FC2ブログ
2018/10/07

ペンス副大統領のスピーチ。対「中国」宣戦布告やんか、これは。

指差し小
 アメリカの対中制裁が苛烈の度を深めていますね。うーん、これはもう戦争やろ、と私は思てたんですけど、今日、改めてそれを確信させてくれるような話が入ってきました。

 ペンス副大統領が10月4日、ワシントンのハドソン研究所でスピーチ(講演)をしましたと。その内容がめっちゃスゴすぎる!え?日本のマスゴミはやっぱり報道せえへんのか?てな話です。ネットでも大騒ぎ?で、早速これをちゃんと日本語に翻訳してくれる人がいて、Ricky Elwoodさんという人が、ツイッターに自分の翻訳を載せてくれてはります。アカウントは@David_R_Stantonです。

 この人は以前にも、日本のマスゴミがほとんど評価しなかった今年4月の安倍=トランプ会談のときの共同記者会見を翻訳してくれはりました(「安倍=トランプ会談の大成功を報じない日本のマスゴミ」)。一体何をしてる人なんかは知りませんが、アメリカでの報道をビビッドにとても読みやすい日本語で書いてくれはるので、めっちゃ参考になります。

 日本の大マスゴミの記者が、この個人がタダでやってることのレベルにまったく敵わないことに呆れますね。そういえばトランプさんが前に「真珠湾を思い出せ」みたいなことを言わはった時にも日本のマスゴミは逆の意味でとらえて安倍=トランプ分断を図ろうとしましたが、即座に検証して否定してくれてはりましたね。

 で、今回のペンス副大統領のスピーチです。Ricky Elwoodさんの解説です。
 <前半は現在の米中関係に始まり、アメリカと中国との付き合いのはじまり、蜜月期間、中国の裏切り、アメリカの「もう容赦せんぞ宣言」という内容になっています。>

 ペンスさんはこれまでずっとアメリカは、チャイナはいずれまともになって行くやろうと期待してたのに、あかんかった、とこき下ろしはります。
 <(中国人が)新たに知った正統的リベラル主義への敬意、私有財産、故人の自由、宗教の自由、そしてそれら人権概念の全てを政治的に期待しての事だったのだ。だがその希望は未達のまま去ってしまった>。

 そしてチャイナを断罪し始めます。
 <2015年、中国の指導者がホワイトハウスのローズガーデンに立って「自分達の国は南シナ海を軍事化する企図は無い」と言ったにも拘らず今日、中国政府は先進的な対艦ミサイル、対空ミサイルを人工島上に建造された軍事基地の上に配備したのである。>

 うんうん、これは私ら日本人もちゃんと目撃してますよね。そしてつい先日のヤバい話もさらっと出してきはります。
 <中国の軍艦が南シナ海で「航行の自由作戦」指揮中だったアメリカのディケイター駆逐艦の41メートル以内に接近してきたのである。それによって我々の軍艦は衝突を避けるためにすばやく操船する事を強いられた。この様な無謀な嫌がらせがあろうと、アメリカ海軍は飛行を、航行を続けるだろう。そして国際法の許す、そして我々の国家的利益が要求するあらゆる作戦をするであろう。我々を脅かす事など出来ないし、我々が膝を屈する事も無い(拍手)。>

 もうこれ、宣戦布告みたいなもんやと思いませんか?Ricky Elwoodさんは書いてはります。
 <ペンス副大統領は「アメリカが中国を民主主義国家の仲間に引き入れようといかに努力したか、そして中国が如何にアメリカを裏切り続けてきたか」という事を順序だてて説明しています>。
 それにもかかわらず、チャイナは言うことを聞かへんからもう黙ってへんで、ということみたいです。

 私ら日本人の想像以上に、ものごっついスピードで米中戦争は進んでるんや、と思います。

【追記】Ricky Elwoodさんのコメントで一番面白かったところを書き忘れました!ペンスさんのスピーチについて
<●本日のためになる言葉●
「中国がアメリカでやっている事に比べたらロシアがアメリカでやっている事なんて可愛いもんだ」>

【追記2】翻訳が公開されました。リンクを貼っておきます。【ペンス副大統領演説:全文翻訳


人気ブログランキング

2018/10/06

ほら、野党に言われてしもたやんか。安倍ちゃん、自民党、どないすんねや?

