香港のデモは世界が変わる兆なんかも知れんな。一民間人がペンス、ポンペオに会うって。

自転車小


 宮崎正弘さんのメルマガは、ものごっつい役に立ちますね。新聞にお金を出すのがアホらしくなります。あ、もちろん私は時々、宮崎さんの本もちゃんと買うて読んでますよ(笑)。いっぱい本を出しはるから、読むのが追いつきませんけどね。そして今日もまた、びっくりする話をさらりと書いてくれてはります。今も続いてる香港デモの話です。

 宮崎さんの記事(「ジミー・ライ(頼智英)がペンス副大統領、ポンぺオ国務長官と面会していた」)は、頼智英という人が今回の香港でのデモにポンと寄付していたり、挫折はしたものの、2014年の「雨傘革命」のときにも支援してはったことを書いてくれてはります。

 <ジミー・ライ(頼智英)は不屈の人物、中国共産党の圧力に決して屈しない。自宅に火炎瓶を投げ込まれたり、系列のアパレルチェーンを放火されたり、あらゆる妨害を乗り越え、香港で「自由、民主」を掲げた「リンゴ日報」と「壱」を発行し、北京の政策に批判を展開してきた。>
 そんなスゴい人なんやそうです。ようまだ生きてはるなあ。

 <「返還後、中国共産党の統治が進んで言論の自由はなくなるのではないか」と聞くとジミーは楽天的で、「中国は香港という国際金融都市を必要としている。国際金融には自由な報道、情報の透明性、客観性が絶対必須条件であり、香港がまるまる飲み込まれることはない。私はハイエクの信者である」と胸を張って答えたものだった。>
 というエピソードも紹介してくれてはります。ある意味典型的な、大らかで楽天的な「中国」人のようにも思えます。

 私がびっくりしたのは本筋の話のところではなくて、六四天安門事件の後、日本が世界に先駆けて「中国」への制裁を解いて、海部俊樹首相が訪中し、宮澤喜一首相の時に天皇に訪中してもらうなどという、あからさまな天皇の政治利用をしたときの裏話?です。

 <日本は中国制裁解除へ一番乗りをはたし、西側から軽蔑されたが、後に銭基深外相(当時)が回想録で「(日本を騙して天皇を訪中させたのは)外交上、あれほどうまくいったことはなかった」と書いたほどだった。>
 何や、結局日本は騙されてたわけやんか。しかもずっとアメリカの言いなりになってきてたわけですよね。アホらし。

 宮崎さんの分析では、今回の香港のデモ騒ぎで、台湾にも波状効果が及んだそうです。国民党から出馬している郭台銘の支持が急落し、下降気味だった蔡英文の支持率が盛り返したんやそうです。まだまだわかりませんね。

 私の前の記事(「よっしゃ安倍ちゃん!イランも香港も北朝鮮も、全部つながってるんや。世界は邪悪やで。」)では、江沢民派と習近平派が戦っている最中なんや、ということを書きましたが、実は所詮、習近平派にしても、自由を抑圧するどうしようもない中共(中国共産党)やんか、ということですね。

 宮崎さんの記事ではブッシュ親子も親中で、その後のオバマの民主党も巧妙に中共から政治献金を受け取っていたわけで、ヒラリーが当選してたら、ずっと対中政策は大甘やったやろう、と書いてはります。ホンマにトランプさんが当選してよかったなあ。

 「中国」との戦いはまだまだこれからですけど、日本、絶対に世界から孤立せんように、これからもうまいこと立ちまわってほしいですね。繰り返しますけど、世界は邪悪、ですから。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 3

There are no comments yet.

彩希  

▽トランプ政権、イラン沖などを航行する船舶護衛の有志連合の結成に日本の協力求める

〈米、日本に有志連合への協力打診 イラン沖で船舶護衛 〉

トランプ米政権が中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するために同盟国の軍などと有志連合の結成をめざし、日本政府に協力を打診したことが分かった。

米国は他の同盟国にも呼びかけており、今後、数週間以内に参加国を決める方針だ。日本政府は米側の具体的な要請を見極めながら、参加の是非や参加する場合の法的な枠組みを判断する。

2019/7/11 2:00(有料記事)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47215960Q9A710C1MM8000/

来ましたね。パヨパヨが早速、戦争に巻き込まれると言ってます。自国のタンカーを自衛隊が守って何が悪い?日本には資源がない。命をかけて日本に石油を運んでくれてる乗組員を守って何が悪いと言うのでしょう。他の国の軍隊は皆、自国と自国民を守る為に居ます。そして国民は皆、軍隊を尊敬しています。日本みたいに自衛隊を貶めるパヨパヨなど居ない❗

2019/07/11 (Thu) 21:15

彩希  

蔡総統の支持率が戻って良かったですね。あの方は中国の脅迫に屈しない人です。アメリカとの距離を縮めようと武器購入も増やしたし台湾を中国から守る気概がある人です。ただ、経済が中国への依存度が大きいんですよね。だから、前の地方選の時みたいに台湾の人達は国民党に傾くのではないか、そうなれば台湾は日本のシーレーンに面する国で、日本の石油タンカーの通り路シーレーンを中国が狙っているので日本にとってはマズイ事になるなと思ってました。香港でのデモの様子は常に中国に威嚇されてる台湾の人達には他人事ではない衝撃だったようですね。折角、トランプ大統領が台湾に事実上の大使館を建て、海兵隊も駐留させるとかボルトン氏も言っているのに国民党政権では立ち消えになったと思います。

小濱
台湾は第二の香港になりかねない。2020の総統選挙はきちんとした判断を望む。

提姆
このニュースを見て台湾の事を考えた。もし台湾人が親中派の国民党を選ぶなら。今の香港が未来の台湾の姿だ。

吳榮華
自由だった香港が、今や地獄。台湾人よ、これをみてしっかり考えるんだ。今の香港が明日の台湾。後悔した時には手遅れなんだ。

2019/07/12 (Fri) 00:10

黒潮打線  

日本も続こう

>日本は中国制裁解除へ一番乗りをはたし、西側から軽蔑されたが、後に銭基深外相(当時)が回想録で
>「(日本を騙して天皇を訪中させたのは)外交上、あれほどうまくいったことはなかった」と書いたほどだった。

 西側から軽蔑されたというより、抜け駆けに見えたことでしょうね。実際、西側とくに米国はチャイナ進出していますから。それを後押しした媚中のブッシュ親子、民主党はみなさんお揃いで。

 それも、おばちゃんさんが書かれているように、歴史の転換点に来ているのでしょう。ここは踏ん張りどころです。チャイナや香港それに台湾には、しぶとい意思堅固な闘士がいますね。

 日本も見倣わないとなあ、と思います。でも、マスごみにたらし込まれて、後々「あのとき日本人をうまくだまして・・・」などと回想されないようにしないといけませんね。
 その流れは、まじかに迫った全国選挙で見えてくるはず。選挙にいきましょう。

2019/07/12 (Fri) 12:34

Leave a reply