不況は人を殺すんやで。安倍ちゃん麻生くん、もうメンツはええで。増税は失敗やったんや。

走る小


 世界で今、ホンマに何が起こってるんかを知るのには何の役にも立たへん日本のマスゴミですが(笑)、その中にあって、ちゃんとホンマのことを書き続けてはる産経新聞の田村秀男さんが、昨日の紙面で「新型コロナで迫るリーマン級の危機 いまこそ大型減税を」と書いてはりました。

 私が「覚醒」する前のことはようわかりませんが、田村さんはたぶん、同じ話を10年以上書き続けてはると思います。デフレ不況下では、先行き儲かりそうにないから、なんぼお金があっても誰も投資なんかせえへんわけですね。そうして日本国内で円がじゃぶじゃぶ余ってきてる、と。そして
巨大な日本の余剰資金が米株式市場に流入して米株価を押し上げたのだ。
なぜ、日本のカネは国内ではなく海外に流れ出すのか。慢性デフレのせいである。
私ら日本人が働いたお金が勝手に海外に出ていくわけやな。アホらし。そして、
日銀が量の面で金融を拡大しても、国内では使われない状態が現在まで二十数年間にも及ぶ。
デフレはモノに比べたカネの価値を大きくするので、日本国債という円を代表する資産が安全資産として買われる。こうしてカネ余り、円高そしてデフレという悪循環が生じるのだが、元々は日本発のカネが堂々巡りするからなのだ。
何をしてるこっちゃ、ようわかりませんね。そして
ここで見逃せないのは、慢性デフレ下の消費税増税という日本の自滅策である。増税は家計を圧迫し、内需を萎縮させ、前述した負の連鎖をより強固にする。
ホンマに致命的なことをやってしもてるわけですね。そこで田村さんはガツンと言うてはります。
 安倍政権はもはや、増税を正当化する面子にこだわる場合ではない。野党が提案しようとしまいと、率先して増税という失政を認め、消費税率を5%以下に戻す明快なメッセージを発信すべきではないか。
そして、たぶん田村さんは毎回、毎回言うてはることでしょうが、
幸いカネという資源は世界最大であり、家計と企業合わせた余剰資金は1000兆円を超える。足りない財源は国債の増発で補えばよい。
ということですね。もう答えはわかってるんや。そういえば麻生くんは一昨日の国会で「景気対策として減税が一案というのは世界の潮流。反対するつもりはない」と答弁したことが報じられています。よしよし、ようやく外堀が埋められて行くんやろか。あとはその規模ですね。田村さんが書いてはります。
いわゆる戦力の逐次投入方式である緊急経済対策は消費者の心理を好転させないことは、過去の大型補正でも明らかだ。
はい、ここ大事ですよ、麻生くん、安倍ちゃん。チマチマしてたらあかんねんで。「ええー、もうええわ」と言われるぐらい(笑)ドカンとやってみい!と言いたいですね。同じ昨日の産経新聞の「正論」で藤井聡さんが、小見出しで<経済不況の「殺傷能力」>としてこう書いてはります。
97年当時、消費増税によって大不況に陥った途端に年間の自殺者数が2万人台から3万人台へと約1万人も激増し、その後10年間も3万人超で推移した。つまり、97年の消費増税による大不況は、日本人を10万人以上もの死者という深刻な帰結をもたらしたのだ。この不況の殺傷能力は、新型コロナの殺傷能力を凌駕(りょうが)する。
 そうやねん、不況で人は死ぬんやで、ということですね。一生食うに困らへんところで働いてる恵まれた人にはわからんでしょうが、不況というのは、中小零細企業、いやいや、個人商店やら飲食業の人たちにとっては、ものごっつい厳しいもんなんやで。

 藤井さんは別のところで「消費税凍結」も言うてはりますね。凍結、ゼロ%、軽減税率-10%、何でもええわ、エリートさんの財務官僚の顔が立つように、もう好きに言わしたるから、とにかく減税と財政出動という、不況時の当たり前の政策を、さっさとやってほしいですね。何べんでも言いましょう。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 6

There are no comments yet.