頷く小
 <消費税をいま上げるだなんて、この社会経済状況でとても考えられない。この間、消費税が上がって消費税収が増えたのに、法人税が下がっているんですよ。おかしくないか。どう是正したら中小零細企業に悪影響を与えずに、日本経済にも悪影響を与えずに、所得がたくさんある企業にはもうちょっと税金を納めてよというようなことができるか、いま検討を進めています。>

 <そういう意味では、私たちは緊縮ではない。それはいまの社会では無理だ。しっかりと必要なところに必要なお金を使う。そして、特に大衆増税は当分できない。このことを前提にして政策を進めていきたい。>(ともに朝日新聞デジタル10月5日より)

 ひえーーー、これ、正しいやんか。誰が言いはったかわかりますか?何と、革マル派のパシリと言われている(笑)立憲民主党の枝野代表が、札幌市の講演会で言いはった言葉やそうです。あーあ、ほらあ、安倍ちゃん、自民党、とうとう野党から正しいことを言われてしもたやんか。どないすんねんや?これ。去年あたりから言うてたら、ここまで野党の支持率も下がれへんかったかも知れんで。

 一方自民党の側でも、以前の記事に書きましたが、自民党若手議員で作る「日本の未来を考える勉強会」のメンバーが安倍ちゃんに、消費税アップのマイナスを乗り越えるために、来年度予算の規模を拡大するよう求める提言書を手渡したことがありました。そのときのまとめ役が今回の第4次安倍内閣で、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官に就任した安藤裕議員なんですね。

 そして安藤議員は
 <2019年10月の消費税率8%から10%への引き上げを凍結すべきだ、むしろ減税をすべきだと主張している。> 
  <消費税率を上げることで経済が良くなることはありえない。消費税率を上げることが財政再建の王道だという雰囲気があるが、経済成長による財政再建こそが王道だ。>
と、何と毎日新聞に寄稿してはるそうです。(三橋貴明さんのブログから)

 おおー、やっと正しいことを言う人の発言が、マスゴミにも出るようになったやんか。ここ数年ネットを見てる人からしたら、至極当たり前の、わかり切った話やと思ててもマスゴミではほとんど取り上げられへんかったことを、内閣のど真ん中にいてる人が言うてくれはったことにびっくりです。流れは変わっていくんやろか?

 おとといも書いたけど、財界のトップにも、日経新聞しか読んでへんような、自分のアタマで考えられへんような、日本を滅ぼしてしまうことになることが全然わかってへん愚かな人たちが、お偉いさんとして、いっぱいいてはるからなあ。さっきの安藤議員の寄稿を載せたのは毎日新聞やけど、こういう話が日経にも出てくるようになったらホンマもんやねんけどなあ。まだまだ壁は高いような気がします。


人気ブログランキング

2018/10/05

教育勅語、ちゃんと読んだんか?ええこと書いてるで。あ、日本人にね。

パンチ小
 おととい第4次安倍内閣が発足しましたが、さっそくNHKの記者?が柴山昌彦・新文科大臣に質問を飛ばし、教育勅語に対する考えを聞きました。それに対し柴山大臣は
「現代風に解釈したり、アレンジした形で、道徳などに使える分野もあるという意味で、普遍性を持っている部分もある」
「現代的にアレンジして教えていこうとする動きもあり、検討に値するのかなと考えている」
と発言しました。そしたら案の定、大騒ぎに?なってますね。

 私が「覚醒」(笑)したのは5年ぐらい前ですから、それまでは「教育勅語」は戦前の、軍国主義の精神を国民に浸透させるために使われた、それこそ洗脳用の危険な文章、という風に漠然と思てました。あー恥ずかし。いろんな本を読んで、この原文も読んで、意味を知り、あれ、ええことゆうてるやん、と再認識するのに時間はかかりませんでしたね。普通に読めばわかる話ですね。

