世界で初めて「人種差別撤廃」を言うた日本。遅れたアメリカ。今も?の「中国」。

指差し小


 日本人の原型はどうやら縄文人らしいけれど、そもそもずっと昔から日本人というのは、来るものは拒まずで、ええところはしっかり取り入れるし、あかんと思うもんは決して入れへん、という伝統のようなものがあったように思います。そのうちの一つが、人種差別をせえへん、ということですね。そもそも縄文の昔から、風俗、習慣がまったく異なるはずのユダヤ人をきちんと受け入れていたらしいですからね。びっくりです。

 今日(25日)は、産経新聞の正論、小堀桂一郎さんの「人種差別撤廃提案の記憶と現在」の記事からです。日本は幕末に「開国」したときに、不本意ながら欧米列強との間で不平等条約を結ばされましたが、日清、日露の戦いに勝つことで一つずつ、きちんと条約改正を進め、桂太郎内閣の外務大臣、小村寿太郎が頑張って、明治44(1911)年、やっとこの不平等状態が無くなりました。「開国」から実に56年もの歳月がかかったわけですね。

 そして大正8(1919)年、日本は第一次世界大戦の戦勝国側としてパリ講和会議に出席していました。全世界にあまりにも大きな被害をもたらした世界大戦の後、国際機関設立の必要性を各国が感じていて、国際連盟を設立するための国際会議が開かれ、連盟の規約案を話し合うことになりました、と。
 <日本の牧野伸顕全権委員が、聯盟規約案の第21条に人種差別撤廃の項目を入れる様に提案したのが2月13日の事であつた。つまりこの日は、国際会議といふ大世界の公論の場で人種差別といふ近代国際社会の恥部と呼ぶべき悪疾を克服しようとの聲(こえ)が揚つた最初の日であり、且(か)つその発聲(はっせい)者は日本人だつたのだ>。つまりちょうど100年前のことやったんですね。

 この提案は採決にかけられ、11対5で支持されたのに、アメリカのウッドロー・ウィルソン大統領が、こういう大事なことは全会一致でないと決めたらあかん、といきなりルールを変えて、この決議案は無効になりました。その後国際連盟についても、アメリカは自分から最初に提案しておきながら、これにも議会の承認を得らへんかったという理由はあるにせよ、結果的には加盟しませんでした。ホンマに勝手な国や、アメリカは。

 日本はさらに昭和18(1943)年11月にはアジアの諸国と大東亜共同宣言を出し、「人種差別の撤廃」を高らかに宣言したわけですね。何のことはない、戦後アメリカで黒人に選挙権が与えられたのも、国連総会で人種差別撤廃条約が締結されたのも、1965年のことですね。日本の方がずっと進んでたわけやんか。

 先の大戦で日本は負けてしまいましたが、
 <以後数年の間に、東南アジアの欧米植民地の諸民族は次々と旧宗主国からの独立を実現し、人種差別の偏見を打破して行つた。つまり大東亜の解放といふ大東亜戦争の目的の一半はさういふ形で達成されたわけである。>
 <日本が創唱した人種平等の理念は、日本人の実力行使によつて先づ東南アジアに実現し、その衝撃が全世界に波及したのだといふ世界史上の事実を、我々は誇りを以て認識すべきである。>

 そして、今の私ら日本人には次のように警告してはります。
 <その誇りの上に立つて、我々は又この理念に背馳(はいち)する事態を防止すべき使命を負ふのは日本人であるとの責任をも持ちたい。現在中国西北部の広大な自治区に於いて、形は少し違ふが前世紀の人種差別と同罪の、強者の自己拡張欲に発して弱小民族を圧迫する文化破壊と人権蹂躙(じゅうりん)が進行中である。>

 うーん、「中国」も「ウイグル」も「正論」には出されへんかったんかな?産経新聞は。それとも小堀さんが、やろか?100万人のウイグル人が強制収容所に入れられて、今この瞬間にも臓器を抜き取られているという、人類史に残る国家犯罪が進行中のようだ、とは書かれへんかったんやろうな。やっぱりこんな怖い国は早う無くなってほしいわ。

【追記2/28】コメント欄でご指摘をいただきましたが、「縄文の昔から」ユダヤ人を受け入れていた、というのは私の間違いで、「古墳時代の昔から」に訂正します。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 10

There are no comments yet.

