国際法違反のシベリア抑留。日本は「謝罪と賠償を」とは言わへん。ロシアに良心はあるんか?

走る小


 私はいつも、テレビや新聞はマスゴミ、と貶していますが、何も全部を否定してるわけやないですよ。新聞は産経新聞を読んでますが、今日、こういう情報がもっといっぱいあったらええのに、という記事がありました。「遠藤良介のロシア深層 抑留問題追ったKGB元大佐」です。ネットでは有料記事になってました。

 <日本とロシアの「歴史の真実」を追い求めた異色の元情報機関員が9月25日、モスクワで死去した。アレクセイ・キリチェンコ氏、82歳。旧ソ連国家保安委員会(KGB)元大佐でありながら、ソ連がタブーとしていた日本人強制抑留(シベリア抑留)の実態を暴き、その調査・究明に生涯をささげた。>

 このキリチェンコさんは、もともとはソ連時代に、対日宣伝工作の一環として研究を命じられて資料を渉猟してたけれど、やがて抑留問題の調査にのめり込みはったんやそうです。そして著書『知られざる日露の二百年』の中で、「はっきり闇を闇と言うことである。そうしてこそロシアと日本の国民間の信頼について語ることが可能となる」と書いてはるそうです。

 先日、どこかの半島で「慰安婦は売春婦で、自らの意思でなった人たちや」と正しいことを言うてしもた学者が、同じ国民から暴行を受けてましたね。えらい違いやな。これが民度というもんか。

 ソ連は日ソ中立条約を破って、終戦直前の8月9日に対日参戦し、日本降伏後も満州、朝鮮、樺太から日本軍将兵や一般邦人ら約60万人を拉致し、各地の収容所に連行して強制労働を課した、と。死者は5万5千人にものぼったんですね。明らかな国際法違反の国家的犯罪やけど、日本人は今、誰も「謝罪と賠償を!」なんて言いませんよね。

 <抑留問題については91年4月、ソ連のゴルバチョフ大統領が来日時に3万8千人の死亡者名簿を持参し、公式に風穴が開いた。>
 <いまだ死亡者約1万5千人の個人情報が不明であるものの、露当局の理解は進んだ。>

 そのゴルバチョフさんは失脚し、今、プーチン大統領は<対日参戦が正当だったと主張し、北方領土問題を解決する真摯な姿勢も見せない>と。私は北方領土は誰かが言うたように、戦争でしか取り返されへんと悲観的に思うてます。それか、ロシアがガタガタになって、日本に売ってくれる、みたいなことにならへん限り、無理かな、と。

 せやけど、ロシアの中にもこういう良心的な人がおった、ということですね。さすが、世界に通用する輝かしい文学を輩出するお国だけあるな。このキリチェンコさんは、「ロシアと日本の国民間の信頼」が成り立つと信じてはったわけですね。第二、第三のキリチェンコさんが出て来るのを祈るばかりですね。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 2

There are no comments yet.

ナポレオン・ソロ  

ロシア人について

ロシア人についての私の感想は、スターリンの所為で惨憺たるものですが、彼の正体はグルジア人の犯罪常習者と言う事が分ってから、少し変わってきましたが、ゴルバチョフとエリツインにも、ご紹介のキリチェンコ氏にも共通したイメージが湧いてきません。

この原因は、ロシアは、大規模な民族複合国家だと言う点、農奴と貴族層の2極化した社会だったと言う点、厳寒の土地で、寒さを凌げる設備を持てないモノは、生命を維持する事がカナリ難しいと言う点等、地理的、民族的に異なり過ぎた面が多い。

こうした面から、考えれば、日本の様な、多民族の集合で有ったとしても、互いに助け合う余裕がある環境、否、寧ろ、援け合わなければ、絶滅して居たであろう環境とは違う、固より、生物が棲んでいく事を拒絶しているかの様な、厳しい自然環境で、無理に生きて来た人達なのだと、思う様になりました。

ですから、キリチェンコ氏の様な例は、稀有だと思います、聞けば、彼は、プーチンやアンドロポフ~ゴルバチョフ等と同じ、KGBの出身だそうですが、そういう謀略機関から、国家を担う様な人材が是だけ続けて出て来ると言う事は、現在のロシアの大きな特徴のように燃えます。

まあ、諜報機関員は資質的にも優秀で、国家の裏幕も良く知る立場にあるので、民主主義社会が一度も実現した事が無いロシアでは、所謂、ブレジネフ政権下のテクノ・クラ-トとして、エリート視されて居たのかもしれませんね。

然しキリチェンコ氏が、「ロシアの戦争犯罪」とも言うべき、先史時代然乍らの、敗戦国の兵士を奴隷扱いした、近代国家として「恥ずべき歴史事実」を、取り上げて告発しているのは、驚かされます。 是も、ガウスの正規分布に云う「1割の突出した、社会の善化成分」なのでしょうか?

惜しむらくは、ロシアでは、未だこうした良識的な人物を称揚できるほどの民度が発達して居無いと言う事でしょう。

ハザール人だったレーニン達、実は、グルジア人だったスターリンと、ソ連の全盛期を創った共産主義者は、全てロシア人ではありません。

然し、ゴルバチョフやキリチェンコの様な、世界水準の良識を持った人が、現れて居るのですカラ、ロシアの是からにも期待したいですね。

2019/10/10 (Thu) 09:50

みかん  

シベリア抑留は氷の原爆とも言える

キリチェンコさんの記事を取り上げてくださって、とても嬉しいです。
やはりトルストイを生んだ国だけあるんだなぁ。
小6の頃読んだ「ヴィーチャと学校友だち」も、ソ連時代のお話ですが
とても好きでした。

他にも、シベリア抑留を強く批判しているロシア人がいます。
ジャーナリストのV.A. アルハンゲリスキー氏は、
近衛文隆氏(近衛文麿のご子息)の悲劇を追って、
『氷の原爆』というノンフィクションを著しています。
(邦題は『プリンス近衛殺人事件』滝沢一郎/翻訳 新潮社 2000年)

その本によると、9月3日の対日戦勝記念日制定は、ロシア人も
疑問に思う人が多かったそうで(ソ連は日本に勝ってないし、みたいな)
いつの間にか暦から消えたんだそうです。

それが驚くことに1998年に復活した。
対日平和条約締結が話題になっていた時で、氏は「なんと野蛮な行為か」と
憤っていました。北方領土について
「ロシアは何世代に渡っても返すことができないほど、日本に大きな借りがある」と。

このように公正さを大事にする方々を裏切ることなく、日本は北方4島を
取り戻さなければならないと思いました。

キリチェンコさんのご冥福を祈ります。



2019/10/10 (Thu) 20:53

Leave a reply