余命ブログ復活もすぐに閉鎖?日本には絶対テロは許さへん、来年は大丈夫か?

走る小


 毎日いろんなことが起こり、ニュースについて行くだけでも大変ですね(笑)。コメント欄でも触れられていたニュージーランドでのとんでもないテロ事件。南部のクライストチャーチにあるモスクで銃が乱射されて、多くの人が亡くなりました。その様子を犯人は自分の身体に取り付けたカメラで撮影してネットで同時に流していた、と。そして結果的にはそれが世界中に拡散されてしまいました。

 まず犯人。単独行動のようです。87ページに及ぶ犯行声明文では、ある白人至上主義者に影響を受けた、とか。中に1回だけトランプ大統領の名前が出てくるみたいですが、あるアメリカの反トランプメディアは早速「トランプの影響」と報じているとか。日本の「アベガー」と同じで笑えますね。上の声明の中ではトランプさんのことを貶してるというのに、やそうです。

 そしてこの動画を即座には削除できなかったFacebook、YouTube、Twitter。なんか動きがおかしい、と指摘してる人もいます。つまりは流布されるままにしていたとか?もちろん真相はわかりませんが。ホンマに単独行動なんかどうかは、いずれ明らかにはされるのでしょうが、世界はウソ、捏造だらけですから、今後も冷静に判断せなあきませんね。この点について、私がこれも一応お金を払うてる有料サイトで、上念司さんが面白い指摘をしています。

 テロ組織であるアルカイダやISが得意とした拡散手法は、SNSを使ってスタンド・アローン・コンプレックス(SAC)を発生させることやった、と。私はアニメはほとんど知らんのですが、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』という有名なSFアニメがあって、スタンド・アローン・コンプレックスというのはこの攻殻機動隊がよく採用する戦法?なんやそうです。

 オリジナルの犯行が発生した後、同時多発的に模倣犯が発生する現象がある、と。それぞれの犯行は個人が勝手に考えてやっているが、全体で見ると組織的に動いているように見える、ということやそうです。今回の犯行がマネされるなんて、絶対にあってはならないとはいえ、今後また起こらへんとは言えませんよね。

 ただ上念さんは、これは一つの手法、戦法やからマネしたらええやん、ということで自分がやってる「朝日新聞縮小団」も同じ、と言うてはります。要はあらゆるところで朝日新聞の購読をやめましょう、という活動を個人でやって、そのやり口をSNSで拡散することで多数がそれを模倣する、と。これが広がると、「首謀者」がおらへんわけで、誰かを押さえてしもたら止まる、というわけにはいかんのですね。

 それでふと思い出しました。実は昨日、「余命三年時事日記」が復活しました。私も昨日、驚いて記事を読みましたが、本日(18日)は既に攻撃されているのか、また閉鎖されてしまっているみたいです。サイトが変わり、新しい記事が二つアップされてました。もちろん今まさに進行中の懲戒裁判に関してです。この人おかしい、と弁護士に対して懲戒請求をしたら逆恨みされて、その弁護士から恫喝訴訟を仕掛けられたので、それに対して反訴している真っ最中のようです。

 この余命さんのやり方も、もともとはこのSACに近いと言えるかも知れませんね。「官邸メール」に始まり、「入管通報」を呼び掛け、「懲戒請求」を呼び掛けてきましたから。ついに訴訟合戦になったことで、今は960人の懲戒請求者が緩やか?にまとまっているみたいですが。

 私は懲戒請求をしてませんから、この960人には入っていませんし、実態はわかりません。まあ裁判は最高裁まで行ったら2年以上かかるそうなんで、時折の報告を待つことにします。そのたびにニセモノもいっぱい出てくるようですが、それはそれで判断力を養うのにちょうどええかも知れませんね。外国人が副会長になるような日弁連はおかしいと思いますし、今までに出してきた会長声明なんかもとんでもないものばかりです。そろそろ動きがあるのかも知れません。

 話はそれましたが、テロはそもそも人間として絶対許されるものやないですね。日本にはそういう暴力を絶対に入れへんようにしたいですが、いよいよ来年は東京オリンピック、気いつけなあきませんね。

【追記3/18】「余命三年時事日記」は、私のところでは一度見れなくなっていたのですが、今は見れるようです。記事は4つに増えています。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 12

There are no comments yet.

