ナニワの激オコおばちゃん

Archive2017年08月 1/1

百田尚樹『戦争と平和』新潮新書

読みましたよ! 「戦争と平和」 (新潮新書) 百田尚樹「永遠の0」は文庫本になってから読んだんやけど、何と最初の「ゼロ」は2006年、もう10年以上も前に出てたんやね。それから累計で450万部以上売れてるらしい。とんでもない数字やと思います。百田さんの今回の本はタイトルは固いけど、いつも通りめっちゃわかりやすいです。もともと百田さんはテレビの世界で放送作家としてやってきはったから、いわゆる「ウケる言い方」...

  •  2
  •  -

前川喜平氏と新宿の出会い系バー

No image

何の違法性もない「疑惑」をでっち上げて延々と国会が引っ張り回された「加計学園問題」。まあこれはマスゴミのなりふり構わぬ安倍ちゃん降ろし工作の一環やったわけやけど、その一方の中心人物やった前川喜平氏。この前川という人物、こんな人間が文部科学省のトップにいたということがホンマ信じられません。前にも書きましたけど、座右の銘が「面従腹背」って、、、残念すぎる人やわ。サヨク系の新聞ではこの人を聖人視して書い...

  •  0
  •  -

もう戦争は始まってるんとちゃう?

No image

私が時々読む、鍛冶俊樹さんのメルマガ(ブログ)で今日、書いてはりました。北朝鮮はグアムに届くミサイルを撃つ、と公言してるけども、言うてるうちはやらへんやろう、と。前にも書いてはったけど、北朝鮮がミサイルを撃つときには中共製のGPSやらの解除?コードをもらわなあかんから、必ず中共の承認が出てるはずらしい。つまりは今のところアメリカは中共にも北朝鮮制裁を求めてるように、中共を頼りにせなあかん、と。で中...

  •  2
  •  -

危機にこそぼくらは甦る 青山繁晴

今読んでます。 『危機にこそぼくらは甦る 新書版 ぼくらの真実』(扶桑社新書) 青山繁晴です。これは、2年半ほど前に青山さんが書きはった「ぼくらの真実」を新書版にするにあたって、書き下ろしを加えたものだそうです。ただ、その書きおこしの部分だけでも1冊になるぐらいの分量になります。青山さんは関西のテレビにも出てはったからもちろん前から知ってるけど、めっちゃ熱い人で面白いです。濃い、とゆうてもええかも...

  •  0
  •  -