習近平主席を国賓で呼ぶ?何で今の時点で言うんや?安倍ちゃんそれ、世界の負け組入りやで。

自転車小


 日本の地上波のテレビ局は、基本的には「反日」に引きずられてる、何の芯もない、ええ加減な局やと言うてええと思います。そらそうでしょ、日韓関係が最悪になっているこの状況でさえ、韓国側を擁護する、もしくは日本からの歩み寄りを必死に説いている怪しげなコメンテーターやらキャスターがいっぱいいてますからね。ただひたすら不愉快です。

 そんな中で、残念ながらBSなんですが、「BSフジLIVEプライムニュース」はかなりまともやと最近は思てます。キャスターが反町理(そりまち おさむ)さん、肩書はフジテレビ報道局解説委員長となっています。この人、この番組をいったん降ろされて、地上波の夕方のニュース枠に移されたたことがあって、めっちゃヤバいなと思てたら、1年で戻って来はりました。何かあったんでしょうかね、フジテレビの中で。

 フジテレビが過去に、例えばフィギュアスケートの浅田真央さんにとんでもない失礼な放送をしたりとか、ドラマの中で東日本大震災の被害をあざ笑うような小道具を作ったりとか、例年正月に制作されている局のポスターのモチーフに、朝鮮両班(ヤンパン)を配して地獄絵図を描いたりとかした話は、いまだにネットでいっぱい見ることができます。

 2011年8月に始まった「フジテレビデモ」は、ネットではもう伝説になっていますね。マスゴミはいっっっさい報道していません。その頃からマスコミ、特にテレビの異常な「韓国押し」がネットでは騒がれるようになってきたわけですね。それは今も続いていますが。私は結局、テレビ局の中にあっちの人がいっぱい入って幹部になってしもてるもんやから、これはあと20年は続くんとちゃうか、と悲観的です。

 えらい話がそれたわ。その「プライムニュース」の昨日のゲストは、松川るい参議院議員(自民党)、真田幸光・愛知淑徳大学教授、鈴置高史・元日本経済新聞編集委員の3人でした。最近の日韓関係に関するかなり明快な解説があり、めっちゃ参考になりました。特に松川るいさんて、よう知りませんでしたが、めっちゃアタマええなあ、と思たら、東大出て外務省に行ってはったんですね。

 ここまで書いてきて何ですが、今日言いたいことは一つです。この3人とも安倍ちゃんが来春、習近平主席を国賓で招待することに、ものごっつい疑問を持ってはることです。もう意味わからんで、という勢いでしたね。一応松川さんは自民党員なので、うまいこと切り抜けてはりましたが、個人的には疑問を持っていることを言うてはりました。

 ペンス副大統領の10月24日のワシントンでの演説は、もう「中国」を抑え込むことを、いよいよはっきりさせましたね。演説の中ではウイグル人の100万人以上の拘束を批判し、南シナ海、東シナ海、尖閣のことにも触れ、台湾への支持も鮮明にし、香港のデモにも支持を明らかにしました。この中のどれについても、実は日本は「中国」には何も言うてませんね。

 毎日のように尖閣にちょっかいを出し続け、14人もの日本人を拘束し、すでに実刑判決を受けた邦人もいる、そんな中で、なんでこちらから先に「招待」を言うのか、意味わからん、ということです。さすがのトランプさんも、いよいよ安倍ちゃんを見限るんとちゃうか、と、上の3人とも心配そうに言うてはりました。

 トランプさんの機嫌を取って日本の方針を変える、とかの話ではなくて、独立国としての日本が、なんでこんなに「中国」にのめりこんでるんや?という話ですね。私はいつも安倍ちゃんの政権基盤の話をしますが、確かに二階さんは親中と言われてるし、アホの経団連も「中国」には何の警戒心もなさそうやし、いまだに「中国」の市場規模にはまだ期待できると思てるようやから、もう周りがみんな、安倍ちゃんにそう言わせてるんとちゃうか、と思います。

 もう危なっかしくて、とても見てられませんね。何で、誰もこの安倍ちゃんを止められへんねんや?!今世界中が音を立ててガラガラと崩れて来てるんかも知れんのに、何の危機感もあらへんみたいやんか。実はそれは、私ら日本人みんながそうやということかな。
 今、「中国」が危ない!、何べんでも言い続けましょう。

【追記(同日)】国会では山田宏参議院がウイグルのことをバラしてくれてはって、これでも国賓で招くんか?と言うてくれてはります。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 5

There are no comments yet.