吹雪  

一度は疑ってみる。

このブログを読まれている読者の皆さんは、今日のエントリーできっとウィルソン大統領とディープステートの関係をコメントされると思いますので、私は全然違うことをコメントします。同じコメントばかりでもつまらないのと、古代史ロマンが大好きな読者さんもいらっしゃいますので、この間から気になっていたことを書きたいと思います。

>そもそも縄文の昔から、風俗、習慣がまったく異なるはずのユダヤ人をきちんと受け入れていたらしいですからね。びっくりです。

田中英道先生を全否定する訳ではありませんが、あの現在のユダヤ人風俗にそっくりな埴輪なんですが、本当にユダヤ人を象っているのでしょうか? ↓
https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E5%9F%B4%E8%BC%AA+%E6%99%82%E4%BB%A3+%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4#mode%3Ddetail%26index%3D8%26st%3D0

埴輪は西暦300年から700年くらいまでの古墳時代に作られた素焼きの焼き物です。そして、この写真のユダヤ人の黒い帽子に黒い服なんですが、これはユダヤ教の正統派の中のひとつのグループ、ハシディズム派(敬虔派)の男性の服装です。この黒い服装自体は、18世紀後半にハシディズム運動が始まったポーランドを中心とした東欧での当時の流行だったようです。

西暦700年と1700年ですよ。時代的に1000年の開きがあるのですが・・・。

私はユダヤ教に精通していませんが、ユダヤ教と言えば、帽子はこのキッパの方を連想しますね。↓
https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%91&aq=-1&ai=DPR07VbyS0iE_6WQV6OzPA&ts=3655&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa#mode%3Ddetail%26index%3D6%26st%3D0

シルクハットや山高帽は18世紀に作られた帽子です。7世紀に存在していたとは思えないのですが?

では、あの埴輪の帽子のようなものは何だ?となりますが、それは、私には判りませんw ただし、ひとつ言えることは、あの黒い帽子と黒い服を古代ユダヤ人が着ていたと考えるのは、ちょっと飛躍した考えだと言えると思います。

最後に、定説と言われるものでも、一度は疑ってかかる、自分の頭で考えてみるということが大事だと思います。それが一番身になる勉強方法だと思いますね。これにもっと早く気が付けば、もう少し勉強ができる子だったんですがね私はwww

2019/02/25 (Mon) 19:20

日本国民  

善と悪

過日、youtubeを流し視していた時、歴史上の外交官らや、
一般の方をも交えた日本人観をスクロールさせていた動画
の中で、思わず吹いてしまった内容があります。

『まるで神を具現化したような人たちだ』」という詞です。

ふーん・・、まぁ滅んでほしくない民族云々やら、誠実で
謙虚などという評価は時折観ていますので珍しくないので
すが、要するに「神様みたい」ってこと?よほどあなた方
の置かれた現状は、「悲惨なんですね」と聞き返してみたく
なりました。

日本人が神様みたいなら、さしずめ毛唐連中は悪魔さん
ですかね。当たらずとも遠からずってとこかな・・・?

今回の主題も、そういう評価が生きますね。
諸国に跋扈する悪魔さんたちが神様の主張を蹴り飛ばし、
揚句「神様をぶっ殺すぞ!」とばかりに、戦争に参加
させましたね。
まるでイエスさんが誰ぞに裏切られて磔にされたのんと
似てますねぇ・・・。

今も地球上の神様は息も絶え絶えです・・。
悪魔に成れ、と洗脳真っ盛りです。
もう神様じゃないかもしれない。
この世の神様が居なくなったら、
世界は終わっちまうんでしょうか・・・。

余談ですが、衛星写真の日本列島の夜景の姿がまるで
竜神が天に登っていくさまにも似た神々しさがあると
謂う、評価をしているサイトを覗いたことがあるのですが、
本当に美しくって、凄かったです。
そういえば日本列島って昇竜の姿に見えなくもないですね。

2019/02/25 (Mon) 22:20

ちちんぷい  

差別奴隷化闘争の世界(日本は異質)

我が日本は、国内地域間でも物産の交易が古来から盛んで、有名な翡翠の話しもあるし、北海道の昆布の消費は沖縄が最大とか。海外に対しても、外来者や外来物に寛容であることは異論はありません。子供のように純朴な好奇心を傾けます。