彩希  

麻生さんが減税に反対しないと言ったのは財務省への布告にもなりますね。この機に乗じてと言うのは顰蹙ものですが、緊急事態宣言法案も憲法改正無しで施行されることとしましたし、減税も金融緩和も強硬突破出来る情勢の中に入り込みました。(財務省、ザマァ〰)

武漢ウィルスの方は日本が感染者もほぼ横這い、微増に押さえ込めてるのは日本だけです。2,3日前のデータでは回復して退院した人も325人と退院者も増えて行っています。押さえ込みに失敗しているヨーロッパやアメリカがじきに日本を追い抜くのではないでしょうか。

【コロナ】日本、安倍首相の名采配で感染者数11位以下に
2020年03月12日 08:00

10位 Switzerland 652(+155)
11位 Japan 587
12位 Netherlands 503(+121)
13位 Sweden 477(+122)
14位 UK 456(+73)

https://www.worldometers.info/coronavirus/

トランプ大統領が英国以外、ヨーロッパ全域からの渡航者30日間入国禁止にしました。これから感染者が収まるとは思えないし、日本が持ち直してる所に世界から人が来るなんて嫌だからオリンピックは来年にして欲しいです。中止にしたらアスリート達が可哀想ですから。

2020/03/12 (Thu) 10:55

彩希  

先日、総理が生産拠点を国内に戻す、東南アジアに移すと言っていた件の小坪氏のブログコメ欄に載せられていた情報です。安倍総理は中国に媚びているとか、日頃保守気取りの人まで叩いていました。

渡邉哲也
@daitojimari
日本も名指しこそはしていませんが、中国への依存をやめる方針であり、国内回帰を促進し、中国以外への分散を図る戦略に切り替えました。 これは安倍総理による日米連携の動きの一環です。
(内閣官房日本経済再生総合事務局 令和2年3月5日付け資料の画像あり)

世界各国 特に先進国は医療品や基礎的物資の自前化又は同盟国との連携に切り替えます。 世界の工場としての中国は終わった。■トランプ氏、医薬品「バイアメリカン」適用の大統領令署名へ=上院議員
2020年3月12日

2020/03/12 (Thu) 16:04

中道ウハウハw  

オリンピック採火式で浮かれる世界にトランプの一言
延期せよ

2020/03/13 (Fri) 00:33

傍観者  

もう2年延期でええねんなー
丁度、冬季夏季でウハウハだろ
あれ? 冬季はペキンだったけ?

2020/03/13 (Fri) 01:44

彩希  

🔻【ワシントン時事】ロイター通信によると、トランプ米大統領は12日、東京五輪について、1年間延期すべきかもしれないと述べた。無観客での開催は想像できないと語った。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031300040

東京五輪1年延期も 新型コロナ感染拡大で―トランプ氏
2020年03月13日01時13分

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は12日、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、東京五輪について「1年間延期すればよいかもしれない」と指摘した。ホワイトハウスで記者団に「(延期になれば)残念だ」と述べた上で、「無観客の競技場で実施するよりはよい」とも語った。

 トランプ氏はこれまで、五輪開催の是非は「安倍晋三首相に任せる。会場はとても素晴らしく(中止になれば)非常に悲しいことだ」などと述べていた。
 また、トランプ氏は11日に発表した英国を除く欧州諸国からの米国入国禁止について、迅速に実行に移す必要があり欧州側と相談できなかったと釈明した。

ななしさん
電通「聞こえない聞こえない」

ななしさん
中止でお願いしますアメリカ様

ななしさん
アメリカが認めるなら決定じゃん

ななしさん
1年で終息するようには思えない…

ななしさん
親分がそういうなら仕方ないナ~

ななしさん
トランプが言ったんだから

ななしさん
もうオリンピックで遊んでる場合じゃないよな

ななしさん
森元怒りで倒れそう

ななしさん
12月に感染始まって4か月でパンデミック
あと3か月で収まるわけ無いよな

ななしさん
トランプに言われちまったか

ななしさん
いいんじゃない?
また落ち着いたら楽しもうよ

日本は11位の位置は変わらないものの、既にアメリカは感染者数で日本を追い抜きました。表を御覧下さい。
 ↓
https://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/38c0e9eaf85091f75d94502fe9fa71ba/

2020/03/13 (Fri) 06:50

傍観者  

IOCバッハ
「やるか中止のみだ」
日本小池森
「なっ中止は考えられん、やるのみ」
トランプ
「アベニマカセータ イチネンエンキデモイーヨ」
日本安倍
「開催を目指してます」
IOCバッハ
「WHOに従う」
WHOテドロス
「キンペーサン、ドナイスルー?」←イマココ


日本は中止したら、失われた20年の時代に戻る。
開催しても、各国が来ると保証はされてない。
現代オリンピックは、米国放送利権に縛られたビジネスのツケが全て日本に回ってきた。
インバウンド政策は、2020東京の名のもとに強化されてきた。
今更IRとか、要らん。
いっそのことインドみたいに鎖国でもすっか?

2020/03/13 (Fri) 17:46

Leave a reply