FC2ブログ
2018/09/22

余命ブログ更新。万事順調なんやそうです。懲戒請求事件の裁判に注目。

指差し小
 最近お蔭さまで、こちらに来ていただく方の数が増えてきました。勝手なことを書いてはいますが、共感してくださる方が少しでも増えたらやっぱり単純に嬉しいです。
 ところで今日は私がときどき触れてる「余命ブログ」さんの話です。1週間以上間が開いたので、ちょっと心配してた人もいはったようですが、「万事順調」なんやそうです。初めていらっしゃる方のために簡単に書いておきますと。

 「余命三年時事日記」というブログがありまして、これは大変読みにくく、わかりにくく、ちょっと不親切です(笑)。わたしが「目が醒めて」、いろいろネットで勉強してる時に一番衝撃を受けたブログでした。開始当時からしばらくは自ら「妄想ブログ」と称して記事が出されてましたが、その内容が妄想どころか、どんどん現実になってきたこともあって、今ではものごっつい数のアクセスがあるみたいです。

 今のブログ主さんは3代目、初代は文字通り余命3年弱?で亡くなられています。今では既に青林堂から書籍を何冊も出していて、知る人ぞ知る、保守界隈では有名なブログとなりました。ある頃から、驚愕の事実を記事にするだけのスタイルから、「行動ブログ」と称し始めてやり方を変え、私の言い方で言うと「これ、おかしいやんか!」と思うことについて、公的機関へ「通報」することを呼びかけたり、「官邸メール」とゆうて、各自が官邸に、自分の意見をメールすることを呼び掛けたりしてきはりました。

 もちろん、すべて合法なスタイルですね。そして今、心ある多くの日本人に「ここ、おかしいんとちゃう?」と思われ始めている日弁連、弁護士会、その傘下の弁護士に対して、「懲戒請求」を呼び掛けたところ、それがものごっつい多くの数に膨らんできて、ついにマスコミにも報道されることになった、というのが「今ココ」というわけです。今日の記事で「万事順調である。」と書かれていたのは、この懲戒請求事件の裁判のことについて、です。

 日弁連はずっと以前から、憲法違反が強く疑われる「朝鮮人学校への補助金支給要求声明」を出し続けてきてましたね。せやからこそ多くの人が傘下の弁護士に対して懲戒請求をしたところ、何と懲戒請求をしてきた人に対して「それは不当な請求やから裁判に訴えるぞ、和解金を払うなら許してやる」という記者会見を行った弁護士が二人いました。そして実際に懲戒請求をした人の元に「和解書」みたいなものが送られてきているそうです。また、すでに懲戒請求をした人が訴えられて、和解してしまった人もいるようです。

 そしてさらに新たな展開があり、NHKの複数の記者が、懲戒請求をした人に対して何度も電話をかけてきたり、突然自宅に来て取材をさせろと申し入れてきたりしてるそうです。なんでNHKの記者が、懲戒請求した人の個人情報を持ってるんや?という、めっちゃヤバい話です。これだけでもとんでもない話ですね。懲戒請求は弁護士会に対して行われるものやから、その情報は弁護士会にしかないはずやからです。NHKの取材活動はそれだけで、懲戒請求をした人たちにとっては「なんで私の個人情報がわかってて自宅まで来るんや?」という恐怖感に訴える、恫喝にも等しい行為やと思います。

 弁護士も、弁護士会も(もちろん全員とは言いませんが)ええかげんなもんやなあ。法律をちゃんと守ってくださいね、と言いたいですね。まあ余命さんに言わせると「日本人と朝鮮人の戦いが始まった」ということです。もう、裁判は始まってますし、これから始まるものもあるそうですから、しっかりと注目していきたいと思います。


人気ブログランキング

2018/08/19

NHKのN記者、大丈夫?その取材は違法とちゃうんか?

