FC2ブログ
2018/11/29

聖徳太子の頃には既に、ユダヤ人は日本に入ってたらしい。埴輪があるんやで。

パンチ小
 日本会議が出している会員誌『日本の息吹』の12月号に、田中英道さんが「世界史の中の日本を語ろう」というタイトルで連載を書いてはって、今回は第12回「秦氏と世界とのつながり」ですので紹介させてもらいます。

 『日本書紀』には、聖徳太子は厩戸皇子(うまやどのおうじ)と呼ばれていたと書かれています。そしてその由来は、太子のお母さんが馬屋の前を通ったときに身ごもったからや、ということなんやそうです。あれ?それって、イエスキリストのお母さんの、処女懐胎の話といっしょやんか?と思いませんか?そうなんです。

 実は戦前からそれは指摘されていて、聖徳太子の当時は既にキリスト教が伝来していた、と考える学者もいたそうです。明治時代の早稲田大学の英文学の教授、佐伯好郎さんという人は、当時のキリスト教は、秦氏が伝えたんとちゃうか?そして秦氏とは実はユダヤ人なんとちゃうか、と言うてはったそうです。でもこのユダヤ人説は、戦後はあまり受け入れられへんかったそうです。

 戦後の自虐史観の中では、日本は遅れた国やから、西洋の進んだ文化、文明は全部大陸や半島から伝わり、教えてもろたんや、ということにしたかったんですね。アホらし。

 <現在は、さらにこの分野の研究が進むようになって、日本人は古く、アフリカから出発した人類の到達した最東端の列島に住み着いた民族なのです。多くはそうした移民たちが集まって出来上がった民族だからです。DNA鑑定もそのことを示しています。日本人に近いのは、中国人、朝鮮人だけではなく、彼らと全く違う地中海地方の血統をも示している人々がいるのです。もうこのような事実を無視しては日本人を語れなくなりました。>ということなんやそうです。

 そして驚くことに、古墳時代には日本全国で埴輪が作られていて、その中の人物には、どう見てもこれはユダヤ人やんか、と考えられるものが、いくつも出土してるんやそうです。

 <それは帽子をかぶる髭(ひげ)と美豆良(みずら)といわれる鬢(びん)をもつ男性像です。><明らかにユダヤ人教徒の独特の髪型と耳の前の毛をカールさせた「ペイオト」によく似ています。それも一つや二つではありません。関東各地に見出せますし、特に千葉県の芝山古墳遺跡には、大きな何体もの類似の像が出て おり、これらの像が、その独特な風貌からも、ユダヤ人の来日を示して いることになります。>

 つまり、明らかにユダヤ人がその時代にすでに入ってきていた、と。せやけどここからが大事なところです。結局、その後、キリスト教は日本には普及しませんでした。そして当時のユダヤ人の叡智を借りて日本人はそれを神仏習合に使うたんやろう、ということやそうです。つまり、日本人は決して彼らを排斥せず、同化させてしもうたんや、と。それだけ日本人の文化が強かったんや、と書いてはります。

 そうや、日本人は今も昔も、取り入れて自分たちのものにすることが上手なんや。せやから余計な争いはせんでよかったんや。
 あーあ、何でもかんでも上か下かでしか考えられへん隣の国は、もうどうしようもないな。関わらへんのが一番やな。


人気ブログランキング

2018/11/28

入管法改正案が通る。これがなんで移民法なんや。保守派も法案をしっかり読もう。

自転車小
 入管法改正案、衆議院を通りました。まあ後はスケジュール通りで成立して行くんでしょう。不思議なことは、「保守派」の人たちの多くも反対していて、あーこれでもう自民党には投票せえへんとか、安倍ちゃんはもう終わったとか、もうさんざんなことです。あ、そうそう、国会の審議で山尾志桜里議員が意味不明な質問やらヤジを飛ばす見苦しい場面をネットで見かけましたけど、ホンマ気持ち悪いですね、あの人。

