全くない。」と述べておられました。

ちなみに日本人は昔から渡来したいろんな人種を受け入れ、強制しなくても
皆自然に同化していったのだそうです。アイヌもそう。ユダヤ人も渡来して
秦氏となり、彼らは八幡神社や稲荷神社をたくさん作ったということです。

討論には元北海道議の小野寺まさるさんも出演、アイヌ協会
(ウタリ協会という名称)の驚くばかりの不正を述べておられました。
また鈴木宗男氏の主張する「アイヌが先住民族と認定されれば、
アイヌが住んでいた北方領土は日本のものだとロシアも認める」
は、間違っているとのことです。
なぜなら樺太千島交換条約の時、住民はロシアか日本を選択することに
なったが、択捉あたりに住んでいた人はロシアを選んだからです。

小野寺さんは虎ノ門ニュースにも出演、アイヌ協会と中国共産党、
朝鮮総連との関わりや、国連を利用し利権を得ようとする活動の歴史を
明らかにされました。
アイヌ協会の不正はなぜ刑事事件にならないのか? その理由も。

また朝日のアイヌ新法報道が、日本語版と英語版で全く内容が違うことを
有本恵子さんが指摘されました。英語版が酷い嘘なんです!
「一世紀以上にわたって同化と差別を強いられ、
文化を消される状況にまで追い込まれていたアイヌの人々が、
ついに通常国会で法案を提出され、先住民族だと認められた」

アイヌ新法の隠れた目的は、日本をアイヌと和人に分断しアイヌ自治区を作らせ、
その先は北海道を中国自治区にする、という中共の狙いなのでは。








2019/02/24 (Sun) 00:16

変わり者  

アイヌ人は、縄文人とオホーツク文化人等との混血らしい

おばちゃんさん、お久しぶりです。

アイヌ人の先祖ですが、遺伝的に見ると、縄文人をベースに、古代のオホーツク文化人(ニブフの先祖か?)やシベリア南部の少数民族など、北方系の血が混じっているそうです。
現代アイヌの人々は、縄文人と、オホーツク文化人等の北方民族と、本土系住民その他との混血らしいです。

縄文人の核ゲノムから歴史を読み解く神澤秀明(国立科学博物館)
http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/087/research/1.html

あと、考古学的・文献史学的に見ると、「蝦夷(えみし)」は、大和朝廷に完全に服属しない東日本に暮らす人々を十把一絡げにした古代の「用語」であって、時代と共にその「範囲」が次第に変化、やがて北海道を「蝦夷(えぞ)地」などと呼び、北海道限定になって行った様子がうかがえるそうです。
また、中国等に対して「日本は、蝦夷という異民族が朝貢しにくる文化レベルの高い国です。小中華ですよ!」と背伸びして、大袈裟に強調する意味もあったのではないかと言われています。

2019/02/24 (Sun) 07:16
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

要は、もう勝手なことすんなよ、とww

吹雪 さん、日本国民 さん、彩希 さん、みかん さん、変わり者 さん、コメントありがとうございます。

どうやら「先住民」というのはまったくの間違い、というのは明白なようですね。
でも一方でいろんな奴らが国民の無知につけ込んで、ぐちゃぐちゃにしてる、と。
その中には明らかに「中国」もおるし、朝鮮人もおって、10年も前から国連も動員してきてる、ということですね。
こりゃーややこしいわー。
もう一点明らかなのは、これからは国交省や文科省の好きにはさせへんで、ということでしょうか。
北方領土交渉との関わりは、ちょっとまだわかりませんね。

2019/02/24 (Sun) 17:18

道産子  

お礼申しあげます。

アイヌ関連の問題点を、複数回に渡り取り上げていただき、ありがとうございます。先に誰が住んでいたかも大事な論点ではありますが、まず抑えておきたいのがアイヌは『民族ではない』ということです。かつて北海道とその周辺に点在していた『 東エンチュウ・西エンチュウ・ソーヤ・ペニウンクル・シュムクル・サルンクル・メナシクル・トゥカチ』といった少数部族で、それぞれで言葉も通じず争ってばかりで一度もひとつにまとまったこともない個別の集団をアイヌと総称して一括りにしたことに無理がありました。ですから、いくら理屈をつけようと、『アイヌが先住民』ということが絶対に間違っているのです。先住民記述は問題ないとか、ひとつの策とかの詭弁を述べている人はそこがわかっていない。私もあれから色々と調べましたが、菅官房長官にカルトとの太いパイプがあることがわかってきて、ますますきな臭さが増してまいりました。もし官房長官が、憲法改正のために賛同票がほしくてアイヌ新法を呑んだのなら、大きなミスを犯したことになります。5年以上も前に世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長が、元北海道議会議員の小野寺まさる氏に『現在の北海道は中国に侵略される直前のウィグルに似ている』と忠告しております。アイヌの自治権を認めることを突破口に、北海道がチベット・ウイグルと同じように中国の自治区になりうるきっかけになるので、アイヌ新法はシャレにならないものすごく危険な法案なのです。他にも砂澤陣氏の著書『北海道が危ない』に書かれているように、アイヌ協会の不正体質で我々の税金が湯水のようにじゃぶじゃぶと使われていたり、問題だらけです。砂澤氏が中心となっている『日本国民の声・北海道』による『アイヌ政策拡大反対署名』は重要な意味を持ってくると思います。先日も述べたように、アイヌ協会が認定すれば誰でもアイヌ、つまり本州も四国も九州も沖縄も他人事ではありません。喫緊の課題であり、日本全体の大問題であります。

2019/02/28 (Thu) 14:04

Leave a reply