天皇の男系男子孫の足利義満、源頼朝、平将門でさえ天皇にはなられへんかった。それが伝統の力。

天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです



 私が「覚醒」し始めたころ、この倉山さんと、上念司さんの対談本なんかをけっこう読みました。もうずっと前から、財務省や日銀のことをずっと批判してはりましたね。また、選挙では自民党の応援演説をしてはったこともありました。今はだいぶ熱は冷めてはるようですね。

 ただこの倉山さん、最近はちょっと変です。雑誌『SAPIO』で、次の首相は山本太郎がいい、なんて書いてはりました。うーん、何かあったんかな、、、。 とは言え、最近出たこの本『天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです』(宝島社)は、タイトルに惹かれて読んでみました。

 倉山さんはめっちゃ該博ですね。そして専門は憲政史なので、憲法の話にはめっちゃ詳しいです。私は講演会を聴いたこともありますが、やや甲高い声でテンポもよく、話し方も上手でした。この本も憲法を中心に話が回って行きますが、他のところでも言うてはりましたが、実は上皇陛下のご譲位は、憲法に規定のないことやったんですね。

 あはは、天皇が憲法違反をした?という話です。そもそも「譲位」を想定してへんかったわけですね。せやから日本の法匪たちは大慌てしたわけです。天皇は自分の意志を持ったらあかんのや、「内閣の助言と承認」によってしか動いたらあかん、つまりは国民のロボットになっとけ、というわけですね。こういう不敬なことを平気で考えられるようになったのが、戦後東大法学部のトップになった宮澤俊儀ですね。

 この宮澤俊儀さん、アタマは悪うないから実は戦前と戦後では憲法がガラリと変わってしもたことを説明しきれずに、これは革命が起こったとにしといたらええねんという、実にええ加減な「八月革命説」を唱え、「主権」は天皇から国民に移ったんや、と説明しようとしたわけです。

 「主権」を説明し始めるとまた、それだけで本が書けるぐらいの話みたいですが、つまりは戦後の天皇は、国民の言うとおりにせえ、と言いたいだけの話ですね。実に下品で不敬千万です。二千数百年の歴史と伝統を知っていれば、そんなええ加減なことは言われへんのですが、そこら辺が理屈だけでモノを考えようとする法匪たちの、底の浅さ、限界、なわけですね。

 話は飛びますが、最近日本各地で縄文時代の遺跡発掘が進むにつれて、沖縄を含めた日本列島の縄文時代は、もはや文明と言える高度な社会が築かれていたことが、どんどん明らかになってきているようです。私は、縄文人は、「書かれたもの」に対する信認がめっちゃ低かったんとちゃうか、と思います。

 高度な文明社会を持ちながら、大陸から文字が伝わるまでは文字がなかった、と。それでもいわゆる「大和言葉」は決して無くならへんかったどころか、今の私たちも使い続けてるわけですね。たぶん、縄文人にとっては、生身の人間が話す言葉の重みというものが、今と比べてものごっつい大きかったんとちゃうか、と思います。せやからこそ、『古事記』は、口承で伝えられてきたわけですね。

 話は飛びまくってますが(笑)、つまりは、文字で書かれた「憲法」は、もともと縄文人、日本人にとっては、別にいらんもんやったんとちゃうか、と言いたかったんです。憲法に書かれてようがなかろうが、たとえば天皇が、この先もう天皇という大切なお役目を務めることが難しいと考えたら、皇太子に皇位を譲る、と考えるのはごく当たり前のことやんか、と。

 でも上皇陛下は突然勝手にやめはったわけではありませんね。再三再四、宮内庁にはお話しされていたようですし。お役人ではどうしようもなかった、ということでしょう。情けない人たちやな。せめて宮内庁を宮内省に格上げして、人事異動でしょっちゅう変わるような「お役人」ではない、生涯尽くす覚悟のあるような人に、ちゃんと地位と名誉を与えてやってもらうのがええんとちゃいますか?

