知らんかった、天照大神の「天壌無窮の神勅」。恥ずかしいな。本来の日本人を取り戻そう。

自転車小 


 いよいよ今年、御代替わりとなります。これについては何度か書いてますが、西村眞悟さんが政府の対応を厳しく批判してはります。「西村眞悟の時事通信」の記事「御譲位は、真の日本、真の日本人を取り戻す恩寵」です。今回もとても長文で、めっちゃ気合いがこもってます。

 天皇陛下がビデオでお考えを述べはったのが「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」で、平成28(2016)年8月8日のNHKでの突然の放送でした。まあ、何でNHKが?というのはとりあえず措いといて、西村さんはこの突然の発表に腰を抜かしたのが、政府内の「法匪(ほうひ)」やったと書いてはります。

 天皇は「内閣の助言と承認」によるとはいえ、内閣総理大臣と最高裁判所長官を任命し、国会を召集し、衆議院を解散し、法律を公布する、等々、我が国政上では「最高位」にあるわけですね。そのお方が、<この国政上最高位の地位を皇太子に譲る、と決められ、その旨国民に表明されたのだ>。<これは、即ち、「国政に関する最高の権能の行使」に他ならず、「日本国憲法違反」である>と法匪たちが考えた、ということです。

 つまり、天皇を憲法や法律の下に置きたい、次の天皇をどうするかは国民(の代表である国会やそれに基づいて組織される内閣)が決めるんや、ということですね。そこで何とか憲法違反にならんようにと考えて「生前退位」などという、聞いたこともない言葉が出てきたというわけです。

 これについては皇后陛下がその年の10月のお誕生日に発表されたお言葉で、ある意味痛烈に批判されています。
 <新聞の一面に「生前退位」という大きな活字を見たときの衝撃は大きなものでした。それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きとともに痛みを覚えたのかもしれません。>

 これを受けて産経新聞だけが今、「退位」と言わず、「譲位」としていますね。天皇陛下がただの一度も「退位」ではなく、「譲位」とおっしゃっているのに、です。結局、GHQが当初目論んでいた、日本弱体化、天皇、皇室廃絶への道を、日本国内にまだおる不逞の輩が、いまだに歩ませようとしてるんとちゃうか、ということです。

 そして西村眞悟さんは、日本国憲法も否定してはります。そもそも第一条からしてウソや、と。「天皇の地位は主権の存する国民の総意に基づく」と書いてあるけれど、国民投票でもしたんか?というわけですね。
 <天皇の地位は、天照大神の「天壌無窮の神勅」に基づいているのである。これが日本と日本人の真実だ。日本人とは、この真実を公言する者である。>と書いてはります。

 私が「覚醒」する前、この「天壌無窮の神勅」は知りませんでした。あー恥ずかし。これは古事記、日本書紀にも書いてある、天照大神(あまてらすおおみかみ)の言葉ですね。

葦原の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂の国は、これ吾(あ)が子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき地(くに)なり。
宜(よろ)しく爾(いまし)皇孫(すめみま)就(ゆ)きて治(しら)せ。
行矣(さきくませ)。宝祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、当(まさ)に天壌(あめつち)と窮(きわま)り無けむ。

 <今上陛下の譲位は、即ち新帝の践祚即ち即位である。これが、皇統連綿、万世一系の皇位継承だ。これを律しているものは、天照大神の「天壌無窮の神勅」と、この神勅を実践して万世一系現在に至る長い歴史のなかで生まれてきた「皇室の慣習」のみである。>

 この歴史を思うとき、たかだか10日やそこらで作った今の憲法も、法律の地位に落とされた今の皇室典範も、本当の日本国民にとって意味はないわけですね。西村さんは最後に書いてはります。
 <今上陛下の御譲位を切っ掛けに、我らは、本来の日本、本来の日本人を取り戻す時が来たのだ。>


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 7

There are no comments yet.