パンチ小
 余命ブログでの更新を見て、懲戒請求問題に関してびっくりしたことがあったので報告です。

 懲戒請求問題というのは、まず余命ブログで、朝鮮学校への補助金支給を要求する声明をしょっちゅう出してる日弁連、弁護士会に対して告発を呼びかけたところ、数は多く集まったけれども受理されなかった、もしくは門前払いとなった、と。そこで今度は、弁護士会に所属する個別の弁護士に対しての懲戒請求を呼びかけたところ、またもやたくさんの人がそれに応じて、結果的に何千という数の懲戒請求が弁護士会に届いた、と。それに怒った弁護士側が、今度は懲戒請求してきた人を訴えた、あるいは訴えるぞ、でも和解金を払うなら訴えないであげるよ、と言う記者会見をした、という話です。

 そして実際にこの弁護士たちは、和解文書みたいなものを懲戒請求者に送り付けてきました。これが問題になったわけですね。懲戒請求というのは、その弁護士が所属している弁護士会に出されたものです。それぞれの弁護士には弁護士会から、懲戒請求が来た旨の連絡が来るわけですね。その弁護士が、何で懲戒請求してきた人の個人情報を持ってるんや?という素朴な疑問を、みんなが持ったわけです。

 同じ疑問を福岡県行橋市議会の小坪慎也議員が持ち、7つの仕業会に対して、個人情報の扱いはどうなってるのか?という質問を、きちんとした手続きを経て出しはりました。そして、その回答を小坪さんがブログに公表しはりました。(弁護士会からの公式回答~懲戒請求制度について

 そしたら何と日弁連は、懲戒請求された弁護士に、請求してきた個人の情報を全部渡してるんやそうです。そしてそれをどう使うかは、それをもらった弁護士個人の問題や、と突き放しています。え?それ、あかんやん?と誰もが思いますから、これはこの後、もめるんやろなあと思います。

 懲戒請求された弁護士が、この情報を使って「報復的な」訴訟に使うことに問題はないんか?ということで、余命さん側は訴訟の準備をしてはるようです。もう弁護士は正義の味方でも何でもあらへんわ。やりたい放題、やね。

 そしたらまた一昨日あたりからの余命ブログで、何とNHKのN記者が、懲戒請求した人に片っ端から取材の申し入れをしてることがバラされてます。何で懲戒請求者の個人情報を知ってるんや?という話です。懲戒請求された弁護士から入手したと考えるのが普通やろ?まあブログを読めば懲戒請求先の弁護士は全部わかるし、そこと繋がってるNHKの記者って、何やねん、と思いますね。

 余命さんがよう書いてはるように、やっぱり「日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった」ように思います。ちなみに上で紹介した小坪市議のブログを読めば、どうも弁護士会の件については、もう片が付いてるような感じです。

※今日の余命ブログにアップされました(2667 小坪市議報告)。
※【修正】【タイトル変更】(2018/9/3)人名について、私が直接確認できてなかったので、イニシャルに変更しました。タイトルも変更しました。

2018/08/05

懲戒請求騒ぎの裁判が始まる。懲戒制度、弁護士自治はどうなるんや?

自転車小
 もう何度もここで書いてきてますが、弁護士に対する懲戒請求騒ぎの件で、いろいろと動きがありますね。余命ブログでは今日の更新で、前に私がここの読者から送られた、ある弁護士さんの「懲戒請求に係る個人情報保護についての見解」に対する反論を掲載してくれてはります。裁判自体はもういよいよ始まるわけやし、あとは推移を見守ってればええんとちゃうか、と私は思てます。まあ何万年に一度起こるかも知れん火山の噴火に対しても、安全が保証されへんかったら原発は動かしたらあかん、という判決を出すような裁判官もたまに地裁にはおるから、安心はでけへんけど、裁判自体が始まることがスゴいことやと思います。