日本には、多様性を尊重する精神性があります。もちろん、時間をかけて中身を審査して日本人の利益につながるものを取捨選択して練磨させての話しです。複数の世代による時間の審査と批評によるものです。無暗に無差別に異物を受け入れるわけではありません。本来はね。

吹雪さんが貼られたサーチのリンク先「埴輪 時代 ユダヤ」を見ました。
(画像を次々に見ていたら、ウルトラマンポーズのおばちゃんが出てきて笑っちゃいましたよ。おっと失礼。)
ユダヤ風の埴輪も、古墳の祭祀に関連しておかれていたせいか、状態がいいですね。数も多そう。他の埴輪とは作風が違う印象があります。倭人以外の他の民族性を感じさせる埴輪ってないでしょう。東アジア風とかインド風の埴輪なんてなさそうだし。

件の埴輪が、本当にユダヤ風俗なのであれば、ユダヤ人自身が作ったのではないかしらん。しかし、そうだとしたら、彼らはどこへ消えたのか。倭人と完全に混血して体質が見えにくくなったのか。面白いですね。

日本には五色人という言い伝えもあります。人種を差別しない精神風土があるのです。外来者を偏見もなく、受け入れる。とはいえ、日本文化に定着するには、多くの世代をついで膨大な時間の評価を経て定着するものでしょう。区別をなくすのにも、膨大な時間と評価が必要なのだと思います。

日本人以外の人類は、区別以前に過酷な差別を行ってきました。奴隷文化が世界の標準です。現代でも、冷静に自然体で区別するにさえ至っていないのですね。日本は先進しすぎて世界から疎まれた。日本は良い意味で異物だったのですね。
日本的価値感の時代は、これからです。その前に、建前の平等・人権を世界が維持できるかどうか、はなはだ疑問です。

2019/02/25 (Mon) 23:05

ナポレオン・ソロ  

神が与えし、日本人の寛容性

 私も、吹雪さんの仰有る様に「何事にも懐疑を持って臨む」と言う事は、
大事な事だと思って居ます。 科学的な思考と言うのは、「常識を疑う事
から始まる」とは、ファインマンさんの言葉でㇲが、正鵠を得て居ると
思います。 私は別線から「科学とは、神が仕組まれた自然のメカニズム
を解き明かし、自然の法則を学んで、人間の為に役立てようと言う試みで
ある」と言う教えを受けて居るので猶更の事ですね。

 日猶同祖論と言うのは、言葉の面でとか習俗の一部分、地名の由来など、
色んな蓋然性が有って、完全否定する方が難しいものですが、飽く迄、
其処で言うユダヤ人とは、ヘブライ人の事で有って、ハザール人では無い
事を日本人は、認識して置くべきです。 ですから、人種的には有色人種
(青人)のヘブライ族が、スファラディ―と呼ばれて、白人種(スラブ人)
のハザール族のアシュケナージと区別される様に、異人種と言う拘りもある
様です。

 この白人と青人の関係は、西洋文明の病根だと私は思って居ます。
つまり、支配者と奴隷の関係ですね。 そしてそれが、何時しか逆転している
と言う事ですが、元々どちらの民族にも道徳的な規範に成る様な「神を畏れ、
神を称え、神を祀る」事を目的とした宗教の類は、持って居なかった、否、
全て現実の民族間の争いに勝つ為に、人間が創りだした神は確かに居て、メソ
ポタミアの都市国家の遺跡からは、戦に負けた事に拠って、「失格して打ち捨
てられた」神が幾つもち捨てられていると言います。

 即ち、ユダヤ族の様に、人間の上に神を戴くと言う発想にも、同時代の新
バビロニアやアッシリア、或いはギリシャ・ローマさえも至って居なかった
 のは「生きる事が、奪い合いで有り、虐げ合いであり、勝ち抜いて生き残
ったものだけが全てを得る」と言う事が否応も無く肯定されていたからで
しょう。

 コーカソイド種のこの2つの種族の古くはエジプトやメソポタミア、そして、
ペルシャやインド、ギリシャ・ローマと、南、西アジアやや南欧州に、様々な
文化圏を創りだしましたが、絶えず戦争を繰り返して、民族間は、争いを前提
にして成り立って居る様な有様でした。

 特に、ローマが青人文化の昇華の様な存在となり、千年の長きに亘って国を
維持したのですが、最後にキリスト教と言う、其れまでに無かった人類愛を説
く新鮮なモノに出遭って、4世紀末に国教に指定します。