素浪人  

我が国と呼べるものは

我が国の正式名称は未だに大日本帝國であり人によっては大日本皇國とも称します。

西村眞悟さんの認識に同意しますね。皇室典範は皇室の家法であり国会で手を付ける性質のものではないのです(現在の皇室典範はそもそも無効)。

明治維新以来の日本人が強かったのは老若男女に共通の理念の下に存在していたからでしょう。戦後ニフォン(目に見える我が国の現在の姿、と定義します)にその理念が片鱗でも有るでしょうか?否ですね。有るのは現世利益で自己中の特亜人みたいな連中ばかりで平気で親を殺し子を殺す気違いばかりの世の中になっています。政官財では罪務・害務ら宦官連と、阿特亜のパ賊国壊偽員共、自社の利益の為に使い捨て外国人を引き入れる売国奴共。鏖にしてもまだ足りない塵共です。

つい極左脳が暴走しました、失礼しました。

2019/02/27 (Wed) 23:48

ナポレオン・ソロ  

日本の神道は、世界では異質だが、人類の基本です。

 皇国の皇統の始まりは「天照大御神様の天壌無窮の御神勅」
に拠ると言うのは、恥ずかしながら、私も知りませんでした。
 俄か保守の地金を露呈した様なモノで、赤面の至りです。

西村先生、ブログ主様、有難うございます。

私も、今上陛下が突如TVでご譲位のご意向を明らかにされた時、
TVが生前退位とか言って居たので違和感を持ち、「ご譲位だろ、
何故、ご譲位と言えないのか」と、TVに突っ込んで居ました。
 そう思ったのは何も私だけでは無かった様でこの話を知り合い
にした処、TVを看て居た人は共鳴してくれました。

 世代毎に反応が違いましたが、高齢の方の意見としては「戦争
で敗けて日本を無くされる処だったんだから、そう言う事は有る
だろう、是から取り戻さにゃいかんね」と言うご意見に賛同者が
多かったですね。

 私も、日本を覆って居た蓋のような状況が無くなって、安倍政権
が誕生したのだから、是からだと思って居ますが、この6年間で
安倍政権が行った「日本を取り戻す」施策は、左翼を追い詰め朝鮮
勢力に覆われて居た日本を薄日が差す様な状況迄に恢復させて
きましたが、折しも、その手先となって来たシナ・朝鮮も白人文明
の支配世界に異議を唱え始めた結果、危険を察知した米国に全力で
潰しに懸られて居ます。

 明らかに今は、世界が分節点を迎えて居ると言えますが、この状況
は戦前日本が、味わった日本潰しと同じ状況でしょう。 

 今になって思えば、日本は世界にとっては、完全に異分子だったの
です。日本にも迷いや葛藤が有ったけれども、欧米の其れとは、全く
次元が違って居たと言うべきで、其れを、白人文明は頭から「遅れた
文明」と決め付けて居たのですが、戦って看れば、その余りの強さに
胴震いを感じる程であった事が、戦後日本を封じ込める端緒となった
と思って居ます。

 その淵源が、天皇信仰であると、今でも誤解していると思わる節が
多々ありますが、自民族のみを嘉する民族神しか持っていなかった
欧州人が初めて得た民族横断的な神で有る、キリスト教を以て、其れ
までの無道徳で放埓だった社会に一定の法秩序と制限を守る事で神の
恩寵が与えられると、云う形の納得を得た。 その為に聖書が有り、
その契約を納得できるので有って、極言すれば、神を信じて居るので
はなく、人間が創った契約を盲信して居るダケで是は変形したユダヤ
教なのです。 其処に気付いた人の中には、悪魔信仰と称して、自分
の裡に有る抑圧された破戒願望を秘密裡に晴らして居るのでしょう。

 然し、日本にはそう言った話は、悪霊信仰と言う形でしか残って
居ませんが、是は、欧州文明と日本文明の歴史の長さの差からくるもの
だろうと私は思います。

 現行憲法を創ったGHQのコミンテルンの細胞共は、皆、一流の大学の
研究者や教授だったりして、専門知識も多い層だった筈なのに、自然神
をそのまま信じる事が出来ないと言うのでは、学問をした意味が無い。
 つまりは彼らには神道と云うものは、終に理解出来なかったと言う事
ですね。

 我々日本人も戦後の欧米式の教育で、すっかり日本人では無くなって
居る部分が有るでしょう。 其れをこれから日本人全員で取り戻して
行かねばならないのです。 

 頑張りましょう。

2019/02/28 (Thu) 07:09
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 我が国と呼べるものは

素浪人 さん、コメントありがとうございます。
いったん大日本帝国に戻す!いいですねえ(笑)。

2019/02/28 (Thu) 09:05

みかん  

なるほど!