 でも先日、コメント欄で教えてもろうたサイト、「ぱよぱよ日記」に、今回のことが見事に整理されてて、マスゴミでは絶対に報道されへんような、「保守派」でさえ多くの人が見抜けていないことがわかって驚愕しました。今日の記事「入管法改正案雑感」です。まあ読んでもろうたらようわかります。保守派の人で、今回の改正案を批判してる人は、ホンマに法案をちゃんと読んでるんか?と思いますね。

 実は先週もこの問題で「入国管理局が、「出」入国「在留」管理「庁」に格上げ、ええんとちゃうか?」を書きましたけど、いよいよ確信できたのでまた書きます。この法案、めっちゃうまいことできてるやん、という話です。

 まず法案の中の「特定技能1号と2号」について言うと、
 <実質的にはかなり使いにくいことが想定され、…略…移民法というレッテルを貼られてますが、機能面において移民推進といった内容になってるのでしょうかねwww>
 とてもやないけど、これで移民を推進なんて、できそうにないやんか、と。

 次に規制強化について。
 <就労ビザとされてる滞在資格による不法滞在者は少数で…略…一定の管理が行き届いてるわけですね。技能実習制度は問題ですが、これについても、同一労働同一賃金や技能実習制度の見直しと今回の悪質なブローカー経由の雇用に包括した対策によって、骨抜きになることが想定されます。また、外国人の社会保険の悪用に関する問題についても、一定の対策が取られることになります。>
 まさに今問題になってる技能実習制度や社会保険の悪用に対しても、ちゃんと対策は取られることになった、と。

 そして永住許可のガイドラインと特別永住者の扱いについて。これこそが、今回のホンマの目的やったんとちゃうか、と私が思う部分です。マスゴミは絶対報道せえへんし、反日野党がこれだけぎゃーぎゃーと騒いで反対してるのも、実はこれなんや、と確信しました。

 <特別永住者についてですが…略…実質的には、「済州島四・三事件や朝鮮戦争」から逃れるために受けいれた難民に対して、特別永住者資格を与えたことになります。…略…そういう意味では、朝鮮戦争の終戦宣言がなされたら、特別永住資格の喪失を意味します。>

 ほら、ここやんか。大事なんは。つまり、今、文在寅くんは北朝鮮との戦争状態を終らせようとしてる、と。今のところ、この特別永住者の地位を裏付けてるのが日韓地位協定で、その運用は政府に委ねられてるわけですね。今回の法案で骨組みさえできれば、あとは閣議決定で、省令によってガイドラインが作れる、と。ひえーー。上記の「ぱよぱよ日記」さんは最後にこう書いてはります。

 <所謂保守界隈やパヨクを煙幕にして実を得るというのが、安倍政権の戦略の基本軸と見ていいと思います。>

 財界の「人手不足」の要望に応えるふりをして法律を改正し、反対できなくさせておいて、ちゃっかり規制は強化して「在留」さえも強力に管理できるようにした、と。ひえーー、安倍ちゃん、やっぱり策士やなあ。せやけど、法案はちゃんと読まなあかんな。


人気ブログランキング

2018/11/27

公明党は敵国のスパイ党なんか?与党におって改憲を妨害する気持ち悪さ。

走る小

 私がどうにも気持ち悪いことがあります。ずばり、公明党、創価学会です。中学校の同級生に学会員がいました。選挙の時は、私が就職で東京に行ってしもて、家におらへん時でも必ず、私のお母ちゃんを訪ねて、選挙活動をしてはりました。お母ちゃんは入れたかどうかは知りませんが、私は票を投じたことはありません。ま、その子は愛想の良い、ええ子やったんですけどね。その公明党が、ついにというか、本性を現してきたような気がします。

