FC2ブログ
2018/07/12

「イムジン河」、ええ曲やなあ。私はフルで歌えるで。

指差し小
 それなりにブログのアクセスが増えると、コメントしてくれはる人も増えて、にぎやかになって、新しいことも知ったりできるんで面白いなあと思います。こんなブログでも、読んでくれはる人がいてはってうれし恥ずかし、ですわ。ところでおとといのコメント欄に書いたんですけど、ちょうど今、産経新聞で連載シリーズ「話の肖像画」というタイトルで、在日の映画監督、ヤン・ヨンヒさんのインタビュー記事が出てます。大阪出身、朝鮮大学校卒業、バリバリの朝鮮総連の幹部の娘さんです。ものすごいしっかりしてはります。あー、そういえば私の学生時代、日本人は甘いなあ、と感じたことを思い出しました。

 私の学生時代はまあ今と一緒かも知れませんが、お花畑で平和ボケで、経済成長を謳歌してたころですが、中高時代の朝鮮半島情勢はけっこうシビアで、たとえば韓国の高速道路には中央分離帯がないんや、それはいつでも飛行機つまりは戦闘機の滑走路に使えるようにするためなんや、と聞いたことがあります。もちろん、日本と違うて、徴兵制度もありましたからね。とにかく若者にも緊張感がありました。あ、徴兵制は今もあるんか。

 一方で、フォークソングブームやないですけど、「イムジン河」は、私は今でもフルで歌えますよ。「誰がー祖国をー分けてしまったーのー」て。メロディもええ曲で、民謡やと思てたら、ちゃんと作曲者が権利を持ってる曲やったらしいですね。日本人で、歌える人はいっぱいおると思いますよ。で、話は戻りますが、この映画監督のヤン・ヨンヒさん、私は初めて知りました。すみません、私は最近はディズニー映画しか観やへんもんですから。で、まだ産経新聞の連載途中ですが、朝鮮大学校での異常な体験を小説にしてはるそうです。まだ今日で3回目の連載です。

 前にも書きましたけど、私は大阪なんで、けっこう在日の知り合いがいます。もちろん、みんな普通にええ人ですけど、生活はそれぞれ、文字通り百人百様で、苦労してはる人もいればちゃんと成功してはる人もいます。まあそれは日本人かて同じことですけど、かつて終戦後のややこしい時代に、朝鮮人からとんでもないことをされた人がおることも事実ですね。私が知らんかっただけですけど、そういう人たちのことが最近、余命ブログやらで大っぴらにされてきていることに対して、ものごっつい軋轢が生まれてきてるみたいです。

 私は余命ブログの記事はホンマやと思てますが、あんなもんデマや、それを信じる人はどうかしてる、と執拗にコメント欄でも言うて来はる人もいます。私自身は「○○人を殲滅しろ」なんて、言うつもりはありませんよ。でも、かつて自分のおじいさんやおばあさん、あるいはおじさんおばさんたちが、半島や大陸でむごたらしく虐殺されたことを知った人たちは、やっぱり全く別の感情を持つのは当たり前やと思います。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title

ブログ更新、ありがとうございます。主様に於かれましては日々話題を広げながら、毎回丁寧に 時にウィットを交えて投稿者の「打ち込み」に返答されておられ、敬服しながら楽しませていただいております。
本日の「踏み絵」(昨今の教科書では「絵踏み」というらしい!!)のような地雷めいたテーマも、軽く流しているようで。含蓄ありますねえ。
一つだけツッコミます。「激オコ」女性は「穏やか」を求めたらマズイんと違いまうやろか?
失礼。 ご自愛くださいませ。

