10万円は「最初の一歩」。最終的には100万でもええくらいやで。ええか、日本を壊した財務省。

指差し小


 今日は「必要火急」の用があって、また梅田へ出ました。先週より、もっと人の出が減っていますね。このまま5月6日まで続くんやろか?そして、すぐに解除されるんやろか?どうも絶望的な気もしてきますね。

 ポカポカと暖かい春の日ざしの中、ホンマやったら日本では、始まったばかりの新年度、多くの人が新しい環境で新しい生活を始めてるはずやったのに、こんな悲惨な状況になってしもたのは悲しいですね。武漢ウイルスで亡くなった人には申し訳ないけれど、それでも銃弾や爆弾が落ちて来て、何万人もの人がすぐに死ぬわけではないのが、せめてもの救いやろか。

 せやけど明らかに、近所の飲食店やら、街中のちょっとした小売店は、もう壊滅的な打撃ですね。緊急事態が解除された後で再開できるんやろか?もう潰れてしまわへんかな?あの美味しかった居酒屋さんが、あるいはおしゃれで好きやったあの洋服屋さんが無くなってしまうんやろか?とめっちゃ心配になりますね。

 せやからこそ、とりあえず「一律10万」がやっと決まったわけですね。でもこれはきっと、始めの一歩やった、ということになるかも知れませんね。休業要請が続いたら、もう全然足らんでしょうね。年末までに100万でも必要になるかも知れんと私は思います。あ、その前に財務省が潰れてしまわんと無理かな?

 ただ、私は今回の忌々しい武漢ウイルスの「おかげ」で、日本が良い方向に向かうことを期待したいです。これが無かったら、ぜっっったいに財務省は「赤字国債」を出すことなんかなかったやろうし、消費税減税の声がここまで大きくなることはなかったやろうと思います。

 どうも財務省が悪者らしい、と国民が知るようになりましたからね。まさかの国民全員一律現金支給で、国民が、国の中で流れるお金のことを、ちゃんと考えるようになったんとちゃうやろか。元来、ほとんどの日本人は、理由もなくお金を貰うことにはすごい抵抗があると思います。それをわざわざ支給するのは、世の中にお金が回らんようになったらあかんからや、ということに、みんなが気付いてきたからやと思いたいです。

 そして政府が国民を助けてくれる、ということが今回、初めて実感できるんとちゃうやろか。そして自治体は、実は国からお金を貰わんと、できることもでけへん、ということもわかりましたね。さらに東京と大阪、あるいは地方は不公平やんか、というのもわかりました。誰がお金を握っててケチってるんかもようわかったわ。

 この次は消費税やな。世界の主要国の中で、20年、30年デフレを放置して、成長率がゼロ、みたいな、とんでもないことになってるのは、日本だけやねんで。あんたら財務省がずっと間違うてたからなんや。ホンマに何べん言うてもハラ立つわ。

 と、ここまで書きましたが、実は安倍ちゃんができるのはここまでやろう、みたいな話もあるみたいです。これ以上はグローバル金融勢力が許さへんで、と。そもそも黄色人種、サルの日本人が自分で金融のことを決められると思たら大間違い、というわけです。これから先は、日本の政治家たちにとっても命がけ、というわけですね。実際、過去に独自の金融政策をとろうとした日本の政治家も、いっぱい消されていますね。

 ふうん。そう言えばビル・ゲイツやら、ジョージ・ソロスみたいな、気色悪い奴らがいっぱいいてますね。日本人、こいつらに勝てるんか?あ、そういえばビル・ゲイツが軽井沢に建てたとかいう要塞みたいな別荘?はどないなってるんや?日本に来るなや、と言いたいですね。

 話がそれてしもたわ。日本人、もっと賢うならんと、邪悪な奴らのカモになるだけやで。数万年前からの縄文人のDNAを持つ日本人、今こそ底力を見せたらんかい、と言いたいです(笑)。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 5

There are no comments yet.

歴史の真実  

日本人は猛省すべき時に来ています

【ケネディ演説】
「国が貴方達のために何ができるのかを問うのではなく、
貴方達が国のために何ができるのかを問うてほしい」
〜 ジョン・F・ケネディ 〜

【教育勅語】(現代語訳)
一、孝行 両親を大切にしましょう
一、友愛 兄弟姉妹は助け合いましょう
一、夫婦の和 夫婦はいつも仲睦まじくしましょう
一、盟友の信 友人同士信じ合い大切にしましょう
一、謙遜 自らの言動を慎みましょう
一、博愛 まわりの人を広く愛しましょう
一、修学習業 勉強し職を身に付けましょう
一、智能啓発 知識を深め才能を伸ばしましょう
一、徳器成就 人間性の向上に努め道徳心を養いましょう
一、公益世務 世のため人のために働きましょう
一、遵法 社会のルールを守りましょう
一、義勇 国のために真心を尽くしましょう

