ディープ・ステートが中国共産党の打倒に方向転換。日本はこのチャンスを活かさなあかんで。

チャイナチ宮崎正弘



 読みましたよ、宮崎正弘さんの『チャイナチ 崩れゆく独裁国家 中国』。宮崎さんの本には自分で撮りはった写真がいっぱい載っていますね。日本の大新聞社の記者やテレビ局の特派員やらの記事とはもう、レベルが違いますね。写真一枚にしても、視点が違うと、撮るべき写真の質もまったく違うてきます。
 プロローグは「香港大乱、世界を動かす」です。

 集会に登場したポスターや小旗には「CHINAZI(チャイナチ」と描かれている。五星紅旗にナチスのハーケンクロイツ(鉤十字)がデフォルメされた旗も登場した。中国共産党はナチスだと訴えているのだ。

 この香港大乱は、後世には間違いなく、世界史の分岐点やったと言われることになるんとちゃうかと思います。

 ともかく香港大乱は世界的な影響をもった。
 特筆しておくべきは、世界各地に「独立運動」を再燃させたことだ。スコットランドで、カタロニアで、そして台湾で「独立運動」が再び燃えひろがったことは、同時に「グローバリズム」の全盛時代が「終わりの始まり」を告げていることを意味するのではないか。

 とはいえ、香港経済が「中国」返還後、とんでもなくいびつになっていたことは確かなようです。四大不動産王が、香港のGDPの5割近くを占めているんやそうです。その筆頭である長江集団を率いる李嘉誠は、江沢民派の代表みたいなもんですから、もう5年ほど前に、中国大陸の物件はあらかた売却しているし、香港にも興味はなく、プロジェクトの大半をイギリスとヨーロッパに移管しているんやそうです。「この現実は、習近平派が香港利権を狙い、李ら旧江沢民派の排斥を始めたことを意味する」。

 宮崎さんは、元ウクライナ大使の馬渕睦夫さんの本『2020年世界の真実』から引用してはります。「東西冷戦時代にソ連が世界の共産主義化(社会主義化)を目指したことと、今ディープ・ステートが世界のグローバル市場化を目指していることは、言葉が違うだけで、本質は同じイデオロギーに基づいています」と。そしてこの「ディープ・ステート」なる言葉がついに最近、トランプ大統領の口からも発せられたことに注目してはります。

 馬渕さんはこのディープ・ステートを「マネーの力で国境なきグローバリズム経済を支配する国際金融勢力など」と規定してはるそうです。この勢力にとってはもともとは「中国」は与しやすく、利用しやすかったはずなんですね、ところが、と宮崎さんは書いてはります。

 そして、驚くべきことに、ディープ・ステートは中国共産党の打倒に方向転換し、このためトランプ大統領の中国敵視政策はディープ・ステート派を含めてのアメリカの総意に化けた。ディープ・ステートは国家を否定した世界統一を目指すのに対して、中国は中国共産党による世界統一を目指しており、ディープ・ステートがつくろうとするグローバル世界とは真逆な存在だからだ。このポイントが重要である。

 今にして思たら、日本人のことが大嫌いなキッシンジャーによって、日本はずっとアメリカに出し抜かれ、つい最近までも日本の富を一方的に「中国」に流し込む構造に追い込まれてたわけですね。これでやっと流れが変わるんやろうか?

 宮崎さんの本に戻りますと、もう今の「中国」はどうしようもないですね。鉄の生産にしても、需要なんか関係なしにやたら安く作ってしもて、世界中の鉄鋼業を疲弊させておいて、国内ではとんでもない余剰在庫をずっと抱えてる、と。全体主義システムの欠陥、というわけです。

 あげくの果ては、誰も乗らない地下鉄、クルマが通らない橋、人より熊の交通が多いハイウエーや事故が頻発するトンネル、テナントが入らないショッピングモール、そしてムジナとタヌキの棲み家となった高層マンションが集合したゴーストタウンの乱立。

 もうため息が出ますね。やっぱりこんな国家は潰さなあかんわ。放っといたら人類が滅んでしまうな。なんぼあくどいディープ・ステートさんたちでも、人類が滅亡してしもたら何の意味もないもんな。元はと言えば、あんたらが育てたんとちゃうんかいな、と言いたいですね。

 もう巨大な龍がもんどりうって倒れようとしてるわけですね。とんでもない悪影響を蒙ることにはんるでしょうが、一方では大変なチャンスもあるはずですね。そのチャンスを前にして、日本のアホなマスゴミは、来年度予算は過去最大になってしもた、財政規律はどうなるんやと、とんちんかんな心配をしています。

 そしてハラハラさせられるのが、習近平の国賓招待。桜の咲くころには、いろんなことが一気に片付いてるんやろか?心配のタネはまだまだ尽きませんね。


人気ブログランキング

ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 1

There are no comments yet.

ナポレオン・ソロ  

PRコードを脱したDS勢力の意味

この話には、苦笑せざるを得ませんね。 おそらく日本国民さんや他の人も、そうだと思居ますが・・
宮崎さんは、トランプさんがDSの名称を初めて表に出したので、今迄PRコード化して居た、ディープ・ステイとの呼称を公式に本の見出しに挙げて居るんでしょうが、謂わば、群盲表象の域から、少しだけ脱した程度の話ですね。

 DS勢力が北京派と対立して居て、熾烈な戦いをやって居た事は、米支戦争前からの話ですカラ、トランプさんは、ウィグル・チベットの民族浄化に、北京派がどれくらい関わって居るのかを確かめる馬では、この問題を交渉の俎上には挙げなかった野田と思居ます。

 でも、香港大乱にまつわる調査でその辺りの詳細な情報が手に入り、米支交渉も、祖のおとしどころが見えて来た、と言うのが現状でしょう。

 習近平の国賓招待は、やはり、紛れだった可能性が高いですね、この意志が生きて居る間は、シナは日本に対して、限度以上の敵対行為を仕掛ける事が出来ませんからね、日本に取っては、在留邦人が5万人~⒑万人も居る事が大きなネックになる事を忘れてはいけませんね。

 こうした事情も、マスコミ界内部で葉オソラク常識になって居るのでしょうが、それを表に出さないのは、勿論、日本のマスコミがDS勢力にの傘下にあるからでしょう、特に朝日・毎日・中日の三日三悪新聞は、米国勢の記事の丸写しに近いですカラね、一切信用できませんね。

 日本のマスコミ改革は、彼らの現在の主な収入源となって居るTV界の規制強化を端緒に進めていくはずで、総務大臣に復帰した高市早苗さんの辣腕ぶりに、期待が懸ります。

 安倍・トランプチームの結束は固い様で、その辺りを揶揄するメディアも無くなりましたね、身の危険をひしひしと感じて居るんでしょうかww 徒は、云え、彼らは日本やアメリカを情報統制国家にする機などは無いと思いますから、ビクビクしているのは、法令違反すれすれの事をやって居て:の無い調が、進んで居る連中でしょうね、三日極悪新聞は、当然、後、皇室関連の記事を有る事ない事、書いて居る週刊誌も可成りヤバイと思いますね。

 まぁ、対シナでは、7つに分かれた人民軍の暴走が一番怖いわけで、その辺りは、実は、管理者である習近平とは綿密に打ち合わせて居無いと、DS勢力に利用される惧れが有りますね、勿論、シナと共倒れが懸念されているドイツもの動きにも警戒を要しますね。

2019/12/22 (Sun) 07:03

Leave a reply