日本国民  

生きてはるよ・・

翁のブログ、今はちゃんと閲覧可能状態ですよぅ。
私の知らない内に、暫時閉鎖されてたのでしょうか?
まぁ、いろんな成りすましやらが跋扈してたようで
それだけ、抑え込まなねばならない存在だと自白して
いるも同然でしょうね。
日本国国民の公権である処の懲戒請求を、脅し行為で
抑え込もうってんだから、絶対に解体せねばならない
存在だ。

2019/03/18 (Mon) 18:14
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 生きてはるよ・・

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
確認しました。見れました。
こちらの問題やったかも知れません。本文に追記しました。
どうも書き手が変わったような気がしますね。法律の専門家、みたいな。

2019/03/18 (Mon) 18:56

素浪人  

テロの善悪の彼岸

テロの善悪の判断はさておき、ブロガーの有門大輔氏が指摘している様に、多文化共生なる多文化強制を絶対的善で批判すら許さないという現代世界の狂った思想・潮流が方針転換されない限り、また何度でも同種の事件が起こされるでしょう。そしてその度に犯人や犯行組織の異常性を分析し、再発防止やら銃規制強化やらを実行した所で、虚しい結果(テロ続発)を招くだけでしょう。

結論としては、世界の国々は出来得る限り共通の価値観・文化・歴史を有する集団(≒民族)でまとまり、その集団で一つの国家を形成するという、人類の歴史では普遍的な上にも普遍的な原理原則に立ち返るしかないでしょう。メリケンなどの移民国家は、彼の国々が民主制度に基づく国民の総意を以て国家の方針を決定して行くしかないでしょう。

無論、我が国は我が国が長い歴史で培って来た広義の大和民族(アイヌ・本土・沖縄)を単一民族として人類最後の日まで日本という民族国家を維持し続けるのが最善ということは言うまでも有りません。その結果として他民族の排斥排除が起こるのは止むを得ないことです。腐れ多文化強制の狂奔の波に、我が大和民族の存在がさらわれてはならないのです。

2019/03/18 (Mon) 22:12

ちちんぷい  

世襲・縁故は中韓が本場5656

マイノリティによる権利主張を絶対善や絶対正義にしてしまう日本のマスゴミ。=サヨク。
それを否定する日本人は、偏狂なナショナリストや歴史修正主義者や戦争肯定者みたいなレッテルを貼られて排除対象にされてしまいます。権益を犯すものなら、なおさらです。
余命さんとこは、その典型例なのでしょうね。安倍さんもね。

一方では、中韓の不都合な真実は隠ぺいされるわけですから。恐ろしい言論統制です。
単にマイノリティと言っても、日本では特定の外国人やそのシンパに限定されます。残りは、限定的ではないよというアリバイ作り証拠作りや帳尻合わせのサクラの類ですね。日本の場合は、そのマイノリティの主軸は中韓です。それに気づかぬ朝日信者。
自虐が高じて自己否定にまい進してきた、おかしな日本。覚醒して変えていかねばなりません。

中韓は遊牧の血がそうさせるのか、固定的な土地への執着心が薄弱で、自然体で侵略的な行動をとります。本来の「一所懸命」ではありません。土地からの生産を考えるより、他者の権利に割り込んで自分の権益につなげようとするんですね。
自分の既得権益欲求はとても強い。握れば放しません。対抗する権益者は、生存をかけてつぶします。
それを子孫縁故者に渡すことで、自分の地位の安泰を計るのです。ほとんど世襲意識です。中韓の祖国のありようを見ても、日本の世襲・縁故なんかモノの数ではありません。

地方の役所で外国人(中韓人)の登用が問題になりますが、非常に危険なことですね。それも世襲や縁故連れ込みに持っていきますよ。早めに手を打たねば。

2019/03/19 (Tue) 00:58

ナポレオン・ソロ  

「和」の心を守り通せるか?