 <公明代表、来年中の憲法改正発議は困難「政治的余裕見いだしがたい」>という記事が出ました。自民党の改憲案に対して山口那津男代表が、<「議論が十分に深まり、合意らしきものができている状況ではない」と指摘し「改憲へのハードルはいくつもある」と述べた>んやそうです。そして<来夏の参院選と衆院選の同日選実施については「(自公の選挙協力の)エネルギーが分散され、お得ではない」として否定的な見方を示した>と。

 いやあ、憲法改正、全くやる気なし、やんか。いや、憲法改正妨害やで、これ。ええか、山口君、あんた今、与党とちゃうんか?それ自体が裏切りとちゃうか?まあ私はまだ最近「覚醒」したばっかりやから、公明党がなんでずっと与党におるのかよう知りませんが、今まで何のために与党におったんや?あ、わかった!駅や電車に中文やらハングル文字の表記を増やすためか?

 ここ最近の交通機関での外国文字の氾濫は、公明党がずっと国交省の大臣ポストを持ち続けてるからやと言われていますね。ホンマ気持ち悪いわ。敵国の文字をようあんな丁寧に表記するな。危ない国やなあ。あ、話それた。で、山口君、もともとあんたらは、改憲派ということで与党におったんとちゃうんか?公明党はもともと「加憲(これはまあ変な日本語やけど、意味はわかるわな)」を主張してたから、それに合わせて安倍ちゃんは、問題になる憲法9条は残したままで、自衛隊を書き加える、という提案をして、あんたらに配慮したんやで。

 さらに支持を盤石にするために、維新にも配慮して、高等教育の無償化も考える、みたいなことで、自民、公明、維新で三分の二を確保しようとしてるんやんか。それが、いよいよ現実になりそうになってきたらぐちゃぐちゃ言い出して妨害するて、もともとやる気がなかったんとちゃうか?そういうのを「裏切り」というんやで、山口君!

 米中貿易戦争は「貿易」だけやのうて、実はもう経済戦争、武器を使えへん戦争で、アメリカはいよいよ本気になって来てる、と。そんな中で「中国」は尖閣に毎日のようにちょっかいを出してきてます。アホな韓国は国会議員がまた竹島に上陸した、と。北朝鮮はホンマに非核化する気があるんかようわからんし、米朝会談の次の日程も全然決まってきそうにない、と。それもこれも、どんなことをやったって日本はアホな憲法の縛りがあるから、撃ち返してきやへんと、この3国からは舐められ切ってるからですね。

 私は、ホンマに日本が危ないと判断したら、別に憲法を改正してへんでも、なんぼでも撃ち返したらええと思てますけどね。日本は法治国家ですから、今、ちゃんとやろうとしてるだけの話やんか。それを日本の中の与党がわざと進行を遅らせてるやなんて、あんたら、党自体が敵国のスパイなんとちゃうか?もうお笑いやな。日本国民もそろそろ気いつかなあかんのかも知れませんね。公明党、創価学会は敵国、「中国」、韓国、北朝鮮のスパイでした、と。

 え?違いますか?山口君?この期に及んで改憲妨害て、そういうこととちゃうんか?
 まーだまだ安倍ちゃん、獅子身中の虫がようさんおるわ。前途多難やな、これ。


人気ブログランキング

2018/11/26

台湾どないしたんや?!ヤバいな。「現状維持」はあかん、日本は竹島上陸を許すな。

指差し小
 昨日は大変残念なニュースが入って来ました。台湾で24日、統一地方選挙があり、現在の蔡英文政権が大惨敗、ということのようです。またこの選挙に付随して、国民の賛否を問う色んな投票が同時に行われたのですが、何ともいやーな感じの結果になりました。

 蔡英文総統は民主進歩党の首席で、2年前の選挙で国民党に勝ち、中華民国初の女性総統となりました。今回の選挙はアメリカの中間選挙と似て、2年後の再選を占う意味もありましたが、今回の結果を受けて蔡英文さんは早々に民進党の主席の辞任を決めはったようです。

