もう「一国二制度」は否定されたんや。日本人、CHINA排除にしっかり付いて行かな危ないで。

指差し小
 少し前に「世界戦争にはならへん。実は壮大なプロレスとちゃうか?スレイマニ殺害と報復攻撃。」を書きました。そしたら今日、新宿会計士さんのブログで「米国のソレイマニ殺害は両国合意の「出来レース」?」と出ていました。うん、うん、やっぱりなあ。たしかに根拠は出されへんけど、いろんなことを突き合せたらそう考えることができる、ということで、そういう考察こそがジャーナリズムの役割なんとちゃうか?と思いますね。マスゴミはやっぱりゴミや。

 そして昨日、台湾で見事、蔡英文さんが勝ちました。史上最高得票、最高投票率。もうスゴいですね。台湾の人たちは明確に「中国」の言う「一国二制度」を拒否した、否定した、ということですね。あ、圧倒的とはいえまだ何割かは国民党に票を投じてるわけやから、「一掃した」とは言われへんし、これからますます中国共産党はいろんな介入をしようとしてくるでしょうね。

 今日、明日のことを考えたら中共=国民党にすり寄った方がトクかも知れんけど、香港を見てたら結局、自由と民主主義が踏みにじられるだけやから、長い目で見たらやっぱり危ない、とようやく台湾の多くの人たちがわかってきた、ということでしょう。良かったなあ、と思いますが、さて、私ら日本人はいよいよ覚悟を決めなあかんのとちゃうか?

 これだけ台湾に日本人が普通に旅行もしてるのに、正式な国交がないやなんて、自衛隊が憲法違反やというのと同じくらいけったいなことやんか。ウソ、欺瞞、まやかし、インチキ、もうひたすらおかしいで、これ。まあどうせ日本政府はアメリカより先に事を起こせるわけはないやろうけど、今すぐアメリカに追いついて、「台湾旅行法」ぐらいはさっさと制定してほしいですね。

 私はトランプさんが今年の選挙で勝つことが確実になったら、電撃的に台湾と国交回復するんとちゃうかと思てます。とにかく日本はそのスピードに付いていかなあかんと思いますね。もう、全世界の戦後の枠組みがいよいよ音を立てて崩れ始めてるというのに、いつまで今の体制にしがみついてるんや?という話ですね。

 いよいよ習近平の国賓招請がヤバくなってくるんとちゃうか、と思いますが逆に、今こそ「中国」は必死になって来ようとするでしょう。そしたら尖閣撤退、靖国参拝、ウイグル解放、拘束邦人全員解放、南京虐殺記念館廃止、国防動員法日本適用停止とか、これを全部やってくれたら考えたるわ、ぐらい言わんかい!と思いますね。

 まあ昨日も書きましたけど、日本を代表するようなトヨタやパナソニックみたいな企業がとうの昔に「中国」に取り込まれてるのを見ると、絶望的な気分にもなりますね。もういっぺん書きますけど、たとえアメリカからの「外圧」でもええから、いったんスパッとこういうドロドロした「中国」とのしがらみを断ち切ってほしいですね。

 とりあえず今日のところは、蔡英文さん、おめでとう!と言うときましょう。これからの動きは速いで。日本人、遅れんと必死に付いて行きましょう!

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 5

There are no comments yet.

ナポレオン・ソロ  

>>既存の世界が音をたてて崩れ始めて居る
↑の認識は、現在一番大事な事ですね。 要は、是までの常識がひっくり返り始めると言う事です、例えば、シナは共産党独裁者では無くなるか、共産党そのものが消えてなくなり、満州国の復活、チベットやウィグの自治区の廃止~独立国家の復活を除いて、四川省をちゅうしんとする国、漢と呍勝を中心とする国、江蘇省を中心とする国、それに、北京か天津を中心とする国の、4~5ヶ国に分裂すると思いますね。

勿論そうなると、米国と政治的距離が近い台湾や、ロシアと親しい、満州国と言う、昔の関係国家が、勢直を伸ばせば、人口がそちらに移動する現象が起こるので、現状深刻な、少子高齢化が叫ばれているので、シナの農業の衰退が増々、酷くなるのではないかと懸念します。

ちょっと前奈では、べいこくにおいつきおいこすのはしなである、とか言って居た経済評論家は、仕事が無くなるでしょうね。www

心配なのは、EUで、基軸国の英仏独の、産業の凋落ぶりは、目を覆うものが有ります。!す、既に、英国は日本の下請け産業化しつつあるし、仏国は半端国営企業化した、農業国になろうとしています柄、何れも他の国の面倒を見れる状況では無い、残るはドイツでㇲが、これも、VWショック以来、画期を薄なって終って居るのに、この上に、シナ経済の破綻で巨額の債権を踏み倒されたら、共倒れになる可能性もありますね。

まぁ、よもや、熱戦蘇御子ㇲ元気があるとは思えませんが、イタリアとフランスの関係がさい悪だとの仄聞情報もあります。

然し、希望は、東南アジアアジアやインドを中心とする、南アジアで、合計人口25億人の大消費経済圏が、この5年い内に誕生する事でしょう、。

既に、先進国は、その用意をして居る様ですが、400年前の植民地の再現は、有りえないと思います、それは、この地域の産業の育成は、日本企業が手掛けたものダカラです。

当然、日本は、こうした国々の手本となるべく、、研修労働者や、留学生の受け入れるの用意をする必要があるのですが、、肝心の日本国内の教育の充実再生や、日本人の労働に対する、伝統的な自然に対する姿勢や考え方を取り戻す事も、非常に大事になりますね。