↑の御二方(素浪人さん ちちんぷいさん)が述べられている
反多文化強制や日本に既に潜り込んで居る中韓系の外国人の
危険性は、両国民共、国家総動員法の対象者だけに、具体的な
脅威に成って居ると言えましょう。 私が唖然とするのは、一般
レベルの日本人は、未だその事を、脅威処か危険であるとすら認
め様としないと言う事で、我々が喫緊に問題にしなくてはならない
のは、こう言う「お花畑世界観」を改める事だと思います。

 この工作を仕組んだのは、決して、中韓人では無いと思います。 
其れは、日本人が歴史的に「お上」を信用して来た民族だからで
しょう。「公的なモノに対する、絶対的な信頼の態」は、支配層は、
歴史的に、侵略して来た異民族で有り、弾圧と収奪者でしかない
欧州勢力に取って、眞に不思議な民族に見えた事でしょう。

 彼らには、日本人がカモに見えた人も、逆に、そう言った社会を
羨ましく思った人も居た筈ですが、その従順で大人しい日本人の
戦争の強さは、彼らを瞠目させ、恐怖心を持った事でしょう。 

 ですから、WGIPの基になった「日本人改造計画」と言うものを
仕組んだ欧米人は、日本を研究して知悉しているが故に、日本人の
脅威も知って居る人達だと言えましょう。

 然し、この歴史を俯瞰して看て視たら、この多民族との共生は、
何れは起る現象に対して、神が日本人に与えたプラクティスなので
はないかと、考えれば前向きになれますねw、でも、先ずは素浪人
三が仰っている様に、日本人が、日本人としてのアイデンティティ
を回復する事が先決であろうと思います。

 急激な異民族の流入は、換言すれば唯の侵略です、武力衝突や殺戮
を伴わなくても、チベットやウィグルの様に、家畜同然に生殺与奪権
を奪われあのでは、民族が文字通り殲滅されて終います。 

 では、どの位の民族流入なら問題ないのかと言えば、日本で文明が
短期間に大きく変わった縄文晩期~弥生のBC10世紀から、約千年の
紀元迄の様です。

 然し、そうは言っても、宮内庁発行の、天皇系譜図から看たら、
所謂「倭国大乱」は、BC6~BC1世紀迄、513年続いていますが、
結果、皇統系譜に「欠史8代」を創ったり、三韓征伐で有名な応神帝
が、父君の仲哀帝が九州で薨去された後にお生まれに成られてから
大和に帰る迄40年もかかっている等、解明されて居ない部分が有る
様ですがね。

 神武帝は固より、九州の出ですから、父君のウガヤフキアエズは、
海人族の王で有ったのではないかと思って居ますが、海人族の出自
は南方から黒潮に乗ってやって来たスンダ人の可能性が高い。

 そして、長江民族を構成する2つの民族の裡、東夷族と呼ばれる海
洋民で交易の民で、その足跡は、縄文期カラ日本列島に記されて居た。
つまり、縄文人「=蝦夷・熊曽」との交流が有った、との事なので、
弥生時代が突然始まったのではない、と私は思って居ます。

 つまり私は「日本人は固より、3万年にも及ぶ長い時間を懸けた平和的
な混血に拠って完成した民族だと考えているのです。 ですから「和」の
国なのだと言えるのです。 今の世界を見まわせば、この「和」が全く
失われている事が分りますし、日本も否応なく、巻き込まれて行く惧れが
有りますが、この問題を解決する一番の方法は「時間」なのです。

 然し、その「時間」は途轍もなく永いかもしれない。 その「時間」に
我々日本人は、日本文明の「和」の心を守り通せるだろうか、それが我々
日本人に与えられた共通の課題でしょうね。

2019/03/19 (Tue) 07:04

彩希  

総理は海外で暮らす日本人がイスラムテロリストの標的にならないように「上手く」出来る限りの事をやっていると思いますね。アメリカがイスラエルの大使館をエルサレムに移設すると決めた時には国連安保理で真っ向、反対票を投じさせましたし、パレスチナには支援を続けていて、どちらの側にも与していない事をイスラム世界にアピールしています。パレスチナの人達も日本がアメリカと同盟国なのは逆らえないのだから仕方ないと思ってくれてるような気がします。

