え?維新が勢いを維持してる?世間の空気はすぐには変わらへんな。消費増税も。

自転車小


 ある日突然、世の中の困りごとがすべて解決して上手くいく、なんてことはあるわけはないんですが、悲しいことに、いつまで経っても何にも変われへん、ということはいくらでもありますね。維新の人たちがあれだけ大騒ぎして、ネットでは、維新が実は反日野党と根はおんなじやった、というのはものごっつい広まったように思うてました。

 でも今朝の新聞各紙では、維新は大阪でも東京圏でも、「勢いを維持している」んやそうです。あーあ、これが現実なんかなあ、と悲しくなりますね。いわゆる空気、というやつですか。世間の認識と言うのは、実はその程度のものやということですね。

 それでもその空気に抵抗して、何とか変えたい、と思てる人の一人が藤井聡さんでしょうか。最近話題になっているMMT(現代貨幣理論)の提唱者であるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授を急遽日本に招いて16日に講演会(シンポジウム)が開かれました。実は私は藤井さんが内閣官房参与を辞任し、言論活動に専心すると表明して「令和の政策ピボット」を設立しはったときから応援してました。

 藤井さんがこのMMTの第一人者といわれるステファニーさんを呼ぼうと本人に直接お手紙を書いたら快諾してくれはって、一挙に来日が決まった、せやけど金がない、寄付してくれ、とサイトで言うてはったので、3000円だけ寄付しました。当初設定の金額は1万円しかなく、その場合でも講演会の席を約束できるかどうかはわからん、という話でした。そしたらあっと言う間にお金が集まって、しかも席はいらんから、という人たちのために3000円の枠もつくった、ということで(笑)「1万円は無理っっ」と思てた私でも寄付できたんです。

 そしたら結果的には招聘してシンポジウムを開くのに最低700万円が必要やったところに2400万円?も集まったそうです。そこで大々的に告知もして、プレス(報道)も呼び、お仲間の三橋貴明さんのブログによると、同時通訳のレベルもめっちゃ高いものを付けることができたんやそうです。まあこういうことは新聞社が率先してやるべきことやろうけど、財務省の意向に逆らうようなことを主張してる人を呼ぶなんて、日本の新聞社にはでけへんやろなあ。

 そして藤井聡さんは昨日の「新」経世済民新聞で、翌日のマスゴミがしっかり取り上げてくれたことを報告してくれてはります。こういう事を積み重ねることで、少しずつ「空気」が変わっていくんやと思います。私もマスゴミ、なんて言うてますけど、それでも日本の大新聞は毎日、数千万人の人が読んでるわけで、その中には組織でそれなりの権限を持ってる人たちが、確実にいてはるわけですからね。悔しいけど。

 肝心の内容については改めて書きませんが、それこそ20年前から、わかってる人はずっと言うてたことで、ほら、やっぱりそうなってるでしょ?な話がほとんどやと思います。失われた20年、30年、おんなじことを、まだこれからも続けるんですか?日本はどんどん貧乏国になっていきますよ、という話ですね。

 三橋貴明さんの昨日(17日)のブログの後半で、三橋さん自身が面白いと思ってメモした部分を披露してはって、それがめっちゃわかりやすいです。

 政府は財源として税金を取ったらあかん、先に財政支出をせなあかんのや、とか。
 MMT批判でよく言われる、赤字は気にせんとなんぼでも金を出したらええ、という話は間違いで、リスクはインフレや、と。そしてそれは供給能力(生産のための機械、労働者の人数、原材料の量、使えるリソース)の不足によって起るんやと。
 でもインフレになったら今やってる増税と財政緊縮をやったらええだけの話。
 他には政府の赤字は、常に政府以外にとっての黒字になる、とか。

 繰り返しますけど、実はそんなん、20年前から言うてたやん、という人はいっぱいおると思います。とにかく少しでも「空気」を変えていかなあかんな。

 ところで、アンチ三橋さんの人は多いですね。三橋さんのブログでは毎度のように「安倍政権は・・・」という政権批判みたいな言葉が並んでます。まあこれも商売なんかな?とも思いますし、私はこれを批判するつもりはありません。自分が正しいと考えることを、時には炎上狙いで気付かせる、というのも必要なんとちゃいますか?ただ、山本太郎議員との対談はちょっと気持ち悪いんですけどね(笑)。

 10月のアホな増税、ホンマに何とかならんもんかなあ。いや、ホンマにアホですからね、やってしもたら。わかってる人はわかってるのに、というのがもどかしいですね。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ←ついでにこっちもクリックww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 6

There are no comments yet.