 また本に戻りますが(笑)倉山さんは、先例を重んじるということがいかに大切かを説いてはります。「新儀は不吉」とも言うそうです。永年引き継がれた伝統の儀式ややり方は、変えたらあかん、ということですね。これは先日「二千年以上続いて来たことをやめるんかどうか、だけの話や。怪しげな女性、女系天皇の話。」で触れた、谷田川惣さんも書いてはりましたね。

 倉山さんも、今回、秋篠宮殿下が「皇太子」でなく「皇嗣」とされたことや、新天皇のご即位前に元号を発表したことなどを「新儀」として批判してはります。今の私らが、昔の日本人よりアタマがええと考えるのは大きな間違いなんですね。

 皇位継承は皇族に限るというのも大事な話で、せやからこそ今、旧宮家の男子に皇族に戻ってもらう、つまりは大きな意味で旧宮家の復活が喫緊の課題、というわけですね。もしこの原則が無ければ、たとえば近衛文麿、西園寺公望、足利義満、源頼朝、平将門といった、天皇の男系男子孫だって天皇になれたことになる、ということやそうです。

 二千年にわたって引き継がれてきた伝統は、細かいところもおろそかにしたらあかん、ということですね。最後に、倉山さんが「はじめに」で書いてはることを引用しておきます。

 比叡山には「不滅の法灯」があり、最澄が最初に灯してからその火は千三百年間、たとえ戦乱に遭っても、分灯していた火を持ってきて灯し続け、これまで一度も消えたことがないんやそうです。毎朝油を差す、これがめんどくさいから電球に変えよう、と言う人がもし出て来て、それでもええ、となったらそうなるだけの話や、と。

 せやけどこの法灯の価値は、世界一の権力なり武力をもってしても、決してつくることはでけへん、ということですね。あ、同じことを、上で触れた谷田川惣さんも書いてはりました。長い時間を経たものにはそれだけで価値がある、と。
 長く続く伝統をいっぱい持ってる私ら日本人は、幸せですね。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 3

There are no comments yet.

鉄人27号  

更新お疲れ様です。

皇位簒奪の件ですが、少し前に読んだ衝撃的な本についてご紹介したいと思います。

「近衛文麿 野望と挫折」 林千勝 著

自ら藤原道長の末裔で有る事に誇りを持っていた近衛文麿は昭和天皇を見下していました。共産主義者を操り(近衛自身は共産主義者では無いです)大東亜戦争を敗戦に導くように謀略をはかり、敗戦に乗じて自ら皇位を簒奪しようと謀ります。

これまでルーズベルト政権が共産主義者に乗っ取られていた事はよく分析され知られるようになりましたが日本側の共産主義者の動きは断片的な事しか解明されていませんでした。この本によって日本側の動き、国際金融機関との関係などの詳細が明らかにされています。

膨大な一次資料から事実を拾い上げパズルを組むような地道な作業で今まで解明されていなかった謎を解いた林千勝氏に敬意を評したいです。

「日米開戦 陸軍の勝算」林千勝 著

日本は勝ち目の無い戦争を追い詰められて自暴自棄になって始めたとの通説に対して陸軍は合理的に勝てるかも知れない作戦を立てていた。

この本も衝撃的で、大東亜戦争観が大きく変わりました。

林千勝氏はチャンネル桜の討論会で知り、発言に興味を持ち本を読みました。

参考に成れば幸いです





 




 




2020/04/02 (Thu) 03:50

コブシ  

少し違う視点からのコメント、お許しを・・・
青山さんは常々「根っこは繋がってる」と仰っています。天皇の件は美智子様時代から始まっているのでは? 彩希さんには小馬鹿にされ笑われましたが、再度書きます。
雅子妃、父親は大の親中派で雅子は皇后になって欲しかったと、そして子供は女子が必要だった、女系にする為に。今の時代産み分けは出来ますし、現に秋篠宮家では反対に男子が生むべく努力されたと聞いています。
そして宮内庁は「お役人」を入れた事もその一環ではないでしょうか。
次に何故今習インペイが国賓として日本へ行き天皇陛下と会いたいと思ったか・・天皇が親中の親の子供が皇后になったからではないでしょうか。
「全て根っこは繋がってる」だからメディアは秋篠宮家を叩き、雅子押しをしてるのだと思います。
先日ナザレンコ・アンドリーさんの講演会に行って来ました。
大事な事だけを記します。ウクライナはロシアによる強制移住により400万人以上の死者と600万人以上の出生が抑圧された。
ハイブリッド戦争の段階によると
・マスコミやSNSを通じて情報戦を仕掛ける、目的は民族意識を薄め社会分断する。
・マイノリティ層や特定地域の住民に被差別意識を植え付け、政府と対立させ国際社会に向けてプロパガンダ。
・暴動が成功した時、軍隊を送り実効支配を始める、隣の地域も狙い侵略を発展させる。