五郎  

現実が見えてきましたね

安倍応援団だったおばちゃんにも、ようやく本当の安倍晋三が見えてきたようですね。大変良いことですが、あと一歩足りないような気がします。

>もう周りがみんな、安倍ちゃんにそう言わせてるんとちゃうか、と思います。

この部分がかなり引っかかります。
もし意に沿わないことを周りからの圧力で言わされているとしたら、それ自体が総理大臣失格を意味します。ただし、実際には安倍晋三自身の考えで親中に傾斜していると私は見ています。
つまり、安倍晋三は保守ではなく、「隠れ左翼」または「偽装保守」と見るのが正しいのです。
靖国神社に行かないのも、中国に一切抗議しないのも、一帯一路を支持するのも、大量の実質移民を受け入れるのも、公共事業予算をどんどん減らしたのも、防衛予算を大幅に増額しないのも、習近平を国賓で招くのも、二階某を幹事長にしたのも、河野某を防衛相にしたのも、どれもそれで説明が付きます。
安倍晋三は就任早々に「既得権益をドリルで破壊する」という意味のことを口走っていました。つまり、今から振り返ってみると、「革命」を起こすと宣言していたのです。
安倍晋三の親中挙動については、アメリカ政界に詳しい産経の古森義久氏が、以前から何度も、懸念を表明され、「アメリカの了解を取り付けているはずだ」という説を明確に否定されています。

お暇な方は、よろしければ、私のブログを御覧ください。
「安倍晋三のハチャメチャ対中外交」 2019年10月13日
https://blog.goo.ne.jp/stopchina/e/2e33f46fb8e0713faf3ac1d84c70f5ac

2019/11/10 (Sun) 12:05

美しい日本  

俯瞰して見ましょう

安倍氏による、習近平氏を国賓として招く案には、裏があると思います。
そしてこのことはトランプ氏との間で了承済みのことでしょう。

中国が世界中から顰蹙を買い、各国が中国との関わりに背を向け始めているこの時こそ、安倍氏は
中国にいかがですか、わが国で話をしましょう、と持ちかけているのだと思います。
中国はメンツの国です。どんなに困っても自ら頭を下げることはない。
安倍氏は「来てください、いろいろ話をしましょう」というその裏で、待っているのは朝鮮半島と領土問題です。実際、尖閣問題は会談時の遡上に上っていると仄聞しました。
もちろん中国サイドも日本に来たらどんなことになるかわかっています。

中国は各国の先端技術が喉から手が出るほどほしい。世界は5Gの次の中国抜きの6Gを見据えています。日米英豪NZプラス印度は連合を組んでいます。

30年前の天安門事件の後日本政府はばかなことをしました。中国市場に目がくらみ前天皇皇后両陛下を使わし、逆に中国につけこまれました。この後の日本企業がなめた悲惨な状況は皆さんが知ってのとおりです。

トランプ大統領は世界をアメリカ一極覇権体制から、多極体制に移行させようとしています。その一環が在韓米軍撤退です。習近平氏が日本に来ればズバリ朝鮮半島の取り扱いが話し合われるでしょう。

アメリカ一極覇権体制から多極体制への移行は、アメリカが負けたことを意味しているのではありません。
アメリカは負けたふりをしているのです。世界の盟主の座をやすやすと明け渡すわけがない。アメリカは自国に有利な体制変換のための布石を着々と打っているのです。

日本が無条件降伏した1945年8月の1年前、1944年に連合国財務官達は米国のニューハンプシャー州、ブレトンウッズにて、戦後の世界通貨体制を決めました。1年前のこの時点で、日本の敗戦と日本円の運命が決められていたのです。

安倍首相にはもっともっと腹黒くあってほしいです。日本人のDNAではなかなかこれが難しいのですが、国益が最優先されるのです。

2019/11/10 (Sun) 12:23

ナポレオン・ソロ  

国賓招待は、バノンが建てた作戦ですね。

習近平主席を国賓として招待する事は、米支戦争が未だ終わって居無い現状を考えれば、当然、疑問だし、仏に考えて呼ぶのは反対の声が上がって当然だと思います。

 然し、安倍・トランプチームの結束力から言って、是はとランㇷ゚側も、了承済みの事で有ろうと思います。

 と考えるのは、固より、米支間が突如こうした対立関係になったのは、抑々、政治素人のトランプさんの主導ではありませんよね。 彼は大統領になるまでは、寧ろ、キッシンジャーの信奉者だったですから、現在、チームが「正面の敵」と見做して居るDS勢力に繋がる、上海派や」民主党勢力側だったのですね。

 それが、ひっくり返ったのは、赤盾・麻生ラインから、DRの陰謀を聴かされた、安倍さんが、大統領就任前のトランプさんを自宅に訪ね、米政界の裏幕を説明して、戦うべき相手は、DS勢力や民主党で、その延長上には、米国支配を目論む、共産シナが居る事をつげたのでしょう。

 ダカラ、最初にとランㇷさんに与えられた閣僚メンバーは、いずれも、DRの息が懸った人物ばかりで、就中、テイラーソン則ム長官は、DRが大株主のエクソン・モービルのCEOだった人ですし、国防長官のマテイスは擁韓派でした。 是は、共和党の幹部がしつらえたものでしょうが、完全にDRの意のままになる様になって居ます。

 ダカラ安倍さんがトランプさんの処に行ったのも、赤盾の進言に拠るものだと推測します。 2017年の話ですが、米支戦争はこのタイミングで既に始まって居たと言って良いでしょう、この時点でDRは、もうこの世に居ませんでしたから、仕組んだのは後継者と言う事に成りますが、私は、チェイニー元副大統領が、臭いと思って居ます。

