まだ言うてんのか、週刊ポスト「女性宮家」「愛子天皇」。日本人はそんなアホとちゃうで。

走る小


 ネット時代に入る前は、新聞、テレビの情報だけでは突っ込みが足りない部分を、週刊誌が埋めていたと思いますね。まあ今でも芸能情報などは、それこそ「文春砲」と呼ばれる『週刊文春』が一頭地を抜いていた時期があったように思います。ちなみに文春、新潮は木曜発売、対抗するポスト(週刊ポスト)、現代(週刊現代)は月曜発売ですね。

 新聞と共に雑誌もネット時代に入って凋落が著しく、恐らく読者層はどんどん老人になってきてると思いますね。記事の内容も、年金や薬や病気や遺産相続やら墓の話、そりゃー新しい読者なんか付かへんわな。そして新聞社系でもないのに、上の4誌は概しておパヨク側に立った記事ばっかりですね。週刊新潮は昔は硬派な保守寄りのイメージがありましたけど、今はもうダメですね。

 そして今週号の『週刊ポスト』。新聞広告を見て血圧が上がったので(笑)これを書くために大枚はたいて買うてしもたら、お目当ての記事はたった3ページでした。それでも懲りずにせっせと「愛子天皇」も有りか、みたいなことを書き散らかしています。そういえば「愛子天皇待望論」を4月に大々的に出してたのは週刊新潮でしたね。

 もともとは、捏造で有名な朝日新聞が、秋篠宮殿下が「兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです」とおっしゃった(ホンマか?)ことから始まっています。これについては、ほとんどの日本国民が、そうやなあ、と納得できる話でしょう。それに対して週刊ポストのこの記事は、

 <ただし、そうなれば皇位継承順位を飛ばすことになる。現行の皇室典範では、”即位辞退”は不可能だ。>と書いています。

 これは、半分は正しいですね。「辞退」したら、現行の皇室典範に書いてないことが起こるわけやから。せやけど実は同じことが現上皇陛下の譲位のときにも起こったわけですね。「生前退位」などという気持ち悪い言い方が出てきたのもそのせいですね。現皇室典範では、「譲位」は想定してへんかった、と。せやから大慌てで「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」を作ったわけですね。

 私は秋篠宮殿下が辞退され、悠仁親王殿下が継承されるのが一番自然なように思いますし、大多数の日本人もそう考えてると思います。せやからまたさっさと特例法をつくったらええやんか、と思います。それよりも私は、そもそも現上皇陛下が譲位しはったこと自体が、憲法にも皇室典範にもなかったことやったわけで、譲位や継承については皇室がお決めになることで、私ら下々の者がとやかく言う話ではないと思います。

 まあ「国民主権」を振りかざすおパヨさんらはぎゃーぎゃー言うかも知れませんので、そこは上手くやるしかないとは思いますが、今の宮内庁にそれをきちんと仕切れる人もいなさそうですね。話は飛びますが私は、宮内庁はせめて宮内省に格上げしたらどうかと思います。どうせお役人にやらせることになるんやったら、少しでも地位が高い方が、真剣になって取り組んでくれる人が出て来るかも知れんかな、と。あ、今の宮内庁はスパイだらけみたいやから、あきませんけどね。

 話それた。週刊ポストに戻ると、他社(時事通信)の報道を引用しながら、05年の「皇室典範に関する有識者会議」の報告書で、女性宮家の話が出たことを書き、検討すべき、という話に持って行くわけですね。こいつらみんなグルですからね。さらに、皇室研究家の高森明勅氏という人の発言?を長々と引用しています。

 この人、私が入れて貰うてるMLではボロクソなんやけどなあ(笑)。「女性天皇・女系天皇の議論を進める必要があります」と指摘してはるんやそうです。研究家でも何でもええけど、これ、いつの話やねんな。05年の報告書を出した「有識者」はほとんどが素人やったし、検討時間も短く、議論を公開してたわけでもないから、もうなかったことにしたらええやん、と思いますね。

 そして一応週刊ポストは、公平っぽく見せなあかんと思てるんか、先日の自民党の議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」の提言の話をチョロッと書いています。代表幹事は青山繁晴参院議員、幹事長は同じく山田宏参院議員。いいですね。そういえば山田さんは先日国会でウイグルの臓器移植のことをしっかりと発言してくれてはりましたね。

 話戻って私は、悠仁親王殿下がいらっしゃる今、女性天皇、女性宮家の話は不要、それよりもこの先のために、この「護る会」の提言する、旧宮家の復活のための議論をせなあかんと思います。この話は、賢い日本人やったら、ちゃんと知れば知るほど、悠仁親王殿下への継承と、できるだけ早い旧宮家の復活、という一択の問題やとわかると思います。

 崩れて落ちぶれて行くマスゴミの工作記事に惑わされることなく、私ら日本国民は、正しい皇位継承と、GHQによって奪われたご皇室を、元に戻すことを考えましょう。あ、そうそう、宮家復活にはお金はいっぱい必要になりますけど、そんなもん、GHQが何の法にも基づかずに奪い取った皇室財産をお返しするだけの話ですからね。財務省がたぶん言うて来るやろう、「財源がー」に騙されんように気いつけましょうね。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 7

There are no comments yet.