 で、もう一つの動きが、この弁護士への懲戒請求に対して、懲戒請求された弁護士側が、懲戒請求した人を訴えるぞ、いやなら和解金を払え、と言ってきたことに憤慨した行橋市議の小坪慎也さんが、いわゆる「士業」での懲戒制度について、独自に調査をし、先日その結果をブログで公表してくれはりました。詳しくは「【懲戒請求戦線】国会議員に対する監督官庁からの回答」を見てくださいね。士業の懲戒制度についてここまで調べられたのは初めてやそうで、何と小坪さんは「政策論文」としてまとめはるみたいです。

 このことを小坪議員が公表しはったということは、実はもう実際に具体的な話が進んでいる、ということなんやそうです。そして、小坪さんの言葉によると、「たぶん王手飛車取りの一歩手前まで行ってます」やて。きゃーー(笑)。王手でなくても最悪、飛車が取れるんか?飛車て、何のことやろ?(笑)。日弁連が諸悪の根源や、とか、法曹界はめっちゃ汚鮮されてるんや、とか、もういろんなことが言われてきてたわけですが、やっぱり具体的に相手を特定して、きちんと黒白つけてくれへんかったら、それこそマスゴミの「疑惑は深まった」だけで終わってることになるわけですね。

 そう考えると、余命ブログ、そして小坪議員が今やってはることは、ホンマに「戦い」やと思いますね。あ、もちろんこの二者は連絡は取り合ってはるみたいですが、別に連動してるわけやなくて、それぞれが「自分の戦い方」でやってるだけですね。マスゴミにはほとんど報道されることがないですが、いろんなことがみんな繋がってるみたいです。それこそ新しいところでは杉田水脈議員の件、野田聖子大臣の件。文科省の裏口入学口利き問題では立憲民主党の吉田統彦議員の名前がネットではバンバン出て来てますね。すべてマスゴミには都合の悪い話なんですね。

2018/07/30

余命ブログ更新。いよいよ懲戒請求訴訟の反訴が始まる。

自転車小
 余命ブログが更新されましたね。いよいよ裁判が始まります。もともと私がいろんなことを知り始めた頃にこのブログに出会い、ぶったまげたことを思い出します。デマ、ガセ、と言われ続けながらいろんなことが現実になってくる中で、アクセス数も伸ばし、文字通り隠れたビッグサイトになったようです。そしていよいよ、余命の側からの訴訟が始まります。何度かここで触れてますけど、弁護士に対する懲戒請求を余命ブログが呼びかけたことに対して、弁護士の側から訴訟が起こされたことに対する反訴ですね。

 どう考えてもおかしいことはいっぱいあります。もともとは日弁連や弁護士会が、地方自治体の朝鮮学校への補助金支給を要求する声明を出し続けてきたことに対し、異議を申し立て、ステップを経てついに個別弁護士への懲戒請求に至ったわけですね。弁護士というのは法と正義に基づいて仕事をしてるはずやから、監督官庁がなく、高度な自治が認められているわけで、せやからこそ国民には歯止めとしての「懲戒請求」という権利があるわけですね。まあ普通は「悪徳弁護士」に対して使われるものらしいですが。

 今回の懲戒請求は、弁護士会の声明に反対するためにこれを利用した、と言われているようですが、たとえそうであったとしても、国民の疑問には誠実に答えるべきやんか。今回の事件を通じて、懲戒制度にはいろいろと不備があることがわかってきましたね。そしたら、それは制度を改善していったらええことやんか。ま今回はもう間に合えへんし、余命ブログでもそう言うてはりますね<懲戒請求そのものも弁護士法の改正が必要であり、とくに不法とか大量とかについては具体性が必要である。まあ、公務員もどきであるから濫訴のような感覚で濫請求禁止くらいの改正はやるだろうが、遡及はできないから、過去事案はすべて訴訟の対象となる。>。

 そして、もう一つ見過ごされへん話が、懲戒請求者に対する弁護士からの訴訟が起こされた際に、なんで懲戒請求をした人の個人情報がわかってるねん?という話です。懲戒請求は住所、本名を書いて捺印するわけですが、その相手は日弁連もしくは弁護士会やったのに、個別の弁護士から反対訴訟が起こされた、と。どう考えても日弁連もしくは弁護士会から、個別の弁護士に住所氏名が知らされてる、ということやんか、という話です。あるいは不正な手段で取得した、とか?