2020/01/12 (Sun) 18:00

傍観者  

No title

ソロさんの視点とは少々違う、日本へやってくる、スポーツ留学生について。

>当然、日本は、こうした国々の手本となるべく、、研修労働者や、留学生の受け入れるの用意をする必要があるのですが、、肝心の日本国内の教育の充実再生や、日本人の労働に対する、伝統的な自然に対する姿勢や考え方を取り戻す事も、非常に大事になりますね

仕事として各業務形態で来日する外国人の方達とは違って、スポーツ(企業,学生)留学生の方達が日本文化を学んで各国へ帰国後、それぞれ「日本人から学んだ精神」を拡げていってくれる事をずっと期待しています。

主に、陸上長距離,バスケ,バレーで留学生をスカウトして連れてくるのですが、彼ら彼女らと接する事によって、若者達の「スポーツを通しての世界観」が拡がりひいては、「世界に通用する日本人」を排出してもらいたいですね。

上記は、高校でいうならば「各県の強化指定高校」となり、どっちかと言えば強豪私立高校等であり、公立や市立でもスポーツ科を取り入れている高校であり、各県の取り組み次第な所もあります。
見ている者としては、そんな強豪高を公立市立高が僅差で勝つ! そんな物語が、大変ぐっとくるんですよね。
で、おばちゃんのブログは政治ブログですから、嫌かもでしょうけど、中国韓国からもスポーツ留学生が来日するんですよね。

ここで言わせもらいたいことは、彼の国の若者達は、「日本文化(アニメ等)」をリスペクトしてますし、自国の反日文化に疑問を感じた子達もいるのですよね。
だから「こっちくんな!」だけはやめてもらいたいな、と。

それと、食材輸入がまだまだ中国に依存しなくてはならない事を忘れてはいけませんよね?
「食の安全」も日本はアジアNo.1なので輸入検疫が、非常に僅かな穴があるかもしれませんが世界から「日本はいい国だよね」って言ってもらえる国になってかないといけませんね。

とりとめない書き込みで申し訳無いです。

2020/01/12 (Sun) 20:44

ナポレオン・ソロ  

>傍観者さん ソロです。
「シナ・韓国からのスポーツ留学生に対する忌避は止め様」との、ご意見よませrて頂きました。 これは、成る程、日本が是まで先進国から受けて来た状況を考えて行けば、この通りですね。

日本の外国人に対する精神風土は、世界でも、有数の緩やかなものですかから、異論が台頭する事は未だしもないとおもいますね。

けれども、固よりスポーツ留学生というのは、日本国内のスポーツkベントで、学校が上位には躍進して、学校の利益を図って居る面が、優先されているのは、見て居れば分りますよね。

ですから、有望選手なら、政治的な忌避感が有っても、其の選手の有望度合が他かっければ、無視されるモノと心得ます。

2020/01/13 (Mon) 06:00

ナポレオン・ソロ  

すみません、続きです。
詰まり、スポーツ留学生の現状は、学校側の利益を誘導の面が先行して居て、監督すべき、行政機関の対応が後手に回って居る状況が、未だ解消されて居無いと思います。

留学生とはいえ、招聘したわけですから、在学中の学生の日本でかかる全ての経費は、学校持ちでしょう、今は、大分減った様に聴きますが、大相撲のモンゴルからの留学生は、一時期、日本伝統の角界が、モンゴル勢力に上位を独占されて終うと言う懸念までありましたね、処が、日本とモンゴルの仲が急接近したかと言えば損唖事は有りませんでしたし、お互いの文化交流に拠る相互理解も進んだとは言い難い状況でしょう。

詰まり、実利的な面だけが、独走していると言うのが現状ですね、ダカラ、こんな現状で、スポーツ留学生に対する「政治的な忌避」に警鐘をならしても、何の危機感も喚起出来無いと思います。

然し、この現状を、謂わば「経験知」と捉えて、留学生や技能実習生全般の扱いに関しての、日本の社会的コンセンサスを形成して行くのには大いに賛成します。

就中、地方の高校レベルでは、少子高齢化と若者の大都市集中現象の結果、入学希望者が定員割れを起し、その累積から、学校運営の継続が難しくなった私立学校が、苦肉の策として、8~9割の学生をシナカラ の留学生にすると言う學校の延命策を用いていますが、もし、この措置で地方都市の治安が極端に悪化する様であれば、入国を許可した、昨年、局から庁に格上げされたばかりの法務省入国管理庁は、その存在の価値を問われるでしょう。

 留学生や実習労働者の受け入れは、この先国際化する日本の重要課題になる事です。この対応を間違えれば、日本は大変な事に成りますが、日本を壊したがって居る勢力が官僚の中の潜んで居ると言う、警戒感から、無暗に入国条件のハードルを上げ過ぎれば、是亦、戦前日本の様な世界の孤児になって終いかねないのです。

 こうした認識を正しく持って、是々非々に事に当たって行くのが、国民の良識と言うものだと、私は思います。

2020/01/13 (Mon) 08:09

彩希  

【台湾総統選】美少女風イラストやグッズ展開も!蔡英文(63)氏の針振り切った選挙戦略 猫耳もあるよ : ネトウヨにゅーす。
http://netouyonews.net/archives/10173174.html?p=1

蔡英文総統が選挙中に使われていたポスター、お時間があれば御覧になって下さい。吹き出してしまった😄

こんなん、絶対キンペー勝てないわ。

LINEスタンプ最高‼ もうLINE はやめましたけど。

2020/01/13 (Mon) 16:37

Leave a reply