FC2ブログ
2018/12/05

入管法改正も水道法改正も、実は抗がん剤なんとちゃうか?まずは身内の敵を叩く?

頷く小

 今日は水道法改正案が参議院を通ったそうですね。これはもう成立するようです。ネットでは結構大騒ぎです。インフラを民営化するのか、とか、外資が入ってきたらどないすんねんや、とか、そもそも公益事業を営利企業にしてええんか?とか。いちいちもっともやとも思いますし、私が毎日読んでる三橋貴明さんのブログではもう、さんざんです(「卑劣な水道コンセッション」)。

 海外でも民営化したところが、水道代がめっちゃ上がってしもて、結局また公営に戻した例もあるそうです。うーむ。日本ではどうなんやろ?しかもなんでこんなに急いで改正するんや?と思てたら、昨日、私が入れてもろてるメーリングリストの投稿で、次の一文に出会いました。

 <水道民営化には賛成します。一度、民営化して水道事業に関する利権構造を払拭する必要があります。水道事業に絡みついた専従組合員たちを一旦整理するには民営化しかないと思います。利権と癒着と腐敗を洗濯してからであれば、再び、公営に戻してもかまわないと考えています。英国の実態もそういうことなのです。 少し考えればわかるはなしです。>

 ははーん、利権構造、専従組合員の整理なんや、ということみたいですね。そういえば、今大騒ぎしている入管法改正案も、私はこれは在日や大陸、半島からの難民、そしてもしかして間に合うたら北方領土のロシア人対策なんとちゃうか、と前に書きました。せやけど国会では、ホンマの提案趣旨なんて、書けるわけがないやんか。この法律で利権をなくして組合も潰します、なんて(笑)。

 そういえば国鉄も、実は組合がめちゃめちゃ強すぎてどうにもならんかったのが、民営化でやっとまともになった、というのは、今や誰もが認めることとちゃいますか?覚えてますよ、国鉄時代、職員の待遇があまりに良すぎたり、車両の中の何ということもない普通の蛍光灯1本を、8,000円で仕入れてた話、とか。

 つまり利権にまみれてみんなでおいしい汁を吸いまくって、国鉄自体の収支は真っ赤っ赤やったわけですね。せやから水道事業にも、マスゴミが決して触れへん闇の部分があって、実は利権にまみれたところがあって、それを潰すために、いったんグローバリストにはウケのええ民営化を理由に、それを潰すということなんかな?

 ここまで書いてふと、それってまるで抗がん剤やな、と思いました。がん細胞を叩くために使う薬は強すぎて、正常な細胞もやられるから、めっちゃ苦しい、と。せやけどそれでがん細胞を叩いた後は、薬をやめて体全体を元に戻すんやというところが、おんなじやんか。

 今、安倍ちゃんは抗がん剤を一生懸命打ってるんかな?あと3年のうちに、まずは日本国内におるがんを叩き潰す、と。そのためには自民党主流派?やら財界やらにウケのええグローバリズム丸出しの政策に乗っかるふりをして法律をつくる、と。がんがなくなったところで全部見直して、今度はグローバリストを叩く、と。うーん、夢みたいな話やけど、そうなってほしいな。

【追記】コメント欄で、読者さんがめっちゃ参考になる資料を教えてくれはったんで、こちらにも追記しておきます。(12月6日)
https://youtu.be/utc7Tq3veVg
やっぱり安倍政権はぬかりはなかった
https://youtu.be/Zz1J9ZA3F0o
「入管法改正について」


人気ブログランキング

2018/11/19

アホな日本学術会議に潰されてたまるか、国際リニアコライダー日本誘致。

パンチ小
 私には、結果的にはネットだけでしか知ることがでけへんかった情報が、めっちゃたくさんあります。その中でも大事やと思うのが、「リニアコライダー」の話です。私が「覚醒」して間もない頃から、ずっと毎日読んでる三橋貴明さんのブログで知った話です。まあ知ってる人は知ってたんやろうけど、普通の人にはあんまり関係なさそうに思える、ちょっと難しい話ですね。