パレスチナでは毎年、東日本大震災の犠牲者を追悼して子供達が集まり凧揚げをして悼んでくれています。遠い国の貧しい子供達の思いに感動させられます。画像があるので御覧下さい。

海外「日本には感謝しかない!」 ガザ地区の子供達の日本に対する愛情が凄かった - 【海外の反応】 パンドラの憂鬱
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2638.html

それでも、アルジェリアでは最前線の企業戦士達がテロリスト達に惨殺される事件も起きました。我々日本人にはイスラム圏の国の人達の事は良く分からないので安易に難民だからと引き受けたりしないことですね。現在の所、少数ですがイスラム圏の人達が住んでいますが何にも問題は起きていないようです。私達の問題は日本を乗っ取りたい、日本人を支配したいとドス黒い欲望をたぎらせている、密航難民で不法に入国して来たまま止めたことも無いのに帰国しようとせず何世代も居座り続けている民族を日本に置いたままにしていることですからね。

2019/03/19 (Tue) 09:55

ナポレオン・ソロ  

>彩希さん ソロです。
 とても良いものをご紹介いただき感激して居ます、有難うございます。

 処で、私は昔から動物が好きですが、其れは「生き物同志の心が通い合う」
事の、素晴らしい体験を得られるからなんです。 省が失せイン低学年の時分
ワケあって、学校で孤立して居て、心を許せる対象が飼って居た猫しかいな
かった時期が3年程、有りましたのでね。

 パレスチナの子供達、然もガザ地区とは、シオニストが創ったイスラエルな
んて、唯のプロパガン仇に過ぎないのに、実は、ハザール人って、スラブ系の
白人ですからね。 大人たちの嘘で、子供達が生まれながらに、酷い目に遭わ
されて居るなんて、本当の事を知って居れば、安倍さんのやって居る事は、
判官びいきの日本人のメンタリティに有った事どうだと思います。

 そうだ、負けるなパレスチナ、何時かは故郷を取り戻すんだ、と、応援した
くなりました。

2019/03/19 (Tue) 16:41

彩希  

To ナポレオン・ソロさん

子供って恨みを教えられて育つと、またその子供へと連鎖して行きますからね。自分達は見捨てられていないと思えると優しくなれるので良い支援だと思います。どうしても中東ではアメリカを恨んでいる国が多いですから。アメリカの味方だと思われると(まあ味方ですけど)、日本人も恨まれてテロの、とばっちりを受けるかも知れないので総理は頭いいなと思います。パレスチナ人が反対していたアメリカ大使館のエルサレムへの移設を日本は反対したけれどトランプとの仲もおかしくならなかったようですし。トランプはイスラエル重視していますからね。

2019/03/19 (Tue) 17:44
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: テロの善悪の彼岸

素浪人 さん、コメントありがとうございます。
> 世界の国々は出来得る限り共通の価値観・文化・歴史を有する集団(≒民族)でまとまり
・・・・・これが理想ですよね。でもクルド人なんかは物理的にしんどそうですね。

2019/03/19 (Tue) 18:27
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 世襲・縁故は中韓が本場5656

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
いやあホンマに地方での「外国人」の浸透は危ないレベルですよね。

2019/03/19 (Tue) 18:30
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: 「和」の心を守り通せるか?

ナポレオン・ソロ さん、コメントありがとうございます。
うーん、万年単位のスケールの大きな発想!いいですねえ(笑)。
そういうスタンスやと、イライラせんと考えられるかも知れませんね。

2019/03/19 (Tue) 18:34
ナニワの激オコおばちゃん

ナニワの激オコおばちゃん  

Re: タイトルなし

彩希 さん、コメントありがとうございます。
いい画像もありがとうございます。
人間は本来、融和的なんや、と一瞬思いかけましたが(笑)やっぱりあの国とあの国はムリやな(笑)。

2019/03/19 (Tue) 18:36

Leave a reply