(名前不明)  

日本の為に戦う政治家を応援して下さい。

多くの人々が今の日本の政治に不満が有ると思います。政治家はもっとちゃんとしろよ、と思ってると思います。でも、日本の為に戦う政治家は本当に一生懸命に頑張ってますよ。

政治の世界じゃあ数々の選挙妨害等は当たり前で、お前の子供がどうなっても良いのか?と言った脅迫も幾らでも有ります。でもって政治家は防刃チョッキ等を着て活動してるんですよ。

でもですよ、日本の国民の半分位しか選挙に行かないんです。更に、行く人の半分位はインチキ政治家に投票するんです。だから日本の為に頑張る政治家が当選できません。政治家は当選出来なきゃ何も出来ないんですよ。

それじゃあ日本の政治は何時まで経っても良くなりませんよ。だから皆様にお願いです。必ず選挙に行って下さい。そして自民党に投票して下さい。今回の参院選で自民党が転けたら日本の政治は大きく後退します。

宜しくお願い致します。

2019/07/18 (Thu) 18:44

コブシ  

変化

おばちゃん?、こんばんわ。
日本人は変化を好まないから結構大変、時間が掛かりますね。
でも維新に対しては少なからず嫌いになった人がいます、私も含めて・・足立さんのお陰です。
報道特注も無くなったし、良かったと思っています。
維新が勢いを増していると言うのはメディアの作戦では無いですか?大阪だけは強いとは思いますが。
何故大阪で強いのかは在が多いのと詭弁が多い、実態が判ってないから?おばちゃんはご存じですか?
確かに表立っては給料を減らしたりして国民受けがする様な事を実行して来てますが、実は彼らの目的の裏側が何であるのかな?と言う事です、外国人参政権とか夫婦別姓の他にももっと大事な事がある様な気がしてます。
関西は在が多いから韓国人の薄っぺらな思考と同じで騙されているのではないでしょうか。
三橋さんね、私も苦手です、これは私の勘ですが・・。
増税の件、安倍総理は何か考えがあっての事だと思ってはいるのですが・・良い方向へ行くと良いけど。
変わった事と言えば、前回の投票で感じた事ですが、若い人が投票所に足を運んでいたのが印象的でした。
頑張れ日本!

2019/07/18 (Thu) 21:06

東京のおじちゃん  

維○(橋下党)は、先日の靖国神社に対する考え方で、もう終わったでしょうね。
結局、日本を破壊したい魂胆が露呈してしまった。
大阪の地元愛を利用活用しても、全国区は取れません。

2019/07/19 (Fri) 05:25

miku  

「インフレになったら今やってる増税と財政緊縮をやったらええだけの話。」
ほんとこれだけですよね。
正しい経済論が広まらないのは、日本人が真面目なのもあると思います。
もともと貯金や節約が好きで、将来世代のために節約と言われると、頑張っちゃうんですよ。
それと貧困化しているとはいえ、まだまだ豊かなんでしょうね。普通の国ならとっくに暴動が起きてます。
日本人の場合、暴動より自殺を選びますから、10月の消費増税で自殺者は増えるでしょう。
(安倍政権になって自殺者数は確かに減っていますが、調べたら、不審死を自殺とカウントしなくなったせいでした)

2019/07/19 (Fri) 09:14

豚です  

自民党は応援したいんですが、その自民党がデフレのこの時期に「消費税増税」ですしね。
経済のことわかってないやろと・・
青山繁晴氏のいうように、今は小異を捨てて大同につく・・・しかしね・・・

自民党は政策的にどうやら本当の保守ではない、と感じ始めています。
ではどの政党に投票すればいいんだろう??



2019/07/19 (Fri) 12:28

そこつモン  

私も、国家観が近いと思う候補者・政党に投票しようと思います。比例は和田さん。
公約は変わることもあるので当てにしません。マニフェストっているの?という気もします。
もう一つ、歴史観の違う野党を選択しないことも重要だと思います。

青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1204(抜粋)
選挙中ですから、あまり具体的なことは言えませぬ。 しかし、これだけは聴いてください。 税制は変えることができるけど、国家観は変えられません。「一票に託す」と政府もNHKも新聞も言いますが、違います。 選挙とは、主権者の代わりに議論する人を選ぶだけです。主権は、あなたただけにあります。あくまで、主権者ひとりひとりにあって、それは選挙後も変わりません。 ぼくの話、演説もあくまで、日本の唯一の主人公であるあなたが自分の頭で考えて投票するための参考、きっかけです。 決めるのは、あなたです。 そのうえで、ぼく自身も投票する立場として申します。 ぼくは、国家観に基づいて、投票します。


某国の街並みのように見掛けは良い?維新の会。
締めの言葉は、大阪が心底好きなんだなぁと思わせる、ちょっと痺れるフレーズです。

  大阪府の財政を苦しめているのは維新の放漫経営である
  ttp://kyumin.net/proposal/fuzaisei_rinzaisai/(抜粋)
  本来の橋下思想が正しい。府はスリム化し、基礎自治体に委ねて本来の
  調整機能に集中すべきなのだ。大阪を救うのは都構想ではない。本来の
  橋下思想にも近いであろう、都構想の逆。基礎自治体を重視し、活躍し
  てもらう大阪であると考える。

例えば、この人が大阪維新の会と「大阪くん」の腕を引っ張っぱるような奪い合いになったとしても、「大阪くん」が「痛い」と言えば、この人はつかんだ腕を離すような気がします。持ち上げすぎ?(笑)。

2019/07/19 (Fri) 19:14

Leave a reply