 実は昨日の産経新聞に、珍しく?この件について「日曜に書く 論説委員 中本哲也」という記事が出てたので書こうと思たら、今日の三橋さんのブログでも、また取り上げてはりました。「リニアコライダー」て何やねんという話は、三橋さんからの孫引きになりますけど、「FNN PRIME」という、フジサンケイグループのネットニュースの記事がめっちゃわかりやすいです。

 <“宇宙を創る巨大装置”を日本に!佳境の「国際リニアコライダー」誘致>というタイトルで中西孝介さんという記者が書いてはりますので、詳細はそちらで見てください。
 <ILC(International Linear Collider)=国際リニアコライダーをご存じだろうか?「リニア」とは「直線型」という意味。「コライダー」とは「(衝突型)加速器」。つまり、「国際直線型加速器」というのが直訳だ。>

 つまり「宇宙の謎を解く」ための、ものごっつい大規模な実験装置を、全世界の物理学者が協力して作ろう、という計画なんやそうです。この実験で宇宙の謎がわかったとして、それが何の役に立つのかと言えば、<実験は既に、がん治療などの医療分野や、新材料の開発、農作物の品種改良などにも役立っていて、国際リニアコライダーが完成すれば、さらなる医療の進化や、次世代半導体の製造などの成果も期待されている>んやそうです。

 <そうした中、リニアコライダーは最終的に「国際協力のもと世界に1つだけ建設」することになり、欧米の候補地も浮上してきたものの、世界の素粒子物理学者らからは、日本が最有力の候補地だとして、日本政府が国際リニアコライダーを誘致するよう強く求められている>ということです。日本の候補地というのは岩手・宮城にまたがる北上山地です。

 この建設コストは約8000億円、そのうち想定される日本側の負担は約4100億円と言われているそうです。政府は今、文科省が日本学術会議に要請した審議の回答を待って返答することになってるそうです。そしてその日本学術会議の回答案は「8300億円とされる巨額な建設費の国際経費負担や建設に必要な人員確保の見通しが得られていない」「環境影響や安全性の問題の説明が不十分」みたいな、とんでもなく否定的な言葉が並ぶみたいです。

 この日本学術会議というのは、かなりアホな集団で、昔から「軍事目的のための科学研究を行わない声明」を出し続けています。昨年4月、北朝鮮のミサイルで大騒ぎしていた頃にも同様の声明を改めて出して、普通の感覚を持つ日本人から失笑を買っていました。まあ日本が大嫌いで、日本が発展することには何でも反対したい人たちがいるようです。

 ここで最初に触れた、産経新聞の中本さんの記事では、<「開国の志」で加速器誘致を>として、明確に誘致推進の意見を書いてはります。日本学術会議の見解案については、<見解案の内容と表現はILC誘致を阻止するための作文としか読めない。>と、かなり手厳しいです。また、このILCの前世代型であるスイス、フランス国境の実験装置、CERNに触れて、<欧州の実績を踏まえ、国際科学都市の可能性を肯定的に評価すべきである。>とも書いてはります。そして、
 <世界が日本でのILC計画の 実現を望むのは、米国に次ぐ経済大国となった中国よりも信頼されているからだ。国際社会の期待に応えることは、日本の安全保障にも資する。>
と締めてはります。

 これ、絶対日本がやらなあかんな。おカネなんか、なんぼでもあるんや。もし日本が辞退するとなると、次に名乗りを上げるのは間違いなく「中国」なんやそうです。何かいろいろと見えてくる気がしますね。


人気ブログランキング

2018/10/01

沖縄県知事選、負けたけど「善戦」やww。「カエルの楽園」になったらあかん。

頷く小
 沖縄県知事選は玉城デニー氏が勝ちました。残念でした。接戦、とかのネット情報もありましたが、佐喜眞さん44%、玉城さん55%とか。あ、でもこれ、この前の石破くんは党員票45%取ったから「善戦」らしいやんか(笑)。まあそういう話はもう慰めにもなりませんかね。ただ、私が毎日読ませてもろてる「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんによりますと、<オール反日沖縄(実態は共産党)は共産党の主導のもとで翁長知事時代にあらゆる反基地カードを切りました。>ということなんやそうです。