八丈島  

日本人そんなアホとちゃうかったらええねんけど、心配ですわ。

2019/11/18 (Mon) 18:11

彩希  

本当にそうですよ。元々の宮家の私有財産をお返しするだけです。

愛子内親王が天皇になられるなら、お相手は男系で継がれて来た旧宮家の方なら神武天皇のお血筋は守られますけどね。そんなこと、お願いできるわけがない。

2019/11/18 (Mon) 19:39

ナポレオン・ソロ  

>皇位の継承の事は、男系維持を守った上で、皇室内のご意志に任すべし
 ↑のブログ主様の趣意こそ正しく、それ以外の事は、雑音に過ぎないと思
います。

 確かに、皇統の維持は、国体護持そのモノですから、国民が関心を寄せ
るのは当然の話、然し、家中の事に、然も、国家の象徴たる皇室の事に、
我々、下々のモノが、口を挟む事は、不敬以外の何物でもない。

 一言で云えば、こういう話ですね、朝鮮系帰化人の小泉等の言に、惑わ
されている国民こそ、日本の伝統の意味も国体の重要性も理解できていな
いし、関心も持ってない蒙昧な民と言う他は無い。

 この話題を、喜々として取り上げて居るのは、昭和10~30年迄の世代で、
現在、85~65歳の老人ばかりだろうが、この世代は「国の有難味」と言う
事を感じる経験を殆どがした事が無いが、一方で米国が持ち込んだ物質文明
が横溢する中で、激しい「日本人同士の競争」に明け暮れた人々だろう。

 昭和29年生まれの私も、その世代の端くれだが、若い時は「反戦」、「反
体制」、そして「容共」が当たり前の正義だった様な感があって、私も、40
代になる迄は、天皇陛下の事を「天ちゃん」と呼称していましたね。ww

 ホントの問題は、こんな我々の世代の事では無く、是から日本の中核世代
を背負う、現在の30~40歳世代が、本当に日本の伝統を認識して、皇統を維
持する事の価値を守っていけるのだろうか? と言う事です。

 彼らは、新聞も週刊誌も読みませんし、TVからの情報もいい加減にしか聞
いて居ません、情報は、ネットやスマホを使って多方面から取集している様
に思って居ますが、その情報の発信源の外信は、新聞やTVと同じく、国際
」金融資本が支配するロイターを主とする海外のバイアスが懸った、通信局
ですし、国内は、産経を除けば、是亦、バイアスが懸って居る新聞主体です。

 ネット時代になったからと言って、情報の間口が已然と比べて少しだけ広
がっので、マスコミの「伝えない自由」がバレ始めたダケの事、誰かに都合
に合わせて、偏向されているニュースの本質は丸で変わって居無いのです。

 現状は、情報の真偽を見抜く為に、先ず、入った情報を鵜呑みにしない事、
必ず、事実を確認する為に、複数のニュースソースを持って置く事、「あの
人が云って居る事ダカラ」と言う省略を止める事・・ありますが、こうした
事も、経験知が無くては、出来難いですね。

 然も事は、日本の皇室の事ですカラ、表記を原則として、是に反する言動
に、粛々と反対しなくてはイケませんね。
 

2019/11/19 (Tue) 07:43

小雀  

怖いことが頭を過りました

秋篠宮殿下のご辞退 → 悠仁天皇の誕生。
普通に考えたら、そうだと思います。
でも、その時期が意外と早く来てしまったら?
女性天皇の条件を整える動きのようにも思えます。

今は、ご辞退を口に出すタイミングでは無いと思いました。
何故、今?

考えすぎだといいのですが・・・

2019/11/19 (Tue) 12:33

あ  

今回のテーマから外れること、お許しください。

ウェブサイトおよびメルマガに、
「地球温暖化問題の裏の裏の裏」  田中宇氏
という記事があります。

この方の視点は鋭いのですが、独特で、
ひとつの難解なストーリーとして読めば、
あるいはよろしいかと、
私などは思います。

もっとも奥には、たとえば J なる方がいるとしても、
現実世界の在り様は、多変数の関数のおもむきがあるようです。

  *
何言わせんだ。おらぁ、消えるよ。

2019/11/19 (Tue) 12:35

ぶん  

フェイクニュースには騙されないように

秋篠宮殿下が辞退するとは仰って無いと思います。またフェイクニュースですよ。
その証拠に秋篠宮殿下は去る9月末に歴代皇太子に受け継がれてきた
豊後国(ぶんごのくに)行平御太刀(ゆきひらおんたち)を受け継ぎ、それを身につけて即位の例に挑まれてます。
伝統をしっかり守る殿下ですから、例え即位期間が短くなったとしてもご自分が
次の天皇になる事は自覚されてるし
そのようにされます。
マスゴミのフェイクニュースには騙され無いようにしたいですね。

2019/11/19 (Tue) 18:59

小雀  

ぶんさんへ

説明してくれて、ありがとうございます。

調度、この件について、ネットニュースに取り上げられているのを見た後だったので、コロッといってしまったようです。

2019/11/20 (Wed) 14:07

Leave a reply