私は今上陛下のお気持ちをテレビで拝見しました時、
NHKが安倍内閣を潰すために画策したのかなぁ…と、
どう捉えていいのかわかりませんでした。
上皇と天皇と二つの権威が存在することは、危険なように思えましたし。

でも陛下が政府の意向によらず譲位のご意思を表明されたことは、
天皇が憲法の上に立つ最高位であることを示されたと理解すれば、
GHQが作った日本国憲法が誤りであることも証明されるわけですね。
これは憲法改正の道にも朗報となるのでは?
とするとNHKの思惑は逆に作用してしまった…(NHK舌打ち?)

でも法匪の輩と大マスコミが、護憲に都合の良い解釈を国民に宣伝攻勢
かけてくるでしょうから、気を抜かないようにしなければなりませんね!

2019/02/28 (Thu) 12:48

ちちんぷい  

君民一体は、日本にのみ存する

どういう経緯で、平成28(2016)年8月8日のNHKでの突然の放送になったのかが、はっきりしません。制度に従えば、まず「摂政」を置くことを検討しなければならなかったと思います。
内閣と相談してね。現政権に反対されることを懸念なさったかも知れません。NHKで抜き打ち的に発表という点も含めて、そうした一切の手続きを省かれたのではないかと、畏れながらついつい思ってしまいます。

天皇陛下の第一義は、祭祀長たるお務めです。国民への災いは、我が身を通してからにしてくださいと天地に祈られるのですね。政府、役人は、これに倣うのです。こうした関係を次代の天皇陛下が引き継ぎ、まっとうなされることを願ってやみません。

>「天皇の地位は主権の存する国民の総意に基づく」と書いてあるけれど、国民投票でもしたんか?というわけですね。

「地位」という表現が、「役職」を匂わすようでいやですね。海外の王家が、国民の上に君臨するものとする感覚と、それを否定したい感覚がないまぜになっている感じが、根本的に日本にそぐわないと思います。
天皇は、憲法成立に先んじ、国に先んじ、古来国民とともにある、くらいの不即不離の表現にしてほしいと考えます。

各国の王室が苦心するのは、王家の正当性を立証する点にあると思います。たいていは、創始者は、せいぜい数百年しか遡れません。しかも、創始期に血塗られた過去があるものですね。王権の横取り、裏切り、侵略、策略などなど、生生しい記憶と記録があるんですね。神からの任命を持ち出さないと、それを払拭して正当化できないのです。
もちろん、それは所詮は自画自賛の口舌の策だし、賛同者や称賛者の多さで飾り立てないと、自分たちがしたように、自分たちの地位も誰かに脅かされ転覆させられるのではないかと、おちおち夜も寝られないことでしょう。
大宗教機構は、「神」を接着剤にして王家と庶民をつなぎます。壊れやすい危うい関係です。

その点、我が日本は、なにしろ歴史が古くて、血塗られた歴史も、神話の一部のようになっていますし、古代・近世・中世・近代と時代が変われば、王権のありかたも進展することは当然のように見ることができます。同時に、日本社会や日本国民との関係性も密接に関係しながら進展したわけで、他国にはない分かちがたい関係性があります。
天照大神の「天壌無窮の神勅」は、それを企図したかのような、すごい英知とも言うべきなのでしょうね。神代からの一気通貫の骨子となっています。これを保ちたいものです。

それを、たかが数十年の即席かつ押し付けの憲法ごときの下に「天皇制」などという「官僚的な制度」の中の「いち役職」みたいなものにするのは不適切で不敬です。

同時に、私としては、やはり、不敬ながら、とうとつに「あのNHK」に誰かが持ちかけて、発表されたというのは、NHKも政府に確認しなかった可能性もあり、政府と日本国民の知らない裏の手続きがあったような気がしてしようがありません。
今後、敵性勢力の内訌分断策などに功をなさしめ、政府や国民との関係性が壊れたり薄れることにならないか心配です。次代の天皇陛下のご尽力を待ちたいと思います。もちろん、国民も一緒にやるべきことをやってまいりましょう。

2019/03/01 (Fri) 00:07
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: なるほど!

みかん さん、コメントありがとうございます。
NHKも一枚岩ではないでしょうからねえ。
あと剣璽等承継の儀が、一日の空白をおいて実施されることを危惧する声もあちこちで出ていますね。

2019/03/01 (Fri) 17:36
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 君民一体は、日本にのみ存する

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
もともと日本には憲法なんかなくてもよかったけれど、列強諸国に示すために必要になったから、伊藤博文が諸外国にも行って、勉強して、考えて考えて考えて作ったのが大日本帝国憲法ですよね。
それに戻ったらええだけのように思います。
「第一條 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」

2019/03/01 (Fri) 17:47

Leave a reply