この様にして何十年も掛けてクリミヤ半島を取ったそうです。
今日本は2番目辺りではないでしょうか。
このコロナで困ってる世界を虎視眈々と狙ってるのでは?
女系天皇は絶対に阻止しなければいけませんね、お役人を退かせなければ小室キムだって狙ってるのだから。
何十年も掛けてやり遂げる中国人、メディアを乗っ取り天皇が居なくなれば日本は中国の支配下です。

2020/04/02 (Thu) 10:11

彩希  

〉青山さんは常々「根っこは繋がってる」と仰っています。天皇の件は美智子様時代から始まっているのでは? 彩希さんには小馬鹿にされ笑われましたが、再度書きます。
〉雅子妃、父親は大の親中派で雅子は皇后になって欲しかったと、そして子供は女子が必要だった、女系にする為に。今の時代産み分けは出来ますし、現に秋篠宮家では反対に男子が生むべく努力されたと聞いています。

お言葉ですが私、小馬鹿にしたつもりはありませんから、そのように取られたなら失礼なことを致しました。お詫び致します。

よく思うのですが、上皇后陛下のことも丸で自分の耳で聞いた。自分の目で見たと言うふうに書かれてる人がいます。他のblogですが、そのblog主は大変皇室も大切に思われてる方で、たまに陛下のことも書かれます。そしたら必ず出てきて上皇后陛下の事を見た聞いたと憎悪一杯のコメントを書き連ねるので、その情報は何処で得られたのでしょう?とお伺いしたら御丁寧に何年何月の~という雑誌で誰それが言っていた、と。例のBBという人のblog、ある日突然、政治カテから消えましたけどホンノ何度かしか見てないですけど、見た限りでは宮内庁関係者が~ばっかりでした。それ以上の事は相手に迷惑かかるから誰かは明かせない?んですってw 。一度ビックリして笑ってしまいましたが、某イタリア貴族がそう言っていたという話だったので私、イタリア貴族で知ってる名前はボルゲーゼ家かメディチ家か例の映画監督を輩出したヴィスコンティ家かぐらいですけど、~家と書かないのは何でなの?とは思いました。イタリア語も堪能な方なんでしょうか。

仏陀の教えですが、あなたの所に来て他人の秘密を教える人には気を付けなさい。その人は邪悪な人です。と言うような教えがあります。要するに本当かどうかの確証は聞く側には知り得ないということですね。小坪先生の所にも前にBBのblogを毎日読んで毎日周りにふれて回ってると書いてた人が居ましたけど。それとか或blogでは秋篠宮殿下と妃殿下が夫婦喧嘩をしていたと、そのやり取りを克明に書かれてた人がいて、それって御側に居る者が聞き耳を立てていて、その人から詳しく聞いたの?と思いましたね。雅子皇后陛下は陛下が最初の出逢いから7年8年ひたすらにお待ちになっておられた方ですね。天皇皇后陛下を憎悪してる人達ってテレビに映ったら消すとからしいですが、皇后陛下は大変御立派に御公務を懸命にこなされ陛下に尽くされていますよ。大変お仲の良い御夫婦で、畏れながらあの方で良かったと本当に思います。生み分け出来たのにというお話ですけど、では秋篠宮家では何故、最初の御子様からなさらなかったのですか。

人は自分が信じたいことを一途に信じるものですね。なので批判しているわけではありません。しかし人伝に知った聞いた話で余りにも酷い憎悪たぎる皇室バッシングが一部で燃え盛っていて一般民とは違って耐え忍ばれるしかない方達ですから、お気の毒だと思っています。そう言う思いから御返事しました。私は日本古来より受け継がれて来た日本国の伝統を守り、ひたすらにお支えして行きたい、それが日本に日本人として生まれたことの誇りだと思っているので。

おば様、ご免なさいね。皇室のこと書くと、このコメント欄が荒れるのではないかと私、避けていたんですけどね。

2020/04/02 (Thu) 17:30

Leave a reply