 トランプさんは、就任して2年間の裡に、与えられた閣僚を全て入れ替えて、顰蹙を買いましたが、是は当然の仕儀でしょう、マスコミの情報攪乱も全く意味が無かった。

 そうして出来上がったのが、安倍・トランプ日米両首脳を軸に、国務長官を現役のCIA長官だったポンペイオを横滑りさせ、参謀をバノンが、大統領首席補佐官を、ボルトンが務めると言う、既成の政治勢力の影が微塵も無い強力な布陣となった。 

 是で米支戦争は口火を切った訳ですが、赤盾か難題の注文が一つ其れは、「決して熱戦を行わない事」です。 赤盾は、歴代の戦争の仕掛け人を噂されて来た集団ですカラ、意外に思うかもしれませんが、現在の戦争で言う熱戦は、その通常兵器でも、火力が非常に大きく、熱戦が起これば、多くの人命と財産が灰になり、残るのは廃墟だけですカラ、熱戦を伴う戦争は、今や絶対悪に近いのです。 然るに、赤盾派、是を08年のロシアのグルジア侵攻の結果、侵攻の結果はロシアの大勝利でしたが、直後に、ロシア経済から、国際金融資本がそう撤退して、ロシアは不況のどん底に叩きこまれましたね。

 この条件は、実は戦争嫌いなトランプさんや9条を抱えて居る安倍さんにとっては、、歓迎すべきものでしたが、参謀役のバノンさんと、其れに連なる、国防総省(DIA)の面々には、如何にも難問でした、其れは、シナが世界第三位の核保有国である事で、核兵器を事実上陳腐化出来る兵器を、既に配備していると思われる米国に向けて撃つ様な無駄な事は、間違えてもしないでしょうが、同盟国である日本や欧州に対しては分りません。

 其処で、バノンさんは、昔から戦略家は「相手を知り己を知れば、百戦危うからず」と言う、孫子の金言に倣い、習近平の現状を調べあげました。 すると、彼は現状孤立して居る事が、分かってきました。

 是は主席就任以来、上海派が握って居た各種の利権を、浄化運動と称して付け替えて、軍と党の上海派の要人約1万名を逮捕・収監、失脚・追放、或いは、粛清したので、当然恨みを買い、就任三年目にして、暗殺未遂が十数件、就中、最大のものは15年8月の北歳河会議の帰路に起った、天津大爆発で、周辺住民に、100名を超す死者を出しました。

 この対抗手段として、任期が切れる18年2月の全人代で憲法を改正して自身を終身主席にして終いましたが。この時右腕と頼んだ筈の、王岐山と袂を分かっています(今は復帰)

 どの途、彼には味方が少ないのですが、唯一北載河会議の長老達は、彼を支持して居ますが、その理由が「赤盾が、共産党体制の存続を認めない」と言うのは、共産シナに良心の一遍すら感じない対応をみせつけられては、至極当たり前の事ですカラ、我が身の危険を悟った長老達から、彼の地位も、何時、切り捨てられる、わからない不安定なのものでしょう。

 するとバノンは、この硬直した場面で、相手の懐に石を投げ込むネタを探して居ました。つまり、習近平の懐柔でしょうね。 此の懐柔は、別に実を結ぶ必要は有りません。 彼を支持すると言って居る北載河会議のメンバーに動揺を与えれば良いのです。

 つまりは、米国の本気度の深さや強さ、決意が伝われば良いのでしょう。「好い加減な手打ちはしないぞ」と言って居るワケです。 勿論、習主席には、家族共々亡命の途は保証しているでしょう。

 以上が、私が考えた「何故、この時期に、習近平を国賓として、招待するのか?」と言う疑問に対する答えですが、妄想が過ぎて居たらごめんなさい。

 追記しますと、ウイグルの生体臓器バンク化で商売しているのは、法輪功事件で同じ事をやって、ビジネス化した、江沢民の仕業ですよ。 北京政府は関与して居無いので、トランプさんも何回会談しても、話題にしないんですがね、そんな推測も出来無いのは、国会議員として知性が足りないんじゃあありませんか? なーんて、思いますが、まあ、上海派の話はRPコードなのかもしれませんがね。

2019/11/10 (Sun) 12:52

傍観者  

過去にオザーが上皇陛下を政治利用した。
安部ちゃんも国賓招待なら悪く言えば政治利用。

どーせ中共親分が来日すんなら、首脳会談もセットされるだろうからだろうね。
ムンムンと違って、キンペーとはじっくり話すだろうね。
経済の中国割合も懸念されるからね。

2019/11/10 (Sun) 17:15

うーん  

グローバリストの時点で根は左翼だと思いますよ。
私は大半の国民にはナショナリズムが必要と思っていますがそれを破壊する政策ばかり推進していますからね。
結果的に日本の基盤を破壊するって意味では安倍政権は相当酷いと思いますね。
それを批判する野党が更に酷いだけでしょうが..

2019/11/12 (Tue) 00:25

Leave a reply