 つまり今、後任の謝花副知事が、辺野古埋め立て承認を撤回したけれど、これは明らかに法律違反で裁判で負けるやろう、と。そうするとここで詰み、になってしもて、デニー君はレイムダック状態になるやろう、ということやそうです。そういえば、公約かて知事の権限で、そんなんできるんかいな、みたいなこともいっぱいあるようです。

 人が失敗するのんを期待してみる、というのはあんまり気持ち良うないけど、日本の国防、という観点から見たら、「オール沖縄」を標榜していながらその実態は共産党、さらにはその背後におるのは中国共産党、ということを考えると、ホンマに恐ろしいことです。これは、もう3日ほど前になりますけど、有本香さんの記事が的確ですので貼っておきます(「【有本香の以毒制毒】沖縄知事選に衝撃… 玉城氏発した「一国二制度」という言葉の恐ろしさ」)。

 もう百田尚樹さんが書きはった「カエルの楽園」そのままの世界が出現してしまうやんか、ということです。まあ今回のことでたくさんの人が沖縄に関心を持つようになったらええんやけど。私も日本人は沖縄に迷惑をかけた、なんて思てたけど、おい、ちょっと待て、先の大戦で沖縄で戦死した人は、日本中から集まってきた兵士やったんや。沖縄の人だけに戦わせたんとちゃうんや。サヨクの人たちはこんなことでもせっせと捏造をしはるけどな。

 そしてもう一つ、私が残念やったのは、ネットでは事前に色んな情報が飛び交い、玉城デニー、
共産党、「一国二制度~??ええー?」てな論外、みたいな話のつもりやったけど、多くの沖縄の人たちは、「え?あの玉城デニーさん?知ってる知ってる」で投票しはったんやなあ、ということです。沖縄の新聞は左系の琉球新報と沖縄タイムスで99%かのシェアですから、もうどうしようもないですね。

 そう考えると、知名度ゼロ?からスタートして44%、ほら、「善戦」やんか。まだまだ日本を壊そうとする勢力に負けるわけにいかへんで。


人気ブログランキング

2018/09/07

危機管理は中国に学べ!?え?ホンマや。自国民を関空から脱出させた中国領事館。

指差し小
 私が毎日読んでる宮崎正弘さんのメルマガ、今日もまためっちゃ深い話で、ある意味感動しました。「『危機管理』の見本は、むしろ中国が示したのではないのか」。まあ読んでくれはったらわかりますけど、今週の台風で関空が水没し、多くの人が空港に取り残された時の話です。

 <今次、関空で何が起きていたか。実は700名の中国人ツーリスト、250名の台湾からのツーリスト、そして70名の香港人(それぞれパスポートが異なる)。千名以上の旅客は、中国系だったのである>。大阪の中国領事館は迅速に対応し、何十台かのバスをチャーターし、関空から素早く脱出させたんやそうです。そして<台湾客には「あなたが中国人であることを認めたら乗せてやる」と差別した>んやそうです。さらにそのことを知った中国系の台湾メディアは、台湾の駐日大使に当たる謝長挺さんのことを「無能」やとけなす報道をしたそうです。

 宮崎さんは、東日本大震災の時にも同じようなことがあったと書いてはります。<中国は新潟空港などにチャーター機を飛ばし、十万人とも言われた在日中国人を中国各地へ手際よく運んだ。在日大使館に司令塔があるのだ>。そういえばチャイナの人たちって、めっちゃ地震や放射能がコワい、な人たちなんやそうですね。そして、過去にも同じようにリビアやキルギスで異変があったときに、迅速に中国人を「救出」したんやそうです。今回も関空に中国人が何人おるかを把握していて、領事館にとっては外国のはずの日本で、さっさとバスをチャーターしたんですね。何かコワいくらいですね。

