FC2ブログ
2018/10/20

サウジアラビアのカショギさん殺害事件。真相は闇へ。世界は邪悪や。

パンチ小
 世界はホンマ恐ろしいですね。先日、トルコのイスタンブールにあるサウジアラビア総領事館で、カショギさんというサウジアラビアのジャーナリストが行方不明になっていたのですが、数日後、実はその総領事館内で殺害されていたことがわかりました。たまには朝日新聞からも引用しといたろか(笑)(「日本にも関係大あり、カショギ氏失踪であらわになったサウジアラビアの「不都合な真実」」)。

 ここにも書いてあるし、ネットでもいっぱい出ていますが、生きたまま被害者が切断される音声データがあるんやとか、それは本人のアップルウォッチからクラウドデータに流れたもんや、とか、もう大騒ぎになっています。このニュースを最初に報道したのはBBCで、昨日も「カショジ記者失踪、サウジ「殺人部隊」と言われる15人はどんな人物か」と、まるで準備していたかのように続報も出し続けているようです。

 日本では(関西では)今日の朝日放送(ABC)の「正義のミカタ」でも結構詳しく報じられていました。サウジアラビアはアメリカと仲が良く、トランプさんは個人的にもビジネスで儲けていて、国としても今回、武器もたくさん買ってくれてる、そんなサウジアラビアが、自国の領事館で自国民を殺害したやなんて、たしかに大変なことやから、今、調査中なんやと。

 最初に疑われたのが、国王の息子の皇太子で、この人はわりと強引に色んな改革をして、女性の自動車の運転を認めたり映画館を解禁したりとかもして、欧米からの評価はわりと高かったんですが、一方でやり方が強権的で、国王の跡継ぎは直系でないとダメにしたりとか、汚職の疑いで王族や企業家を拘束したりしたそうです。で、この皇太子が狙われたんではないか、という見方が大勢のようです。

 上記の「正義のミカタ」では最終的にアメリカ、サウジ、トルコで今、落としどころを探っているところなんやろう、ということでした。今回のことで一番トクをするのはトルコではないか、とも言うてましたね。結局真相が明らかになることはないやろう、とも。アメリカではメディアがこの事件をトランプさん攻撃に使おうと、手ぐすね引いている絵が目に浮かびますね。

 ここで私が毎日読んでる二階堂さんのブログの姉妹版のJーCIA(有料サイト)では、これはイギリスが一番怪しいようです。皇太子がやってることがイギリスの利権を危うくしてきた、そこでわざわざバレるようなやり方で事件を起こした、と。まあいずれにしても日本での報道は、海外の報道を追っかけてるだけで、自分では何にも考えてへん、ということみたいです。

 やっぱり世界はドロドロと腹黒く、邪悪でいっぱいですね。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

ひと皮むけば、ギャングやヤクザばかり

>やっぱり世界はドロドロと腹黒く、邪悪でいっぱいですね。

そうですね。表の顔は皆紳士ですが、ひと皮むけばギャングやヤクザと変わりはありませんねw

私はサウジの話は、表のニュースしか知りませんが、J-CIAでは裏のニュースも出ているのですね。イギリスは舐めてはいけませんね。アメリカに覇権国の座は譲ろうとも、まだまだ裏の力はあるのでしょうね。

こういう世界だからこそ、日本の存在が輝きますね。日本も決して善人ばかりではありませんが、約束は守り、恥を知るお国柄ですから、世界の国々から頼りにされていると思います。これからは、日本ももっと世界情勢に関わっていくことになるのでしょうね。

昨日のコメントは大変失礼致しました。名前とタイトルを反対に入れてしまっていたのですねw おっちょこちょいな性格ですので、ご容赦のほど、よろしくお願い致します。

Re: ひと皮むけば、ギャングやヤクザばかり

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
サウジの件はマスコミでも一斉に報道が始まりましたね。
でもイギリスの話はどこもしてませんね。
日本にもしっかりした諜報機関がほしいですね。