 このブログを始めて間もない頃に「教育勅語」を書きました。また、ブログを始める前には、「逆にしたらよくわかる教育勅語 ほんとうは危険思想なんかじゃなかった」(倉山満:ハート出版)も読んでました(右下の「私が読んできた本」の中に画像があります)。そしたら昨日あたりから、ネットではこの倉山さんの「逆教育勅語」がばんばん引用されてますね。ググってみてください。お、反日6野党の人たちのことやんか、なんて言いませんから(笑)。

 もともとサヨクの人たちは、教育勅語の「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」のところを問題にして、ずっと攻撃をして来てたんですね。国のために命を捨てて戦え、というとんでもない意味や!と。そのつもりでこれからも攻撃しようとしてるわけですね。たぶん次の国会ではこれをネタにまた、「辞任要求」「審議拒否」「採決拒否」とか、いつもの手を使うてきそうです。

 私は、もうここまで来たら、どんどんやったれ!と思てます。そしたら、もっともっと「教育勅語」をちゃんと読む人が増えて、ええこと書いてあるやん、と思われて、ついでに、「一旦緩急あれば」って今、尖閣や竹島がえらいことになってるやんか、しっかり対応せなあかんやんか!こいつら野党は何考えてるんや?という風になるとおもろいなあ、と一人でニヤニヤしてます。

 風向きはだんだんと、確実に変わって来てるように思います。


人気ブログランキング

2018/10/04

ブレーキを踏みながらアクセルをちょっと吹かす?何してんねん、財務省!

自転車小
 産経新聞に、珍しく、消費税増税にちょっと疑問をぶつけるような連載記事が出ました【10%への壁 消費増税まで1年】()()()。

 まあアホみたいな話やけど財務省は、増税したら景気に悪影響を与えることはわかってるし、それは庶民からも嫌がられるから、「軽減税率」をいろんなところに適用しようとしてる、と。その中に、食料品があるんやけど、それを、今はやりの「イートイン」で食べたら、それは「外食」になるから、その場合は10%になるんやそうです。

 そしたら、持ち帰りやからと言うて8%で買うといて、やっぱり気が変わって店内で食べたら10%に取り直すんか?という話です。そんなん、現実的に無理やろなあ。実際に反対の声も上がってる、と。
<大手スーパーなどが加入する日本チェーンストア協会は平成31年度税制改正に向け軽減税率反対を打ち出した。レジのシステム改修、商品分類の見直し-。手間とコストの拡大懸念は大きく膨れあがっている。>

 今回、新聞には軽減税率が適用されようとしてるらしいけど、そしたらなんで雑誌や書籍はあかんねんと、日本書籍出版協会、日本雑誌協会など出版社4団体も声を上げた、と。

 町のゲームセンター。今まで「100円でワンプレー」でやってきた。今さらお客さんから108円とか、110円取れるか?という話です。結局、今は8円、来年からは10円を業者が負担するしかあらへん、と。実際、もうこの消費税の負担に耐え切れず、今度10%に上がったら、いよいよ閉店や、と言うてる店がいっぱいあるとか。いやあ、ホンマに弱い業者に過酷な消費税やな。

 と思たら高額商品の自動車かて、落ち込みを防ぐために、
<購入価格の3%を払う自動車取得税を廃止し、燃費に応じ税率が0~3%に変わる新税を導入して、環境性能のいい車の購入コストを下げる>
ということを検討してるんやそうです。住宅ローン減税とか、今は禁止されている「消費税還元セール」を解禁しようとしてる、とかも。

 たしかに今の消費税は、民主党政権の時の「三党合意」で決まったから、政府は法律には従わなあかんわけや。せやけどそれ、ホンマにええんか?ということで、自民党内では若手国会議員(安藤裕衆院議員)が「日本の未来を考える勉強会」を作って、消費税凍結の提言を発表しましたね。この勉強会は藤井聡先生が応援してはります。ようやく動きが出てきたけど、その力はどんだけー?な話やな。

 そして経済同友会では、先日の夏季セミナーで小林喜光代表幹事が「(消費税は)最低14%くらいは要るだろう」と主張したんやそうです。あんた、国民を◯す気か?!まあ、もともとのテーマが「消費税率引き上げへの道筋と財政規律強化」やから、そらそうなるやろ。テレビと日経新聞しか見てへんから、「財政規律」みたいな、ホンマはお化けみたいなインチキ話を律儀に信じさせられて、経済の本質がまったく理解できてへん、まさに経済界のお偉いさんの代表やな。残念。