 そういえばはるか以前の2008年、北京オリンピックの聖火リレーの時に長野市内で、中国人が数千人規模で日本にいて、応援に来てたチベットの人たちや、それを支援してた日本人に襲いかかった事件は、ネットでは有名ですね。この頃すでにチャイナ政府は日本国内の中国人の動態をしっかり把握していて、その動員の訓練をしてみた、みたいなもんやったという話です。
【修正】:聖火リレーでの暴行は1998年長野ではなく、2008年の北京オリンピックのときに、長野市内で起こった事件のことでした。

 そして宮崎さんは警鐘を鳴らしはります。例えばデジタル社会の基盤は光ファイバーケーブルですが、<日本の海底ケーブルは、一本の基幹ルートに依存し、補完ルートがない。ここを攻撃されると、ほぼ全ての日本の通信網が破壊される>。あるいは今回の北海道の全戸停電。<電源を1箇所の発電所に依拠し、補完の選択肢がない。これは安全保障上の手抜かりだろう。また原発が停止中であることが問題にならなかった。原発が動いていれば全戸停電という事態は防げたのではないのか>。

 もちろん、現場で懸命に復旧作業に従事してはる人たちには感謝しかないですが、国として、「悪意を持った隣国に囲まれている」という前提でインフラの安全保障を見直さんと、ホンマ危なっかしい国なんやということが、いやというほどわかりましたね、今週は。

【追記】:9月8日のアノニマスポストネットに関空の件が詳細に出てましたね。リンクしときます。

2018/09/05

関空が水に浸かった?一体どこの国の空港なんや?恥ずかしいなあ。

パンチ小
 いやあ、すごい台風でしたね。あんな強い風、生れて初めての体験でしたわ。テラスに置いてあった小さなコンテナがぶっ飛んで植木に当たって割れて中味の洗濯ハンガーが散乱した、ぐらい、どうってことないな。で、テレビをつけたら何と関空が水に浸かってるやんか!えー、ほんでタンカーが連絡橋にぶつかる?!これで当分、関空は使用不能やなあ、えらいこっちゃ!!台風で亡くなった方にはお悔やみを申し上げます。復旧作業に従事されてる方々にはご苦労さまです。

 そしたら今日のブログ「『新』経世済民新聞」で、藤井聡先生が早速投稿してはりましたね。「【藤井聡】「高潮」の恐怖―――強靱化を「急がない」政治家・公務員は、即刻辞すべきである。」これによると、今回の被害がこれくらいやったんは、まだ「ラッキー」なんやそうです。海の潮位と台風の気圧、上陸通過の時刻がもう少し悪い方にずれていたら、とてもこの程度ではすまへんような高潮と洪水に見舞われていた可能性があったそうです。へえーー、コワいなあ。藤井先生、怒ってる怒ってるww。

 いやあ、そもそも関西を代表する国際空港が、毎年来るはずの台風ごときで浸水やなんて、恥ずかしすぎひんか?運休はわかるけど、一晩経ったら何事もなかったように再開せんかいな!あーこれで大阪、関西のGDPも大打撃やな。藤井さんたちは、既にずいぶん前から「国土強靭化」について提言をされていて、数十兆の投資で、何百兆、何千兆とも想定される大きな被害を防ぐことができる、と言い続けてきてはります。

 そういういわゆる公共事業は、予算がないとか、国が借金まみれでお金がない(ウソ)、とかのレベルの話やのうて、国債で賄うたらええだけの話なんやそうです。そらそうや。十年、二十年にもわたる工事が必要なものもあるわけやから。まあここらへんの話は、緊縮財政と増税のことしか頭にない財務省と、それに洗脳されてしもてるマスゴミの記者と、自民党も含めた頭の悪い国会議員には、まったくわからん話かも知れませんね。

 もしかしたら浸水した関空も、ホンマはもうちょっと防潮堤を高くしたかったのに、「予算が厳しい」とかで、ケチって低くしたんかも知れんね。まあ福島原発にしたって、あの電源棟(室?)をコンクリートで覆う話があったのに、予算が無いからと、うやむやになったとも聞きました。いや、東電は民間や、とかいう話やのうて、必要であればお金はどうにでもするんや!という強い意志を持った人がおらへんようになって、目の前のきれいな整合性だけを求めるサラリーマンしかおらんようになったことが今の日本の悲劇かも知れんね。