何の役にも立たへん労働組合。あれ?日本人の敵、反日野党を支持してるから当たり前か。

走る小


 私は「覚醒」するまでは、国会にはほとんど関心がなかったんですが、これは大いに反省せなあきませんね。私らの生活に直接かかわることが決まっていくのが国会ですからね。まあ日本人はお上に任せといたらええねん、という感覚の人が多いでしょうし、どうせ悪いことする奴はいつの時代にもおるんやから、しゃーないと考えてる人も多いと思います。

 ネット時代になって、モノごっつい情報が取りやすくなり、スピードも速くなったので、今は実はええチャンスなんやないかと思いますね。それでもなかなか、世の中は一気に変わるわけでもないんですが、今日、ええヒントを見つけました。私が毎日読んでるブログ「ぱよぱよ日記」を書いてはるyoshさんのツイートで、わかりやすい記事を紹介してはりました。

 「FIREBIRD まとめノート」というサイトの<【愛知県】が「民主王国」と言われるワケ>という記事です。もうタイトルの通りで、読んでもろたらわかりますが、たしかに愛知県は民主党が強いんですね。それはズバリ、大企業の組合やと。まずは愛知県を本拠地とする大企業を列挙しはります。トヨタ自動車/中部電力/東邦ガス/名古屋鉄道/JR東海/名古屋市交通局。

 トヨタ自動車系列の労働組合は、「全トヨタ労働組合連合会」(全トヨタ労連)で組合員数約34万人、これは全日本自動車産業労働組合総連合会、通称「自動車総連」に所属していて、組合員数約78万人。この支持政党は、国民民主党やと。

 以下、中部電力やら東邦ガスやらJR東海やらを見ていき、それらのほとんどが国民民主党、一部は立憲民主党を支持している、と。あ、JRは結構ややこしいので割愛しますが(笑)、「JR総連」と言えば、「革マル派」とズブズブの関係、ということは有名ですね。そして革マル派と言えば枝野さんですね(笑)。

 そしてそれらの一番上にあるのが日本労働組合総連合会、通称「連合」。日本の労働組合におけるナショナルセンター。組合員数は686万人。支持政党は、立憲民主党・国民民主党・社会民主党・自由党、と。

 話を単純にすると、労働者は労働組合、資本家は経済団体ということで、自民党は経団連から多額の献金を貰うてる、と。ところが不思議なことに安倍ちゃんは、連合と経団連に対して、事あるごとに賃金を上げるように言うて来てますね。あれ?賃金を上げるための闘争をするのが労働組合とちゃうんか?いつの間にか日本の労働組合は、労働者には何の役にも立たへん存在になってしもてるわけですね。

 たぶん、経済の仕組みもようわかってへんでしょう。毎年恒例行事のように、同じことを繰り返すだけ、と。大企業には専従の組合員がおるわけですが、たぶん、仕事がでけへん人たちのたまり場になってるんやないかと思います。中小、零細企業なんか、そんな余裕はありませんからね。

 上のサイトに戻りますが、そこで興味深い指摘がありました。上にあげた労働組合はみんな、「働き方改革」に反対しているんですね。実は私は、この法案の内容は大企業にしかでけへんのとちゃうか、と思てます。もしホンマにこれを中小零細企業にまで厳格に施行したら、かなり厳しくなる会社が続出するんとちゃうかな?と。

 せやけど、このブログではこう書いてはります。
 <安倍政権が成立させた「働き方改革」の真の目的は、政治団体化した労働組合の弱体化である。>
 <労働組合の多くは、もはや本来の役割を果たしておらず「政治団体」と化している。しかも、そのほとんどが反日・反政府である。>
 <そんな労働組合を弱体化させるための制度が「働き方改革」と「水道法改正」。>
 <政府のほうで働き方の是正を行えば、労働組合なんてものは存在意義が薄れるだけw>

 うーん、水道法については説明がありませんので、また勉強せなあきませんが、これまでのように安倍ちゃんはまた、うまいこと時代の流れに乗ってるように見せて、反日の組織をじわじわと追い詰めて行こうとしてるんやろか?

 話は最初に戻りますが、今現在進行中の、臨時国会でのアホまる出しの野党の質問、数々のブーメラン質問を見てると、まずはこいつらから潰していかんと、何にも進めへんなあ、と思います。何事も一気には片付かへん、一つずつ潰していくんや。あーしんど。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ←ついでにこっちもクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 1

There are no comments yet.