「ケネディ演説」と日本の「教育勅語」を英訳して自国の教育の柱としたアメリカが戦後の世界最強国となり、これらを排除した日本が今やOECD最貧国レベルと成り果てた理由が、ここにあります。

歴史学者のアーノルド・J・トインビーはこう言っています。
【滅亡する民族の3つの共通点】
①歴史を忘れた民族は滅びる
(日本の現状→嘘歴史の教育・報道を放置)
②すべての価値を物やお金に置き換え、心の価値を見失った民族は滅びる
(日本の現状→全てにおいて経済最優先、国益は無視)
③理想を失った民族は滅びる
(日本の現状→諸悪の根源・反日在日を追放せず放置 ※在日組織「日教組」、在日企業「電通」「パチンコ」「サラ金」、日本の「TRON」を潰したのも「孫正義」)

このような現状を招いたのも、正しい日本の歴史を学ばず、パヨクの主張するマルクス主義的階級闘争史観を唯々諾々と鵜呑みにしてきた日本人の自己責任でもあります。
片や休業補償を声高に叫びつつ、片や湘南江ノ島へ殺到・BBQ・キャンプ=集・近・閉している愚かな連中ひとつ見ても分かる通り、義務と責任を忘れ、権利と自由ばかり主張している戦後の日本人は、今猛省すべき時に来ています。

2020/04/21 (Tue) 03:26

コブシ  

見誤るな

これ幸いに安倍叩き、安倍下ろしが本格化してますね、メディアにとっては絶好のチャンスでしょう。
この件で誰が総理だったら上手く解決できたのか、後で後悔しても始まらない。
財務省や国会のあり方が変わる時かも知れない、日本の病巣があぶり出されてもメディアによってかき消されて国民は真実を知る事が出来ないでしょうね。
アメリカの陰謀説は沢山ありますね、安倍さんが動こうとしても出来なかった事が後になって判った時がありました、悔しいけど敗戦と言う病はいつまで続くのでしょうか。
日本を取り戻すには根幹の憲法から変えなければ無理でしょう、今青山さん等戦ってくれている人達に望みを掛けたいです。
その憲法を変えたくない輩が結託しているから日本は沈没して行くのかな?
昔の日本人は偉かった、と思います、でも今は在が増えて益々ダメな国になって来てるのを感じます。
お隣の国の人と同じ様な人が増えて、ルールは守らない、マナーは悪い、なるべく働かずにお金を得ようとする人達が・・。
大阪もこれから大変な事になりますね、関電に橋下さんを・・断るなら訴訟もとヤクザみたいな市長ですね・・昔はそれに近い様な人だったそうですが。

又削除されるかな?www

因みにカナダでは失業者には既に給付が2度も行われたそうです、SINナンバーというマイナンバーみたいなものがあるので、早いそうです。
日本でこれを使わないのは何故?裕福層や野党が困るのでしょうか。

2020/04/21 (Tue) 10:12

覚醒夫人  

IMFと日本

世界経済を牛耳るIMF国際通貨基金(国際ユダヤ金融資本、つまりアメリカDS)は、とどのつまりは、有色人種である日本が今以上地球上でその存在を強固にするのは許さないということなのです。

中川昭一氏の不審な死因を調べていましたら、すごい写真が出てきました。
https://www.afpbb.com/articles/modepress/2571597?pid=3794949

2009年、2月14日付で、中川昭一財務大臣が当時のIMF専務理事ドミニク・ストロスカーン氏(フランス人でユダヤ人)と共に「日本国はデフォルトしそうな開発途上国を救うために1000億ドルをその外貨準備金からIMFに拠出する」。この写真は両者が嬉々として分厚い文書に調印する様を写しています。

2009年とはリーマンショックで世界経済が叩き落されその後始末に苦悩奮闘していた時でした。日本側の総理大臣は麻生氏でした。ここでのポイントは日本がため込んで来ている外貨準備金(米国債)から出す。
つまり財務状態の悪い米国債券(借金の証文)をお金のない国に回し、アメリカを怒らせました。これについて良い説明を見つけましたので貼っておきました。

一方、時のIMF専務理事ドミニク・ストロスカーン氏は、当時の仏大統領選に出馬する勢いでした。だが氏は、ワシントン出張中に「アメリカ財政」の逆鱗に触れたようで、帰国便の機内で逮捕されました。後は皆さんも知っての通り、氏はすべてを失いました。もちろんDSによる謀略です。

