「中国」人スパイをせっせと作ってるんか?法務省。どこまで浸食されてる?日本の官僚。

指差し小


 以前に「入管法」の改正のことについては何回か書きました。(「入国管理局が、「出」入国「在留」管理「庁」に格上げ、ええんとちゃうか?」)、(「入管法改正案が通る。これがなんで移民法なんや。保守派も法案をしっかり読もう。」)。保守界隈では「安倍政権は移民を認めるのか!」みたいな議論になっていて、いや、そうではなくて、実は今回の改正では移民は逆に増えへん、増やしにくくしてるんや、ということや、という事を書いてきました。

 この改正案は成立したので、後は4月から格上げされる入国管理「庁」がしっかり仕事をしてくれたらそれでええ、と思てました。ところが、です。少し前ですが、青山繁晴さんがネット番組「虎ノ門ニュース」で激怒してはります。ツイッターでtake4さんという人がうまく切り取ってくれてはります。

 入管法の改正は、これまでは外国人技能実習生の制度がザルで、運用が曖昧やった部分をきっちりさせるため、つまりは安易に外国人を入れへんようにするために成立したはずやったんですね。ところが先月2月末に法務省がいきなり「告示」を変えて、外国人留学生が就職した場合は、無制限に在留が認められ、家族まで呼び寄せることができるようにするんやそうです。

 え?そしたら先日の入管法改正の意図とは正反対になるやんか、という話です。詳細は「さくらの花びらの『日本人よ誇りを持とう』」と言うブログの記事、<青山繁晴議員「法務省が『告示』改正で移民を増やす!」>に書かれています。今、日本にはあのインチキ文科省のせいで、いわゆるFラン大学、レベルの低い大学が、地方にわんさかとできてしまっています。

 その学生数を維持するために、何と9割が「中国」からの留学生という、とんでもない大学があることはマスゴミでもニュースにしてました。その学生が、就職さえしたら家族まで呼んで無期限で在留できることにするんやそうです。そんなもん、「中国」はテキトーに会社を作って「就職」したことにするのは目に見えていますね。

 今「中国」からの留学生はめっちゃ優遇されていて、日本の税金で渡航費、学費、生活費を全部もらえてるそうです。一人当たり、年間何百万円にもなります。その上で卒業して就職したら、無期限で在留許可を与えるって、まるで日本がお金を出して「中国」人スパイをせっせと作ってる、ということやんか。一体何をしてるんや、この法務省は!

 実は法律は、結局は運営次第でどうにでもできる部分がいっぱいあるそうです。その日本の法律の運用を任されているはずの法務省が、めっちゃ反日やという話は他にもいっぱいありますのでまた書きますけど、そこまでしっかりと入り込んでいる「中国」の手先には、暗澹とした気持ちになりますね。

 上のtake4さんのツイートについているコメントの中には「安倍憎し」で青山さんを非難してる人もいっぱいいます。人に対する好き嫌いはどうでもええんですが、それでも攻撃する先を間違えてると思います。安倍ちゃんの周りなんて、日本を食い物にしたい外国人、裏切り日本人、自分の利益だけしか考えてへん国籍不明人やらが、うじゃうじゃおるわけですね。

 そんな中で、自分が潰されんように、攻撃する相手を順番に見極めて、一つずつ潰して行こうとしてはるわけですね。時には相手の気に入る法律を通すように見せかけてでも、実を取る、ということに徹してるんやと思います。そやけど、敵もさるもの、あの手この手で骨抜きにしていこうとしてるわけですね。まだまだ先は遠いですね。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 15

There are no comments yet.

日本国民  

毛細状に蔓延る敵

そう謂えば過日、あまりにも深く、細かく、潜入、
蚕食されている現実を知った安倍首相は、ある方針
を立てましたよね。現在もその方針に則った計画路線
の上にある筈です。
各省庁(霞が関)が戦場になる、といった言葉はご記憶
に有りませんか?つまり、各省庁に蔓延る敵のあぶり出し
が顕著になっていると、思いませんか?
手の内晒して売国に励む官僚たちの旗幟鮮明ですね。
それが、我々の耳にいともたやすく辿りつく事による
認識の拡散も捗っていますね。

そう、時至りしときの標的が鮮明になってきたという事。
米国議会、大統領の方針との併せ技で一掃するその日の為に
国民に報知する事も並行して進んでいますね、賛否両論の
侃侃諤諤ならず喧喧囂囂の議論の嵐も役に立ってます。