ナポレオン・ソロ  

名古屋・三河の思い出

 私も労働組合は、前世期の遺物の一つだと思って居ます、然も、遺して居ても何の益も無い、否、寧ろ有害にしかならないので、排除すべきものと言う認識ですが、嘗ては、会社の組合長として、会社の嘘吐き社長と対峙した事が有りましたね、お蔭で、親会社出のわたし評判は地に堕ちてw 結局、会社を辞めざるを得なかったと言う間抜けなパターンでしたがねww 

別に、悔いては居ませんが、やって居た仕事は面白い仕事でしたのし、社外にm仲間が居たのに、皆と会えなくなったのが寂しかったですね。

 愛知には56歳の時にトヨタ系列の小さな会社に、4度目の転職をしました、労組は無いけれど、福利厚生が確りしている加医者と言う感じでしたが、労働環境的に地元出身が多くて、実は閉口して居ました。 大手製綱会社の営業をやって居た叔父の弁では「名古屋程、余所者に冷たく、商売がやり難い処は無い」そうで「その証拠に、名古屋に本社を構えるのは、地元企業だけだ」との事。

 その原因を調べて看たのですが、直ぐに解りました。 名古屋(尾張)も愛知県(三河)も、昔は、葦の原の荒れ地で、人は棲んで居無かったが、日本武尊が父帝の命に拠って、日本全国で平定活動をして居た頃を端緒に、豪族の尾張氏が主体となって干拓事業を行い、葦の原を、田畑に変えたので、出雲の国を主として、移民が集まり、三河の国が出来たと言う話です。 つまり、三河の国は移民の国なんですね。

 それに、尾張は尾張氏の根城で、熱田神宮の歴代の神主を務め射て居ましたが、此処も、木曽三川と呼ばれる、木曽・揖斐・長良川と言う3つの大河が合流して、伊勢湾にそそいで居るので河口付近は低湿地地帯で、此方も葦の原で、棲んで居たのは、長島と言う国の海人族が主だった、此処の一族は、九鬼一族と言って海賊ですが、関ヶ原の時に西軍に着いて、播磨に流されたと言う経緯があって神戸では、知る人ぞ知る名家です。

 其れは兎も角、此方も、干拓事業が必要でしたが、今の大垣市辺りから南は全て、対象と、規模が大きい為に、放って置かれたのですが、幕府が薩摩藩に工事を命じたので、遥々薩摩から尾張迄出向いて工事を数十年懸けて行いましたが、相当の難工事で、季節毎にの風水害、で、多くの死者を出して居るので、或る時、一宮市の喫茶店に入って、じもとのひととはなしをしていたら、顔つきを観てか「あんた鹿児島の人?」と訊くので「はい、何で?」と答えると、「この辺りでは、薩摩の人には、足を向けられん、と言うのが常識ですよ」とか言って居ましたねww

 ご先祖の業績ですが、誇らしかったですね。 この傾向は、名古屋市内にも有る様で、聞けば、九州の宮崎、鹿児島からの集団就職~地元で結婚した女性、そのママ会社を務めあげた男性が多くて、良く、薩摩弁のアクセントが、未だに、直って居無い小父さんが門衛南下に居て、微笑ましかったりしましたね。 あ、是は大阪でも良く有る事です。

 ダカラ、まあ、愛知・名古屋は、固より余所者の街なんですが、そのコンプレックスからか、地元出身に拘る傾向があって、余所者の冷たい処は有りましたね。 其れに、進取の気性と言うか「誰もやって居無い事をする」のが好きで、お菓子でも、シュークリーム大福とか、完全に失敗作なのに、名古屋ネイテイブ達は支持してましたね、大した郷土愛だと思いますwww

 さて、労組ですが、仰る通りで、無用の長物で、無能者野掃きだめの様な処が有って、話題にも上りませんね。 其れでも、組合費は天引きされているので「腹立たしい」と、言って居ましたが、本音は、「是も会社が決めた事だと思えば、諦めもつく」程度でしょうね。

 ダカラ、この先、長続きはしないと思います。 要は、クズ野党が更にクズ化すれば、皆が見放すだろう、と言うのが大方の味方でしたね。

2019/10/20 (Sun) 13:24

Leave a reply