 然し是を機にローマは凋落を始めますが、その原因は、キリスト教事態を
ローマ人が理解できていなかった事、特に、異人種、異文明に対しても愛を
注ぐ事等、其れまでのローマ人の常識では、危険すぎて支持を得られず、勢
い、ローマ人の土着の宗教の要素をキリスト教に付加され、改竄されて本来の
イエスが言わんとした意味がどんどん失われていったと言う事に原因が有り
ましょう。 そして、是を受け継いだ白人文明も、青人文明が乗り超えられ
無かった課題、即ち「隣人愛」を克服できず、中世の宗教的暗黒時代を作って
終った。

 処が、日本文明と言うのは、海に拠って隔絶され乍も、漂着する、或いは、
渡来する異文化、異民族に対して最初から是を排除する様な行為をしなかった
のは、却って、受け容れた方がメリットが大きかったからでしょう。と言う
のは、狭い土地に暮らして居ると、どうしても近親婚が多くなり色んな障害
が出て来る、ダカラ、完全に外の血の導入である漂着者は基本的に歓迎された
であろう、と言う類推も出て来る。

 然も外来者は、血だけでは無く是までには無い知識や発想も移入してくれる
のだから客人神(マロウドガミ)と言う考え方が存在する様に成ったのだろう。

 この西洋と日本の文明の差は、主に、地理的・気候的なモノが原因となって
居るが、ならば、朝鮮やシナにも同じ傾向が有ってもよさそうなものだが、是
が無いのは、日本には古からの教えで「我ら神の子にして等しく神聖である」
と言う、古事記に書かれている考えが存在して居たからだと私は思います。

 人類も地球上の生物種の一つに過ぎないが、我ら人類は神の子であり、神の
思し召しである、この地球の生物の繁栄に適した環境を保持する為に、神の御
経綸(計画)を実現する使命を負うている。 それが故に言葉と手の器用さ、
そしてモノを自然の法則を知った上で、其れに沿った改良・改善する工夫を生
み出す叡智を与えられている。

 我々人類は、そうした人類に与えられた、神の使命に覚醒して、人間同士の
目先の物質慾に捕らわれた争いを止めて、本当に地球環境の為になる事を人類
の手で成し遂げるべきである。 其れには人類個々人が日々の生活に、隠され
た自然の真理「=神の法則」に対する「気づき」の積み重ねが大事で有る堵、
釈迦牟尼も仰有っている「人類はそうした智を得て、ブッダ『=目覚めた人』
になるのだ」と教えて居ます。

2019/02/26 (Tue) 10:26

八丈島  

この21世紀にいたっても今だに行われているエスニッククレンジング。米国で臓器移植を受けるとドナーがみつかるのに1~3年、中国だと1~3か月早い時は3日以内、これほんまに恐ろいわ。このことはもっと多くの人に知ってもらわなあかん。中国の恐ろしさをほかの人にわかってもらうのはこれを言うのが一番や。

2019/02/26 (Tue) 18:21
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 一度は疑ってみる。

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
ユダヤ人を「縄文の昔から」と書いたのは間違いでしたね。
古墳時代には、ということでしたね。
これは私のミスですね。訂正しておきます。

2019/02/28 (Thu) 08:17
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 善と悪

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
> そういえば日本列島って昇竜の姿に見えなくもないですね。
・・・・・今年こそ竜のように昇ってほしいですね、日本。

2019/02/28 (Thu) 08:23
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 差別奴隷化闘争の世界(日本は異質)

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
五色人の話は知りませんでした。面白そう。
私は仁徳天皇陵はちゃんと発掘してほしいと思いますね。
そのほかの膨大な陵も。きっといろんなことがわかると思います。
あ、サヨクの学者には触れさせたらあかんけど(笑)。

2019/02/28 (Thu) 08:35
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 神が与えし、日本人の寛容性

ナポレオン・ソロ さん、コメントありがとうございます。
いつも勉強になります。
知れば知るほど、世界から見たら日本人は異質なんやなあと思いますね。

2019/02/28 (Thu) 08:42
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: タイトルなし

八丈島 さん、コメントありがとうございます。
「中国」のこの蛮行だけは、絶対許したらあきませんね。

2019/02/28 (Thu) 08:44

Leave a reply