既に方針は決まっている。
その時が来るだけです。

それを感じ取っている敵陣は、形振り構わなくなっている
事でしょう。

2019/03/07 (Thu) 20:36

吹雪  

悪い予感しかしません。

>ところが先月2月末に法務省がいきなり「告示」を変えて、外国人留学生が就職した場合は、無制限に在留が認められ、家族まで呼び寄せることができるようにするんやそうです。

首相官邸ホームページに下記意見を投稿しました。


「入管法改正に係わる法務省告示改正について
法務省の告示改正で、外国人留学生が就職した場合は、無制限に在留が認められ、家族まで呼び寄せることができるようなるとの話を某ネットテレビで耳にしました。もしもこれが本当なら、以下の2点において問題ではないかと考えます。

①現在の在留資格「留学」は、日本語学校に通学する者でも取得できる資格であり、高度人材のように長期的に我国に貢献できる人材ではない可能性が高いものと思われます。そのような人材に対し、就職により無制限に在留が認められるということは、いたずらに外国人労働者を増加させるだけであり、賃金の低下、治安の悪化、日本の伝統文化の破壊が非常に懸念されます。

②外国人を増加させるかどうかという国政を左右する重要事項については、国民の代表である国会議員が、国会で議論したうえで法律により規定すべきであり、一省庁の公務員が、告示を改正することにより簡単に法律の実運用を変更できるのであれば、我国の法体系は既に崩壊しているのではないでしょうか?

本件に関し、早急にご調査のうえ対処頂きます様、よろしくお願い致します。」


私自身は、今回の入管法改正に賛成していただけに、「告示」の改正で入管法改正を無効化してくるとは考えていませんでした。もしも、これが事実であれば、どういった力が働いたのかと恐ろしくなりますね。

日本人は自国について自由に決定する権利が無いということを再確認しました。

勘違いであることを期待したいのですが、悪い予感しかしません。

2019/03/07 (Thu) 20:45

ちちんぷい  

上から下まで国家破壊

選挙で選ばれたわけでもない一部の閣僚が、密室の告示一発で法の内容を書き換えるなど、立法府である国会軽視、三権分立を無視する暴挙です。

しかも、内容が悪すぎますね。世界中で偽装難民の定住が受入国の社会を破壊しています。日本で、シナ人を使って人口侵略をやる企みです。親中派やチャイナスクールの仕業でしょうか。日本にとってメリットがないどころか、デメリットしかありません。

民主主義は、価値観と伝統を共有する高度な社会でしか成立しません。国籍や民族性の違いを無視するグローバリズムは、民主主義の敵です。真の自由ではなく、エゴイズムと動物的生存権のみをのさばらせます。

再度、ひっくり返す必要があります。

2019/03/07 (Thu) 23:25

ちちんぷい  

偏向こっぱ役人はろくでもなく

上のコメント間違いました。
一部の閣僚ではなく、一部の官僚でした。

2019/03/07 (Thu) 23:34

ナポレオン・ソロ  

私見ですが、誤解が有るのかもしれないなぁ、と思って居ます。
理由は、吹雪さんやチチンプイさんが仰っている様に、立法は国家
の基本である三権の1つで、選挙で選ばれた国会議員の専権事項の
筈で、唯の公務員でしかない官僚が、恣意を以て告知ダケで、法の
中身を勝手に変えられるのは明らかに越権行為で無効だと思います
し、官僚に変えられるのなら、首相にも変えられるのが当然だが?
と言う単純な疑問にも突き当たります。 唯、入管法改正の内容
表現が曖昧だったので、其処を衝かれた可能性は有りますが、其れ
なら、正に官僚は獅子身中の虫である事を、自ら立証して終った事
に成りますね。

 日本国民さんが仰る様に、米朝会談が不発に終わり、半島2国の
運命がネガティブな現実を呈し始める瀬戸際に成ったこのタイミング
は、反日・在日勢力にとっては極限的に追い詰められた状況だと言え
ましょう。

 「鼬の最後っ屁」なのなら、安倍首相は是を行った法務官僚を
始めとして、背景に居る勢力の構造とその正体を暴き出して、必ず
厳しく罰し無ければ、吹雪さんが危惧している様に「日本国民は、
自分で自国の事を自由に決定する権利が失われている」と言う、
絶望感に捕らわれる事に成りましょう。