 そもそも蔡英文さんの前は国民党の馬英九氏が8年間総統を務めていて、最後の方はいよいよ中国共産党べったりになっていて、それに対する反発から、民進党が勝った、という側面があったようです。でもたった2年で巻き返されてしもた、とうことですね。元々をたどれば国民党はその昔は中国共産党と戦ってたわけですが、今や完全に共産党に取り込まれてしもてますね。

 蔡英文さんの敗因として、「現状維持」が言われてます。中共(中国共産党)は「一国二制度」を維持し、いずれは何としてでも台湾を「中国」に併合したいと考えています。そして台湾には独立を主張する勢力も、もちろんあります。そんな中、ここ数年「中国」はアフリカや南米の国々に対して台湾との国交を切らせ、台湾の孤立化を進めてきました。

 アメリカはトランプ政権になってからは一気に方針を変え、軍事的にも台湾での存在感を示して来ていました。それだけにめっちゃ残念な結果です。台湾はいよいよ「中国」に呑み込まれるんか?そしてそれを台湾の人たちが望んだんか?同時に実施された投票で、何とオリンピックに「台湾」名で参加することを、国民が拒否したんやそうです。これ、あかんやんか。日本でも「台湾で参加を」と応援してたのに。

 新聞の解説では、国民は「中国」を刺激することを避けたかったんやろう、と言うてます。ようわからんわ。国民は、蔡英文さんには「現状維持」はユルい、甘い、もっと強気に!とか言うておきながら、一方で「台湾」での参加は遠慮するんか?どうも中共のスパイというか工作員が、日本どころやない規模で入り込んでるんやろか?まあ「中国」様の言うとおりにして機嫌とっといた方が、いろいろとトクするやんか?ということか?

 何となく、最近の安倍政権にも不安が湧いてきますね。「現状維持」してたら結局国民に嫌われてもっと逆の方向に行ってしまう、と。韓国のあまりにも非常識なやり方に、日本国民は呆れ果ててますが、あちらでは日を追ってお構いなしにエスカレートしてきています。そしたら何と今日、また新しいニュースが!竹島にまたもや韓国の国会議員が上陸したんやそうです。

 私ら日本国民の気持ちとしては、さっさと自衛隊を派遣して追い払え!と思いませんか?間違いなく日本の領土やねんやろ?国際司法裁判所に聞いてからでないと動かれへん?そんなアホなことあるかいな、今、目の前で侵略されてんねやで!世界から見たら、何も対抗措置を取らへん日本は、ホンマは「固有の領土」かどうかは自信がないんとちゃうか、ぐらいにしか思われてへんで。

 狂い始めた韓国に対するそんな甘い態度がいよいよ国民の離反を招いて、、、てなことにならへんか?蔡英文さんの党主席の辞職は他人事やあらへんで、安倍ちゃん。国民みんなにはっきりわかる形でガツン、といかんと、かなりヤバいんとちゃうか、と思い始めてきました。今、実は着々と、ガツン、と行く準備をしてくれてるんやったらええねんけどな。


人気ブログランキング

2018/11/25

大阪万博「金が欲しい」て何があかんねや。ええかっこしなや、聖人君子さん。

頷く小
 大阪万博2025、決まりましたね。なんか、世界の流れがやっぱり日本に来てるんとちゃうか、という気がします。いやもちろん、あかんところはいっぱいありますけど、あの汚い今のパリに比べたら、大阪も東京も、日本中、まだまだきれいやんか。大阪市内にはかつて、大阪城公園やら扇町公園にはブルーテントがいっぱいあったんですが、かなり前からもうなくなりました。この前、ネットで今のパリのど真ん中、セーヌ川のほとりにもに難民のテントがいっぱいあるのを見てびっくりしました。

 私は前の大阪万博の時は中学生でした。月の石、見ましたよ(笑)。一番人気でした。地元やったんで、夕方からの割引入場も何回か利用しました。「人類の進歩と調和」、、、あの頃は、人類は、歴史は、必ず「進歩する」もんやと、世界中の誰もが疑うてなかったんですね。ところがどっこい、日本が72年間、一発の弾も撃たへん間にも、世界中で戦争がなかったときなんかあらへんかったんやからね。