 もう日本中の誰もが、消費税を上げたら消費が鈍って不景気になる、それを何とかせな、と考えてるって、アホちゃうか?これって、ブレーキを踏みながらアクセルをちょっとふかそうとしてる話やんか。不景気になるんやったらやめたらええやん、消費税。え?税収が減る?そんなもん、景気が良うなったら必ず上がってくるんや。たとえ今のユルユルの法人税でさえ、数年後にはグッと上がって、結局トータルの税収は増えるんやで。

 そんなことは過去の事例でいっぱい証明されてるんや。この20年のデフレで日本経済はいよいよヤバいレベルに落ち込んできてしもたわけですね。決して私ら日本人が怠け者なんとちゃいますよ。日本を壊したくてしゃーない人たちがいっぱい潜んで、日本を弱体化させようとしてるんや。あ、もちろん、そうと知らずにせっせと頑張ってる人もおるんやけどね。そっちも罪深い話や。小林君、あんたの話やで!

 私ら日本国民がもっと賢うならな、いよいよ日本は滅ぼされるで。ホンマに。


人気ブログランキング

2018/10/03

アメリカの最高裁長官任命妨害。ウソと捏造で国を壊す。日本といっしょや。

走る小
 時々メルマガに記事を書いてはるアンディ・チャンさんからです。(AC通信 No.712

 7月にトランプさんが、アメリカの最高裁の長官にカバノーさんを指名しはったんですが、いまだに議会の承認が得られていないそうです。アメリカではこれまで長官の下の8人の陪席判事は保守系とリベラル系が4人ずつで、前任のアンソニー・ケネディ氏は保守系ではあるけれども、判決が拮抗した時にはリベラル寄りの判断をすることが多かったそうです。

 この地位は、本人の死亡か辞任でしか交代でけへんそうですが、ケネディさんが辞任したのを機にトランプさんがカバノーさんを指名したと。これが気に食わんリベラル側が、今、猛烈に妨害工作をしていて、このカバノーさんが17才の高校生の時に、2才年下のフォードという女性にセクハラをした、という報道がニューヨークタイムスに載りましたと。

 カバノーさんはすぐにこれを否定して公聴会を要求したところ、ありとあらゆる手を使ってこの公聴会の日程を遅らせているそうです。しかも報道ではこのフォードなる女性の証言がひどくあいまいで、いいかげんなものなんやそうです。そして私もセクハラされたという第二、第三の女が現われてきた、と。ところがこいつらも、何の証拠も出せていないんやそうです。

 そもそも最高裁の判事は就任前にFBIから、ものごっつい厳しい「身体検査」をされるそうで、カバノーさんはこれまでにもう6回受けて問題なしやったのに、この件でまた7回目をやれ、と民主党側は言うてるらしい。そうすることで任命を中間選挙まで引き延ばし、上院で過半数を取ったらこの人事をひっくり返して、その先にトランプ大統領を弾劾しようと考えているそうです。

 ここまでだらだら続いているのは、マスコミはカバノーさんに不利なことしか報道せえへんからやそうです。もう日本の安倍ちゃんのモリカケとそっくりですね。リベラル側は決定的な事実には一切答えずに逆に平気でウソをつき、悪いイメージだけを流し続けているんやそうです。アンディ・チャンさんは深く嘆いてはります。

 <共和党側がこの事件を処理した態度は公正、公平だったにも拘わらず民主党側の態度は呆れるほど悪辣だった。リベラルがホシュを倒す陰謀と言えども正義が通らない、平気でウソを吐く、政党のために無実の人を罪に陥れる政治家は唾棄すべきである。>

 <オバマ民主党はヒラリー当選のためヒラリーの犯罪を無視し、クリントン一家の巨悪を増長させ、FBI/DOJの高官が選挙に介入し、トランプのロシア疑惑をでっち上げた。アメリカは民主が頽廃し、正義の通らぬ言論暴力国家になってしまった。>

 アメリカでも「言論暴力」があるんや。大変やなあ。ホンマにウソを堂々とつく人間はこの世におらんとってほしいなあ。


人気ブログランキング