IMF国際通貨基金の創設は1944年にアメリカ、ブレトンウッズです。その連合国会議で「第二次世界大戦後の国際経済通貨政策」が決められました。本部はワシントン、トップは欧州人というのがこれまでの慣習です。

決してここで忘れてはならないのは、この会議が始まった1944年7月は、太平洋戦争終結の1年前です。つまりソ連参戦、日本の敗戦は織り込み済み。ここで日独伊の戦後処理と通貨財政政策がすでに1年前から策定されていたのです。FDRの罠にはまって始めた戦争から今に至るまでまだ日本は真の独立国になれないように仕組まれているのです。

その日本側の元凶はすべての反日野党、既得権を手放せない与党自民党内の売国奴議員達と、その議員達に政策のアイディアを与える売国奴上級官僚達、NHK,朝日、毎日、読売などのメディアなのです。

日本の開戦日は12月8日です。米国人は米国が何らかの攻撃を受けたとみなす(みなしたい)時は、これは真珠湾攻撃だと言います。
一例に、金とドルの交換停止、10%の輸入課徴金で日本の輸出に大打撃を与えたニクソンショックは、終戦記念日の8月15日です。アメリカはよくこういうことをするのです。

今アメリカがつぶす相手は中国です。2年前の12月8日、中国ファーウェイのオーナーの娘がカナダで逮捕され、以来拘束されています。
昨年12月8日に中国当局は原因不明のウイルス性肺炎に感染した患者を初めて確認しました。

歴史上の特定日に注意したいです。激おこおばちゃんのおっしゃる通り、一律10万給付はコップの中の小さな波立ちです。財務省は消費税率低下や廃止でなくて良かったと腹の中で笑っていますよ。

以下は「あび卯月:☆ブログ」さんからの説明です。
.................................
特に人権擁護法や外国人参政権に反対していたことは特筆に価しよう。
中川氏の死は民主党政権が推進するこれらの法案に真っ向から対抗できる人材を失ってしまったことを意味する。

さらにこの稿で私が強調したい中川氏の功績はIMFへ一千億ドルの融資を行いストロスカーン専務理事から
「人類の歴史上、最大の融資だ」 「この献身(commitment)はこれまでにIMF加盟国によってなされた中で抜きん出て大きな資金貢献であり、 世界経済と金融の苦境に対する日本による多国間協調路線の継続的な献身を明確に示すものである」 (拙訳) との讃辞を送られたことだ。

これは別に讃辞を送られたこと自体を功績といいたいわけではない。 褒め言葉を貰っても国益に叶わないと意味が無い。

IMFの融資を私が高く評価するのはこれが日本にとって大きな利点があったからだ。
この融資について、よく「IMFに一千億ドルもの血税を使うべきではない」「そんなお金があるのなら国内にまわせ」というような批判が見られたが、これが如何に的外れな批判であったかを含め、以前、書いたことの繰り返しになるが、いま一度述べておきたい。

IMFに融資された一千億ドルは日本政府が保有する外国為替資金特別会計(以下、外為特別会計)から拠出された。
外為特別会計は我が国の外貨準備を管理している政府会計の一つで、これらの資金は日本政府が政府短期證券を民間金融機関に発行することで調達される。つまり、元々の財源は民間からの借り入れであり、血税ではない。

また、外貨準備は主に米国債など眠っているマネーであり、米国債なのだから国内に廻すこともできない。
米国債を国内に流通されるには円に替える必要があり、そんなことをすれば10円以上の円高は避けられないし、ドル崩壊の危険性もあるからだ。

また、世界一の対外純債権国(つまり、世界で一番外国にお金を貸している国)の日本は各国がデフォルト(債務不履行)に陥れば最も被害をこうむることになる。
どういうことかというと、日本が金を貸している国がデフォルトして「お金が返せません」となると、日本はお金を回収する手立てがなくそのまま貸した分損をすることになる。
この意味で二国間融資は危険であり、上の箇条書きでも紹介したように中川大臣がアイスランドなどから申し込まれた二国間融資を全て断ったことは正しい判断と言えるのだ。

一方、IMFを通じて融資した場合、債務国(お金を借りている国)はIMFに融資を返済する義務を負う。
日本はIMFを通じて借金を返済してもらえるのだ。さらに、為替リスクもIMFが負い、IMFが定めるSDR金利も支払われる。

まとめてみると、IMFへの一千億円の融資は寝ていた資金をリスクゼロでIMFに提供し、多くの国のデフォルトを防ぎ、結果的に債権国である我が国の国益になる。さらに「人類史上最大の融資」と謝辞まで送られるという完璧な施策になる。