 話戻そ。で、早速これに朝日新聞が噛みついて、<「『金が欲しい』以外に動機ない」 万博に懸念の声も>という記事が出ました。

 <思想家で神戸女学院大学名誉教授の内田樹さんは「『え』と絶句。『金が欲しい』以外に何の動機もない万博の開催がどのような悲惨なかたちで終わるのか、想像すると悲しくなってきます」とツイートした。内田さんは取材に「今回の万博の目的は経済波及効果だけで、世界に伝えたいメッセージや未来へのビジョン、歴史的意義がない。開催後に残るのは廃虚だけ。長きにわたって負債に苦しむことになる」と語った。>

 いつもながら、見事な(笑)朝日新聞の記事ですね。もう日本が嫌いで嫌いでしゃーない、日本には絶対に「発展」なんかしてほしくない、というお気持ちがとっても強く出ていますね(笑)。ネットでは朝日が否定するんやから、これはきっとええことや、などというコメントが溢れていました。

 私は頭が悪いからか、この内田樹さんの書きはった本は何度か書店で手に取りはするんですが、どうしても読む気になれません。読まへん本のことは何も言いませんが、このSNSでのコメントは、日本人として、関西人として、とても理解できません。これもネットでみんなが言うてましたが、「金が欲しい」の何があかんねん、ということですね。

 内田さんは聖人君子なんかも知りませんが、世の中、ほとんどの人はお金が欲しいから働いてるんとちゃいますか?意味不明ですね。まあ「長きにわたって負債に苦しむ」て、いかにもそうなってほしい感が満ち溢れていますね(笑)。人間としてホンマにつまらん人ですね。あ、学校では嫌われもんやったんとちゃうかな?あ、そんなん言うたらまた「差別や!」ゆうて怒られるかな。しーっ。

 万博に向けて、国としてもやらなあかんことがいっぱい出てくるわけで、それだけでも「国が金を出す」という方向ができれば、少しでもデフレ脱却にはプラスになることでしょう。少し心配なんは、ネットでも出てましたが、「ケチ」な維新、ということですね。基本的に大阪維新はデフレ脳、緊縮脳で、「痛みを伴う改革」なんて、日本人受けするような言い方をしてますけど、首長や議員、公務員の給料を下げようとしてます。これは間違いやと思います。

 そんなことより、IR法も通ってどうせ大阪にカジノを作るんやったら、国からしっかりカネをふんだくってきてほしいですね。間違うても増税なんかせんとってほしいですね。まあ不人気になることはせえへんと思いますけど。大阪の自民党が維新にやられてしもうたんは、いわゆる既得権益の側、と思われてて、それをバッサリやっつける、という橋下君のイメージが大きかったと思います。

 私は単に「権益」を取る人が変わるだけの話やと思いますけどね。それより、極端な話、みんなが「権益」を持てるようにしたらそれでええやんか、と思いますね。みんなが等しく発展、拡大したらええやんか、と。橋下君がまだ市長やったときに大阪都構想の住民投票で、僅差で負けました。あれは危なかったです。

 長くなるので止めますが、橋下君は時々ウソをつきます。私はそれが許せません。まあ「ウソ」がいやならええとこ「詭弁」、「ごまかし」ですね。そんな政治家はいりません。あ、もう辞めはったか。
 まあそんなことで(笑)、大阪万博、みんなで喜びましょう。そして大阪人は「金が欲しい」から、みんなで盛り上げて、みんなで儲けましょう(笑)。

【追記】(26日)パリは難民のテントどころか、数十万人規模のデモ隊が出て、シャンゼリゼ通りでは車が爆発炎上、とのこと、もっとひどい状態やそうです。


人気ブログランキング