 そうすると、弁護士はどうも個人情報は取り放題なんとちゃうか、という疑惑も出てきます。いずれにしても、最低限、個人情報の目的外取得、漏洩が疑われる、ということです。弁護士さんの集まりにしてはホンマにお粗末やなあ、という感じがします。今まで弁護士特権の中で好き放題しとったんとちゃうか?なんて、下世話な私らは思うてしまいますね。で、最後に今日の更新の中の「意味深」なくだりをコピペしときますね。

 <今年になって、とくに5月から(日本人)対(在日と反日勢力)の対決姿勢が鮮明になっており、法廷対決は最後のソフトランディングだと認識せざるをえない。関西生コンや今般の川崎デモ、最近では川崎教育会館での衝突等、彼らの実力行使が常套手段となっては、もはや収拾は難しかろう。>
え?これでもソフトランディングなんや(驚)。

2018/07/10

日弁連の死刑反対声明、何かおかしい!と思わへんか?

パンチ小
 西日本豪雨の被害がどんどん大きくなってホンマ悲しいですね。民主党政権の時の「事業仕分け」のせいや、とも言われてますが、まあ人のせいにする前に私ら国民が、ちゃんとお金を出して「国土強靭化」をするんや、という強い意思を持たなあかんのですよね。あ、お金は建設国債を出したら、ある意味なんぼでもあるはずやんな?死なんでもよかった命がいっぱいあったと思うとホンマに残念です。

 さて、ちょっと余命さんの話が途絶えてましたが、前に私が(「余命の裁判がついに始まる!一般人を恫喝した弁護士さん、どないします?」)を書いた後の動きを見ると、裁判に向けて着々と準備を進めてはるようです。「神原元弁護士集団訴訟調査」と題して懲戒請求をした人にアンケートを取り、「戦列」を作ってはるようです。余命さんの大きな命題としては、「日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった」んですけど、これについてはめっちゃ反感を持つ人もいてはるみたいです。

 まあ私らはブログでギャーギャーゆうたかて何の影響もあらへんけど、いざホンマの裁判となったらちゃんと公的な記録が残るわけやから、ええかげんなことはでけへんわな。せやからこそ、いよいよ始まった、ということやと思います。そんな矢先にたまたまやろうけど、オウム裁判の死刑執行があり、あ、やっぱり日弁連は「死刑反対」の声明を、またきっちり出してきましたね。もう確固たる信念を持ってやってはるわけやね。この違和感、日本人やったら絶対「変や!」と思うと思いますけどね。弁護士て、普通は被害者に寄り添うんとちゃうんか?みたいな。あと、死刑反対ではない弁護士もおるのに、組織としてそれはどうなん?という違和感ね。

 今回の懲戒請求問題については次の2つのブログの記事でほとんど言い尽くされてるような気がしますので貼っときます。
さすが弁護士、きちんと書いてはるなあと思います。あ、この人たちが他にどんなことを言うてはって、どんな活動してるとかはよう知りませんよ。今回の「懲戒請求」に関して、私が自分で考えるときにめっちゃナットクした文章やった、というだけの話です。そこまで書いとかんと、いろいろと言うてきはる人もいるんでね。あ、自分では何もしてへんのがバレバレですけどね(笑)。

 そして一昨日、ポンペオさんが北朝鮮からの帰りに日本に寄って行きはったけど、「うまくいってる」と言うわりには北朝鮮側のメディアでは否定的な記事が出たりとか、まだもうちょっと時間がかかりそうですね。マスゴミの話だけ見てるとさっぱりわかりませんけどね。テレビのコメンテーターはもっとひどいですね。せやけどええギャラもろうてはるんやで、あの人ら。