No title

残念ながら、「イムジン河」の歌は存じませんが、動画サイトを少しばかり覗いてみました。モノクロの頃の歌なんですね。抜粋してくださった歌詞だけでも切なさを禁じ得ませんね。朝鮮半島は南も北も被害者と考えます。と云いますのも、元々スターリンとトルーマンは内々に手を組んでいました。北の金日成に「南は防衛範囲ではない」と耳打ちしたトルーマンの言葉によって、金日成は南進したんですね。まぁ即座に反応し、南進した金日成もどうかという処ですが、此処から朝鮮戦争は勃発したんですね。スターリンとトルーマンはJudeaが組織するところの金融組織が戦争によって肥え太ることに加担していたんですね。まんまと乗せられて戦争が起こり、司令官にマッカーサーが就任しました。解任後のマッカーサーの回想録には、武器弾薬補給、戦略に関して悉く本国(米国)からダメ出しされ、かなり面喰ったとあります。橋を燃やし敵からの追撃を阻止することをも本国から阻止され、武器弾薬に関しても補給が乏しく、揚句には自国軍の若い多くの兵士をムザムザ見殺しにせざるを得ない苦しみを味わったとの事です。解任後の次の司令官もマッカーサーと同じ憂き目に遭ったと回想を残しているそうです。戦略すら敵方には既知のような有り様だったそうです。仕込みの戦争でしたから、次代への災いの種(金儲けの種)として、朝鮮半島を南北に分断のまま温存し今日に至っています。その主犯なのか共犯なのか、米国内にも巣食う金融資本主義者(現グローバリスト)達は朝鮮半島や、中国共産党の後ろ盾となり、核兵器、ミサイルなどの拡散に専念従事させていたんですね。本来なら初期の段階で空爆で処理されるようなものですが・・・。
ww2以後、日本にもこの災禍の種を侵入させ日本の国民もさる事ながら、国体の破壊解体にまで導こうと試まれました。
彼らの狙いは、国民を低賃金労働させて、利益を収奪し肥え太るために、愚民化する事です。皇室も解体する目的があるようです。
女系天皇を誕生させて皇室の2000年以上の秩序を破壊する事も考えられていて、小泉内閣の頃に採用された竹中平蔵は、見事に日本の若者を低賃金の根無し草的労働者に仕立て上げました。愛子様をのちの天皇にするべく動いた小泉首相の思惑は文仁親王妃紀子が悠仁親王を出産され、計画はとん挫。その時の親王生誕の知らせを聞いた小泉首相の表情は、現在も脳裏に残っています。
小泉さんは、米国のグローバリストの操り人形ブッシュ大統領に示唆されていたのでしょう。歴代の米国大統領は二人ほど除いて、グローバリスト達の手先でしかなく、真に米国を動かしていたわけではないようです。背後の組織に牛耳られていたのです。
オバマ氏も同様でしたが、任期終了間際では操られてばかりいることに少なからず反発していたとも聞きます。だから、広島に来たんです。手先ではなかったといいますか、抗ったお二人の大統領は、かなり有名な方です。FRBから通貨発行権を一時的に取り戻したおひとりは、残念な結果になりました。後任の大統領は即座にFRBに通貨発行権を返還するサイン署名をしましたね。
もし、ヒラリー女史が大統領に当選していたら・・・と、戦慄が走ります。
トランプ大統領は、反グローバリスト。
水面下での戦いは、ほぼトランプ大統領の勝利です。(この事は、件の「あまむし氏」の書き込みにもありました。おばちゃんが紹介されていましたね。)
ここでのグローバリストの定義は、地球上の人々を奴隷化し低賃金、無気力、無知に仕立て上げ、収益だけを収奪するために世界を席巻する目的で裏に表に暗躍する人々を指します。グローバリストは共産主義と根は同じです。一国のみならず、グローバル(世界規模)に均一化した奴隷制共産主義確立を百数余年掛けて推し進めてきたようです。戦争という名の金儲けを足掛かりにしながら。
その組織も朝鮮半島から、手を引きました。だから、トランプは米朝会談に臨んだのです。歴代大統領に拉致被害者家族が嘆願しても、全く目に見えた解決策を講じてこれなかったのは、同じ穴のムジナだったからです。未確認ではありますが、日本海側海岸線での拉致には日本の警察も、米国諜報部も関わっていたという噂すら聞こえてきます。小泉氏の北朝鮮訪問に関しては前述しておりますので、此処では割愛いたします。
さて、その朝鮮半島ですが、終戦宣言がなされれば(韓国は宣言当事者ではありません)、やっと朝鮮人たちの悲劇もおわり。
在日の皆さん、難民としての永住許可の理由がなくなり、大手を振って母国に帰還できますね。
本国では外貨建ての国債の償還問題などもあり、困窮のご様子です。是非貢献なさってくださいませ。

Re: No title

羊歳馬齢 さん、いつもありがとうございます。
> 「激オコ」女性は「穏やか」を求めたらマズイんと違いまうやろか?
・・・・いやあ、ホンマや。穏やかになったら「激オコ」がウソになってまうわ。反省反省(笑)。

Re: No title

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
いやあ、めっちゃ勉強になりますわー。ありがとうございます。
グローバリズムの話はいろんなところでつながりますね。

> 在日の皆さん、難民としての永住許可の理由がなくなり、大手を振って母国に帰還できますね。
> 本国では外貨建ての国債の償還問題などもあり、困窮のご様子です。是非貢献なさってくださいませ。
・・・・・そうですね、きっと莫大なお土産付きで帰れますよね(笑)。