しかし、マスコミはこのことを詳しく報じなかった。 国民に「中川大臣がIMFに一千億ドル資金融資したことを御存知ですか」と問うて「はい」という返事がどれほど返ってくるだろうか。
それどころか、時事通信はストロスカーン専務理事の謝辞をバッサリと削って報道した。
はじめから、中川昭一大臣が居た麻生内閣は潰されるよう仕向けられていたように思う。

中川氏や麻生元首相がマスコミに嫌われた原因として保守本流だったことに加え財政出動派だったことも大きい。マスコミは概して緊縮財政派で過去の報道をみても財政出動派の政治家には厳しい態度で臨んでいる。
それで、麻生内閣嫌いの朝日新聞と組んで読売新聞までもが麻生内閣を潰しにかかった。

読売新聞は中川大臣の首を取るため美人記者の異名を持つ越前谷知子記者を使い、サミットで中川大臣に酒を呑ませた。 越前谷記者は記者会見の直前「記者会見は面白いことになるわよ」と云いふらし本当に面白いことになった。
これがあの泥酔会見の真相だといわれている。
真偽の程は定かではないが、あの会見が中川氏の首どころか命を奪った遠因になったことは確かだろう。

余談だが、中川大臣が泥酔会見をやったとき、各国のメディアが取り上げたが、中でも最も騒いだのがCNNをはじめとしたアメリカのメディアだった。
実はアメリカにも約十年前のダボス会議で泥酔して二階から落ち、会議を欠席したミッキー・カンターUSTR(米国通商代表部)代表がいる。

サミットではフランスのサルコジ大統領も泥酔したことがあるし、ロシヤのエリツィン大統領に至ってはいつも泥酔していた。 日本のメディアは気を使って当時この不祥事をほとんど報道しなかった。
欧米諸国もこれら白人仲間の不祥事は取り上げなかったが、黄色人種日本人の不祥事は嬉々として取り上げて叩いた。
日本も白人国家の恥は報道しなかったが自国の恥は白人と一緒になって叩いた。
白人国家がやるように自国の恥は隠すものだが、我が国は例外で親の敵を取ったように喜んで叩く。
つまり進歩的な国ということか。

中川昭一議員を失った自民党はますます厳しい再建を余儀なくされる。 私はもはや(というか、はじめから)自民党に期待していないので、真正保守派が集まって新しい党を作ってくれたらその支持に回ろうと思っていた。

平沼赳夫氏もそのつもりだったようだ。 中川氏を失ったことはこの可能性も失ったことになりはしないか。 返す返す残念だ。

はからずも親子二代にわたり不幸な最期を迎えてしまった中川氏だが、あなたの功績は忘れない。
いまはゆっくりと御父上と大好きな酒を傾けてください。

2020/04/21 (Tue) 14:05

アベガ~のおっさん  

反米プロパガンダで誰が得をするか考えよう

反米を煽る人が時々います。
何のためかはわかりませんが、誰が得をするのでしょうか。
反米の根拠が事実かどうか、私にはわかりません。
しかし、米中対立が先鋭化しているこの時代に、反米感情を国民に植え付けるのは国益にそぐいません。
いうまでもなく、自主独立をはたし、米国とも対等に渡り合えればいいのですが、現実はそれを許しません。我が国への侵略を虎視眈々と狙う中国は、大量の核兵器を保有しています。彼我の戦力格差は、米国の後ろ盾がなければ、絶望的なほど大きいのです。
そのことを自覚すれば、反米を煽ることがいかに無益かおわかりになるでしょう。

それと、もう一つ付け加えます。
我が国の経済が30年にわたって停滞していますが、その責任の多くが財務省にあるのは事実ですが、一番重要な責任は、政治家の無能と無為にあるのは紛れもない事実です。それをユダヤが悪いといった陰謀論に逃げることで、政治家の責任追及をあきらめるのはどうかと思いますね。
30万円給付から10万円一律給付に切り替わったきっかけは、安倍総理の鶴の一声でした。逆に言えば、総理の権限はかなり強大だということです。そのつもりになれば、反対を押し切ってかなりのことができるのです。安倍総理は消費税を上げないという決断をできたはずです。しかし、それをしないで、官僚や麻生太郎に押し切られた。それは安倍総理の責任ではありませんか?

2020/04/21 (Tue) 19:42

ハル  

アベが〜のおっさん様

麻生さんと袂を分つ事になれば
そもそも安部政権が成立しないからでしょう。

10万の件も、公明党のゴリ押しで決まった
という設定ですよね。

2020/04/22 (Wed) 16:08

Leave a reply