 私は是は、国民性によっては、内乱を誘発する様な一大暴挙だ
と思いますから、企画したモノの罪は重たいですね。

2019/03/08 (Fri) 06:12

(名前不明)  

No title

対談番組を文字起こしたものです。
ttps://www.dreamlifecatcher.com/2019/02/17/abe-sales-country-policy/#i-30

新たな「庁」をめぐり、いかに影響力を持つかに汲々とする官僚の姿が垣間見えます。
官僚・省庁が自らの権益を追求すれば、官僚機構そのものが国を壊す(壊しかねない)ということですね。

2019/03/08 (Fri) 10:36

日本国民  

孔子学院

♦日本国内にある孔子学院
https://pbs.twimg.com/media/Dz24MZqUUAAtUT_.jpg:large

米国内では孔子学院の排除、中国留学生への規制の厳格化、
中国人の永住許可の厳格化や忌避を安全保障上の問題として
国防権限法を以て、あたっております。

米国の同盟国として筆頭である日本国が、孔子学院を
継続し、シナ人留学生を優待し、ましてや永住許可を
簡略的に与えるなんぞ、黙認なぞするでしょうか?
下手すりゃ、米国よりも中国を選択したとして敵国認定
を受けますね。
従前より、アメリカを選ぶか中国を選ぶかとの選択肢
を各国に突き付けています。

日本に関しては、表だって強硬に、要求しているという
情報はないようですが、“〇○ホイホイ”の役割
でも担ってんのかな?と勝手に憶測もしております。

日本に対する強硬要請がない事をいいことに逃げ場と
化すことで追い込み漁の真似事・・?とも・・ね。
ホントならある意味迷惑・・(笑)

あっそうそう、おばちゃんさん、弓月恵太さんのブログ内
では決して特亜に関して批判的コメントはない上に擁護的
姿勢、と仰っておられましたね。
本音かどうかは別として今回の、春のBAN祭りの喧騒を何の
障りもなく、やり過ごしておられる処から、また憶測癖を発
揮しました。特亜に関して擁護側の立ち位置を(嘘でも)示
しておけば、『安全』と踏んでいるのかもしれないと考えて
しまいました。
私が頻繁に伺っている某方のツイッターでは旗幟鮮明にし過
ぎて、今、ロックされて未解除状態です。

しかし、弓月氏は虎8攻撃の先鋒と化していても、健在です。
真偽のほどは分かりませんが、フッと思い立って記してみま
した。

2019/03/08 (Fri) 14:24
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 毛細状に蔓延る敵

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
私もどちらかと言えば物事をええ方に考えてしまうクセがあるので、よしっ、いよいよや!と思いたいんですけどね。

2019/03/08 (Fri) 16:45
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 悪い予感しかしません。

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
官邸HPにメールしはったんですね。さすが。
小さな一つ一つの力が、いつか全体を動かす大きな力になってほしいですね。

2019/03/08 (Fri) 16:47
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 上から下まで国家破壊

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
> 親中派やチャイナスクールの仕業でしょうか。
・・・・・これって、想像以上に力を持ってそうですね。

2019/03/08 (Fri) 16:49
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: タイトルなし

ナポレオン・ソロ さん、コメントありがとうございます。
考えようによっては敵はそれだけ追い詰められてることがわかってる、ということなんでしょうか。
それにしても今回はひどい、、、。

2019/03/08 (Fri) 16:52
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: No title

(名前不明)さん、コメントありがとうございます。
このサイト、便利ですね。ご紹介ありがとうございます。

2019/03/08 (Fri) 17:06
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 孔子学院

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
日本にある孔子学院も早うどうにかしてほしいですね。
たとえアメリカから言われて、という形でもなんでもええと思います。
日本人は外圧には弱いですからね(笑)。

2019/03/08 (Fri) 17:11

日本国民  

法務省は国民の敵 資料

法務省の正体 - 国民が知らない反日の実態   (平成26年2月1日時点ミラー) - アットウィキ

https://www59.atwiki.jp/sakura398/pages/842.amp#referrer=https://www.google.com

故中川大臣「人権擁護という名の言論弾圧」「人権侵害救済法案で私は消される。」
https://www.youtube.com/watch?v=rFFMpi2R6hw&feature=youtu.be

2019/03/09 (Sat) 14:01
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 法務省は国民の敵 資料

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
これは必見ですね。資料をありがとうございます。

2019/03/09 (Sat) 18:51

Leave a reply